セックスワーク・サミット2017冬 行ってみた!『つながる風俗女子』日本風俗女子サポート協会代表 あや乃さん

2018年01月05日

by赤坂 五郎赤坂 五郎編集部

2017年12月3日、性風俗産業の進むべき方向性を議論する『セックスワーク・サミット2017冬』が開催されました。

今回のサミットでは、『Fenixzine』で連載した『魔法の言葉』シリーズでおなじみのあや乃さんが登壇。本稿では、あや乃さんが代表を務める『日本風俗女子サポート協会』の概要と、精力的に活動している風俗店スタッフ向けのセミナーについてご紹介します。

セックスワークサミット

セックスワークサミット

これからの性風俗産業の進むべき方向性を議論するべく、2012年より全国で開催。毎回多彩なゲストと共に、セックスワークに関する熱い議論が繰り広げられている。主宰は、一般社団法人ホワイトハンズ(代表:坂爪真吾)
紹介ページ:セックスワークサミット:公式サイト

日本風俗女子サポート協会の願いは、「風俗女子に夢と自信と明るい未来を」

『日本風俗女子サポート協会』(FJS)代表のあや乃です。キャスト歴は約11年、今は週に1回ほどですがキャストとして働きながら、主に、風俗で働く女の子や店舗スタッフさんを対象にセミナー講師をしています。

さて、私が、『FJS』を始めたきっかけを紹介したいと思います。風俗のお仕事で抱えた悩みを誰かに打ち明けることは難しいです。現場をよく知る店舗スタッフさんに話すという手もあるでしょうが、後ろ向きなことをスタッフさんに言うと、「仕事を干されちゃうんじゃないか」と心配になったり、「やる気がないんじゃないか」と思われたりするかもしれません。だから、本音で話せないというのが実状ではないでしょうか。私自身もつらい思いをしていたことがあります。

そうした経験から、「気持ちを分かち合える同業の集まりを作りたい」「同じ思いをする女の子を少しでも減らしたい」と考えるようになりました。そして、2016年6月に、「風俗女子に夢と自信と明るい未来を」をスローガンに、『FJS』を設立しました。今では、北海道から沖縄まで全国に百名ほどの会員がいます。

『FJS』が行っている活動は、大きくふたつあります。ひとつは、セミナーです。風俗嬢として稼ぐためのマインドやお客様を魅了するテクニック、マッサージ講座などを行っています。このほか、護身術や税とお金に関するセミナーなど、風俗の仕事をするために必要な知識の習得を目的に勉強会をしています。

もうひとつは、女子会です。普段話せないお仕事の悩みを分かち合い、交流を深めています。当初は、私が主催していましたが、今ではFJSの会員さんが主体となって開催しています。

FJSのホームページは、私が店舗スタッフ向けセミナーを一緒にやらせていただいてる『FENIX JOB』さんに作っていただきました。このサイトを開けば、キャストさんの心が楽になる、悩みが解決できそうって思えるような場所にしていきたいです。

日本風俗女子サポート協会(FJS)公式サイト

風俗女子がお店とつながる~コミュニケーションをテーマにした店舗向けセミナー

次に、私が風俗店とどのようにつながっているのか、どんな活動をしているのかを紹介します。

2016年、『Fenixzine』で『魔法の言葉』というコラムを連載させていただきました。内容は、新人店舗スタッフを対象としたキャストさんとのコミュニケーション活用術です。キャストさんを「新人」「中堅」「ベテラン」の3つに分けて、それぞれに対し、店舗スタッフがどのようにコミュニケーションをとったらいいのか、どのような声がけをしたらいいのかを“魔法の言葉”と名付けて紹介しました。

新人編は、業界未経験で不安な出勤初日の女の子に、中堅編では、ドタキャン、欠勤、クレーム、そしてトラブルメーカーの女の子に、最後のベテラン編では、女の子が「このお店で働きたい」と思わせる会話術を解説しています。

これらのコラムは、ツイッターやフェイスブックなどSNSでたくさん拡散していただきました。また、店舗スタッフさんだけでなく、風俗店経営者さんやキャストさんにも読んでいただき、多くのご支持をいただきました。

実は、この連載がきっかけで、『デッドボール』総監督さんから、店舗スタッフ向けにセミナーをしてほしいというご依頼をいだきまして、『FENIX JOB』さんとの合同企画で店舗向けセミナーをさせていただくことになったんです。

このセミナーの目的は、キャスト管理の能力を高めて、面接誘導率と入店率、そして、在籍率を向上させるというものです。まず、キャスト管理能力を高めるために、男性と女性の考え方はとても違うという説明から始まり、女性特有の思考を現役キャストの目線から解説していきます。加えて、ワークショップ形式でコミュニケーションのやりとりを体験してもらうのですが、これによって、わかっているつもりだったことに気付いて、納得して、改善しようという気になれるんですね。その後の追跡調査では、セミナー前後と比較して、入店率、継続率が向上したという結果が出ています。

最近では、こうしたセミナーをYESグループ様、モアグループ様とそのフランチャイズ店オーナー様、また、夢見る乙女グループ様に行い、各グループとも非常に為になったとお褒めのお言葉をいただきました。今後も、こうしたセミナーを通じで、女の子が働く環境や店舗スタッフさんとの人間関係が少しでも良くなればと思います。

まとめ

風俗で働く女性は、仕事内容を周りに相談しにくく、孤独に陥りやすい。そんな内向きになってしまいがちな女性たちをあや乃さんは、『日本風俗女子サポート協会』という場をもって、同業者同士でつながっていこうと働きかけています。あや乃さんの活動ブログを見ると、その動きは着実に広がりを見せています。しかし、あや乃さんは、一方的に風俗女子だけを盛り上げようとしているのではありません。

「風俗女子に夢と自信と明るい未来を」抱いてもらうために、彼女たちの働く環境改善にも目を向けています。それが、風俗店舗向けセミナーです。手前味噌になりますが、私たちもこのセミナーに参画しています。今後も、あや乃さんを始め、風俗業界の環境改善や健全化に尽力される方々のお手伝いを続けていきたいと考えています。

あや乃

風俗嬢歴11年。風俗の世界で男性心理、コミュニケーション術を学び、人気風俗嬢に。在籍したすべてのお店でナンバーワンを獲得。人気風俗嬢の経験を活かし、キャストに向けた交流会やカウンセリング、内勤風俗店スタッフに向けたセミナーなどの活動を精力的に行っている。日本風俗女子サポート協会:公式サイト

執筆者プロフィール

赤坂 五郎

赤坂 五郎編集部記事一覧

3人姉弟の長男として生まれたが、なぜか五郎と命名される。生まれながらにして、人生に疑問を抱きつつ、「all that jazz」に生きたい40代。落ち込んだときは、映画『ミニオンズ』に涙して復活。好きなキャラクターは、顔の長いケビン。

このエントリーをはてなブックマークに追加