速攻で効く! 風俗専門コンサルが教える夏のボーナスシーズン対策 集客編 #1

2017年07月27日

by大崎 柳也大崎 柳也風俗コンサルタント

売上を伸ばすため! いかに新規客を増やすかに注目せよ

ボーナスシーズンは一般的に7月から8月の2ヶ月間です。

毎月の給与とは別に会社からお金が貰えるのですから、どうしたって財布のヒモも緩みやすくなり、そのチャンスを逃すまいとキャンペーンやセールなど、ありとあらゆる企業が販促活動する時期です。

このような繁忙期に売上が増える原因を細分化すると、既存のリピート顧客にプラスして、普段利用しない新規客が上積みされるためと考えられます。

そのため、ボーナスシーズンにおいては、新規のお客様の興味を惹いたり、眠っている顧客を掘り起こしたりすることが効果的です。

売上を考える公式に、「売上=客数×単価×頻度」というものがあります。

売上を上げるためには、この公式の3つの要素どれもが重要ですが、今回の集客施策とは、この定義を細分化した客数の部分に注目する施策になります。

上記の公式の原則を十分に理解せず、安易な施策ばかりをとってしまうと、無駄に労力と資金を浪費してしまうことにもなりかねません。

ありがちなのが、キャンペーンと称して割引を企画したにも関わらず、利用がいつものリピート客ばかりで、結局は単価を下げただけに終わり、売上が伸びなかったというケースです。

ではどうすれば、的確に新規の客数を伸ばすことができるのでしょうか。

常識を疑え! 電話営業こそ夏を制する集客施策

まず、イチバン即効性があるのは、過去に利用履歴のある顧客の掘り起こしです!

一度は疎遠になっていたお客様でも、ボーナスシーズンというタイミングは、有効なきっかけになります。

ではどうするかといえば、足が遠のいている過去の顧客に営業電話を掛けるのです。中でも、過去のボーナスシーズンに利用があるお客様であれば、なお良いでしょう。

ここで読者の皆さんは、「営業電話なんて掛けたら嫌がられるよ!」「こっちから電話するなんて面倒くさい!」と思われるかも知れません。

ではなぜ、様々な業種業態の企業が電話営業を行うのでしょうか。それはずばり、仕事が取れるから! です。

確かに、特にデリヘル店の方はそうなのですが、「集客=ネット広告」という図式は、常識ともいえる考え方です。

しかし、広告というのは、あくまで集客上の一方法に過ぎません。「待ち」の広告に加えて、「攻め」の電話営業も行っていければ、この夏はまさに、鬼に金棒といえるでしょう。

デリヘルの営業電話だから! お客様の反応は意外と悪くない

「そうはいっても、営業電話って嫌がられるじゃん!」って、思いますよね! はい、その通りです(笑)

では、なぜ嫌がられるのでしょう。理由は、以下のような感じでしょうか。

そうであれば逆に、相手が誰だかわかり、あらかじめアポを入れておき、相手の要望を聞き入れながら、節度ある対応をすれば良いということです。

もしそれで嫌がられるのであれば、都合の良い時間帯をお伺いして、「新人やオススメの女性がいる時だけ、お電話差し上げて宜しいでしょうか」とトークを繋げればOKです。

そもそも、過去に一度以上はご利用頂いているお客様ですから、意外と感触は悪くないもの。他の店舗にお客様を取られてしまう前に、速攻でご案内を差し上げたいものです(笑)

それでもダメというお客様については、潔く追いかけるのを止めて大丈夫です。

一本数十円の電話営業がひとり数百万円の売上を生む

読者の皆さんは、以下について、調べたことがありますでしょうか。

こうした数字を把握すると、一本の電話の重要性が、ものすごく見えてきます。

例えば、以下の事例について、考えましょう。

この場合のCPAは20,000円=500,0000円÷25人と算出できます。

新規のお客様からの問合せに2万円の価値があると考えれば、かかっても費用何十円でできる電話一本の効率の良さを感じませんか。

さらにここで、一人のお客様が継続していくら使ってくれるのか? というLTVについて、考えてみて欲しいのです。

今まで私が実際に見てきたお客様で、1ヶ月の平均利用額が250万円というお客様がいらっしゃいました。

ここまで極端な例は少ないとは思いますが、それでも新規のお客様が、継続して数十万、数百万の金額を使ってくださる可能性もあると考えれば、一本の電話の重みが感じられてくるというものです。

以前、私が受付に立っていたときは、電話を置いたデスクの前に、CPAとLTVの計算表を張り出して、いつも数字を意識できるような環境を作っていました。

そうして、電話一本への意識を高めていけば、ただ漠然と電話を受けているのとでは、歴然とした差が結果に表れます! ぜひお試しくださいね。

※来週の最終回「速攻で効く! 風俗専門コンサルが教える夏のボーナスシーズン対策 集客編 #2」では、もう一つとっておきの集客施策をお伝え致します! さらに、利益を伸ばす特別アドバイスも!! ご期待ください。

執筆者プロフィール

大崎 柳也

大崎 柳也風俗コンサルタント記事一覧

1978年、群馬県出身。大手風俗店グループを2つ経験し、2012年に風俗コンサルタントとして独立。現在は風俗専門コンサル『風俗プレナー』として店舗の経営改善のサポートをしつつ、業界の健全化に向けた取り組みを積極的に行っている。警察関係者と協力して設立した健全化組織『ECS』の代表も務める。趣味は読書。カフェインをこよなく愛する。

このエントリーをはてなブックマークに追加

連携NPOのご紹介

  • Fenixzineの記事 「セックスワークサミット行ってみた!」~SWSを作る人たち(前編)~
  • Fenixzineの記事 どMな風俗業界1年生が学ぶ法律講座 ~デリヘルを起業する時に知っておくべき法律~

一般社団法人ホワイトハンズ様

  • Fenixzineの記事 「前職は風俗店スタッフ! なぜNPO代表は風俗と出会ったのか」 ~一般社団法人GrowAsPeople代表理事・角間惇一郎さん#1~

一般社団法人GrowAsPeople様