どMな風俗業界1年生が学ぶ法律講座~過激サービスは公然わいせつ罪!?~

2016年08月17日

by新海 亨新海 亨編集部
houritu_top6_b

昨今の風俗業界は買い手市場なので、ユーザーの興味を引くために過激なサービスやオプションを行うお店が増えてきています。
アブノーマルなプレイほど、男は燃え上がってしまう。そんな悲しい性がありますが、一歩間違えれば法に触れてしまう可能性が……。

今回の法律講座は。『公然わいせつ罪』と『わいせつ物頒布罪』についてご紹介していきたいと思います。

■登場人物

lowko

どS敏腕弁護士 ロウ子 

風俗業界の健全化と女性セックスワーカーの地位向上に熱意を捧げる敏腕弁護士。そのどSっぷりは、法曹界の重鎮たちが一目置くほど。常に尖がったハイヒールを履いていることで有名。とある理由から“チン吉”くんに風俗業界における法律知識を教えることになる

tinnkiti

どM風俗店舗スタッフ チン吉 

大学卒業後、一般企業に就職するも仕事がつまらなすぎるという理由で退社。『Fenixzine』から風俗業界に興味をもち、満を持して飛び込んだ生粋のどM。最近の悩みは髪型が亀頭みたいなこと。とある理由から“ロウ子”さんに法律知識を学ぶことになるが、そんなことより、本当はムチで叩いてもらいたい

チン吉、秘策のアイディアを思いつく

tinnkiti
「むっふ。むふふふふ……」
tinnkiti
「ついに、僕の時代だ……。このキャンペーンなら大ヒット間違いなし。風俗業界に革命を起こしかねないな!!」

waisetu1

tinnkiti
「名付けて『野外de裸エプロン』!! 野外の解放感はもとより、ホテル代がかからないという画期的なキャンペーンなのである!!」
lowko
「チン吉くん……。」

waisetu2

それは公然わいせつ罪

lowko
「『公然わいせつ罪』は、不特定多数の人の目に触れる場所で、公然とわいせつな行為(裸体や性器の露出、性交、自慰行為、性的な発言など)をすることを罰する法律よ」
lowko
「ストリップ劇場やSMクラブとか、外部からは見通すことのできない閉鎖的な空間でさえ、捜査機関や検察の裁量・判断で「公然」と「わいせつな行為をした」と判断されて、罪に問われてしまう可能性があるの。野外露出なんてもってのほかね!!」
公然わいせつ罪
第百七十四条
公然とわいせつな行為をした者は、六月以下の懲役若しくは三十万円以下の罰金又は拘留若しくは科料に処する。
tinnkiti
「はあ……。そうなんですかあ。せっかくいいアイディアだと思ったのに」
lowko
「今、デリヘル業界は飽和状態で、業者が差別化のためにいろいろなイベントやキャンペーンを行っているわ」
lowko
「けれど、利用者の自宅や宿泊施設以外でのサービス提供は『公然わいせつ罪』に問われるリスクがあるから、決して行ってはダメよ!!」

プロフィール画像などで『わいせつ物頒布罪』に注意

lowko
『公然わいせつ罪』と関連することで覚えておいて欲しいのが、『わいせつ物頒布罪』ね」
tinnkiti
「いやらしい写真をばらまいたら駄目やで!!ってやつですか?」
lowko
「すごく簡単に言うとそういうことね。気をつけてほしいのは、デリヘル店のホームページなどで使うキャストさんのプロフィール画像よ」

waisetu2

わいせつ物頒布罪
第百七十五条
わいせつな文書、図画、電磁的記録に係る記録媒体その他の物を頒布し、又は公然と陳列した者は、二年以下の懲役若しくは二百五十万円以下の罰金若しくは科料に処し、又は懲役及び罰金を併科する。電気通信の送信によりわいせつな電磁的記録その他の記録を頒布した者も、同様とする。
2 有償で頒布する目的で、前項の物を所持し、又は同項の電磁的記録を保管した者も、同項と同様とする。
lowko
「風俗店のウェブサイトでわいせつな画像を掲載すると、わいせつ物を“陳列”したってみなされる場合があるわ」
lowko
「キャストさんのプロフィール画像というのは、重要な営業手段だってことは理解できるけれど、原則としては下着姿までにするべきね」
lowko
「間違っても児童買春・児童ポルノ禁止法で定められている性的な部位(性器等もしくはその周辺部、臀部または胸部)が写っている画像は掲載しないようにね」
tinnkiti
「気をつけます!!」

みんなで楽しく風俗業界の法律を学びましょう。
■次の記事>> 
『どMな風俗業界1年生が学ぶ法律講座~DVから女性キャストを守れ~』

お楽しみに!!

デリヘル検定

デリヘル検定 (一般社団法人ホワイトハンズ主宰)

「デリヘル検定」とは、デリバリーヘルス(派遣型性サービス)で働く人のための検定です。この検定を受検することで、デリヘルで安全に働くために、最低限必要になる法律や歴史の知識を身につけることができます。これからデリヘルで働こうと思っている人、現在働いている人、これからデリヘルを開業しようと思っている人は、ぜひ、この検定に挑戦してみてください。
詳しくはこちら ⇒ デリヘル検定

監修:一般社団法人ホワイトハンズ代表 坂爪真吾 / 徳田玲亜 弁護士

執筆者プロフィール

新海 亨

新海 亨編集部記事一覧

元大手ハウスメーカー営業マン。お金と引きかえに自由とやりがいを手放す生活から決別するため転職を決意。ある風俗サイトに感銘を受け、デザイナーとして仕事を始めるも、いつのまにか編集員に。最近はハマっている一眼レフカメラの仲間を求め奔走中。座右の銘は“STAY GOLD!!” 東京都出身。

このエントリーをはてなブックマークに追加