どMな風俗業界1年生が学ぶ法律講座~本番ダメ、ゼッタイ。~

2016年06月22日

by新海 亨新海 亨編集部
houritu_top2_b

『大手デリヘルグループ社長が売春容疑で逮捕!!』のようなニュースが時より世間を騒がせます。

風俗店での売春(俗にいう本番)行為は『売春防止法』という法律で禁止されています。

今回は、この売春防止法について詳しく勉強していきたいと思います。

■登場人物

lowko

どS敏腕弁護士 ロウ子 

風俗業界の健全化と女性セックスワーカーの地位向上に熱意を捧げる敏腕弁護士。そのどSっぷりは、法曹界の重鎮たちが一目置くほど。常に尖がったハイヒールを履いていることで有名。とある理由から“チン吉”くんに風俗業界における法律知識を教えることになる

tinnkiti

どM風俗店舗スタッフ チン吉 

大学卒業後、一般企業に就職するも仕事がつまらなすぎるという理由で退社。『Fenixzine』から風俗業界に興味をもち、満を持して飛び込んだ生粋のどM。最近の悩みは髪型が亀頭みたいなこと。とある理由から“ロウ子”さんに法律知識を学ぶことになるが、そんなことより、本当はムチで叩いてもらいたい

基本の“き”! 売春防止法って?

lowko
「今回は、売春防止法という法律を勉強していくわ。用意はいい?」
tinnkiti
「まかせてください!」
lowko
「単刀直入に聞くわ。売春防止法がどんな法律か知ってる?」
tinnkiti
「当たり前じゃないですか! 僕を舐めないでください(いろんな意味で)。“お金をもらってセックスをしちゃいけない!”ってことですよね!金銭じゃなく、愛し合ってないとダメだぜ!!ってことですよね!!」
lowko
「ほぼ違うわ。その亀頭カットの頭には、本当に脳みそ入ってんの?」

売春防止法の概要

売春防止法
第1条(目的)
この法律は、売春が人としての尊厳を害し、性道徳に反し、社会の善良の風俗をみだすものであることにかんがみ、売春を助長する行為等を処罰するとともに、性行または環境に照らして売春を行うおそれのある女子に対する補導処分及び保護更生の措置を講ずることによって、売春の防止を図ることを目的とする。

第6条(周旋等)
売春の周旋をした者は、2年以下の懲役又は5万円以下の罰金に処する。

lowko
「売春の定義としてはチン吉くんの言うとおり、対償(金銭や物品)の有無を受け取ることに加え、不特定多数の相手と性交することを指すわ。」
lowko
「つまり、お金をもらったとしても、恋人や愛人関係のような特定の相手との性交なら売春に当たらないの。また、不特定多数の人と性交したとしても、対償をもらわなければ、こちらも売春にはならないわ」

処罰の対象は店舗スタッフ!?

tinnkiti
「なるほど! ……でも、ちょっと待ってください? それって僕が働いてる風俗店は、売春に当たるんじゃないですか?? キャストさんは、不特定多数のお客さんと金銭をもらって、プレイしてますよね!? わわわ大変だー!!!」
lowko
「売春における“性交”というのは“男性器を女性器に挿入する行為”と解釈されているの。
あなたのお店は、本番禁止のデリヘル店よね? それは売春には当たらないわ」
tinnkiti
「もちろんです!! 女の子には、「本番は絶対にダメ、ゼッタイ!」って常に言ってますよ! 強引なお客さんには、僕の亀頭ハリケーン(通称:頭突き)をお見舞いする勢いで阻止しにいきます!」
lowko
「そうよ。えらいわ。風俗店では、性交つまり、“本番”が行われていないという前提で、営業が認められているの。だから、本番を行っている店に関しては摘発の対象ね」
lowko
「そして、売春防止法の重要なポイントとしては、売春は違法だけど、“売春をする女性”“買春をする男性”はどちらも処罰されず、売春をあっせんした者が処罰されることなの」
売春防止法のいろは
  • 売春を違法とするが、“売春をする女性”と“買春をする男性”はどちらも処罰の対象とはならない
  • 処罰の対象となるのは売春をあっせんする性風俗店(店舗スタッフ、店舗経営者)
  • 売春をする女性は処罰ではなく、(非行少年と同じような扱いで)保護・支援の対象となる
  • 店舗スタッフがキャスト(女性)に本番行為(性交)をもちかけることも“売春幇助”となり処罰の対象となる
POINT
現実的に、よほどの悪質な営業をしていない限り、“売春幇助”で摘発されることはまれです。しかし、可能性としてはゼロではないので、女性への本番禁止は徹底するようにしましょう
tinnkiti
「えっ!? つっ、つまり、女の子が本番をしていたら、僕が逮捕されちゃうってことですか!? そんな殺生な! 逮捕プレイは、風俗だけで十分です!!」
lowko
「そうよ。エロい女性刑事が裸電球を押し当てて、「早く白状すれば楽になるぞ、ほら言えよ」のようなSMチックな取り調べは絶対ないから、期待しちゃだめよ。自分の身は自分で守るためにも、女性キャストさんには日ごろからしっかり本番がダメなことを理解してもらわないとね」
tinnkiti
「勉強になりました! ではムラムラしてきたので、婦人警官のコスプレがあるイメクラに行ってきます! 今日はありがとうございました!!」
lowko
「……」

みんなで楽しく風俗業界の法律を学びましょう。
■次の記事>>
どMな風俗業界1年生が学ぶ法律講座~デリヘルの広告宣伝について~

デリヘル検定

デリヘル検定 (一般社団法人ホワイトハンズ主宰)

「デリヘル検定」とは、デリバリーヘルス(派遣型性サービス)で働く人のための検定です。この検定を受検することで、デリヘルで安全に働くために、最低限必要になる法律や歴史の知識を身につけることができます。これからデリヘルで働こうと思っている人、現在働いている人、これからデリヘルを開業しようと思っている人は、ぜひ、この検定に挑戦してみてください。
詳しくはこちら ⇒ デリヘル検定

監修:一般社団法人ホワイトハンズ代表 坂爪真吾 / 徳田玲亜 弁護士

執筆者プロフィール

新海 亨

新海 亨編集部記事一覧

元大手ハウスメーカー営業マン。お金と引きかえに自由とやりがいを手放す生活から決別するため転職を決意。ある風俗サイトに感銘を受け、デザイナーとして仕事を始めるも、いつのまにか編集員に。最近はハマっている一眼レフカメラの仲間を求め奔走中。座右の銘は“STAY GOLD!!” 東京都出身。

このエントリーをはてなブックマークに追加