デリヘルが舞台のドラマ『フルーツ宅配便』を風俗店スタッフと実況上映した結果 ~前編~

2019年02月22日

by徳山 央樹徳山 央樹編集部

こんにちは、Fenixzine編集部の徳山です。

テレビ東京系列で放送されている、TVドラマ『フルーツ宅配便』をご存知でしょうか?

こちらはデリヘルが舞台のTVドラマ(原作は漫画)。求人という形でFenixzine編集部も業界に携わっているので、毎週楽しみに拝見しているのですが、一つの疑問が浮かびました。

「実際の風俗店経営者・スタッフ・キャストは『フルーツ宅配便』をどんな気持ちで観ているのだろうか?」

一般視聴者としては面白いのですが、現場で働く店舗スタッフさんの感想はどういったものなのでしょうか?

と、いうことで今回Fenixzineでは、実際に風俗業界で働いている方をお呼びしまして、実況上映会という名の『ドラマを観ながら感想を言い合う会』を行ったところ。本職の方でないと気付けない数々の濃い~ご意見が伺えましたので、その模様をレポートさせて頂きます!!

フルーツ宅配便のあらすじ

咲田は東京でサラリーマンをしていたが、勤務先が倒産したことで失業し故郷へ帰って来た。故郷のラーメン店で食事をしていたところにかつての知人・ミスジと再会し、ミスジから「デリバリーヘルスで働かないか?」と誘われる。こうして咲田はデリバリーヘルス・「フルーツ宅配便」の店長見習いとして勤務することになるが、そこに勤務する女性たちは夫のDVから逃れて来た者、生活費のために勤務する者などの様々な事情を抱えていた。

ウィキペディアより引用

こちらの上映会は第5話の放送後に行いました。また、ドラマのネタバレが含まれますので、未視聴の方はお気を付け下さい。

参加者紹介

まりな店長

スタッフもキャストも女性のみ、副業女子専門のデリヘル『池袋サイドライン』の経営者で元キャスト。最近では、芸人とのエピソードトークバトルに出演するなど、メディア露出は多数。

すみれ

『池袋サイドライン』の社員スタッフ兼任キャスト。事務所にいる時間は、まりな店長より長い。「フルーツ宅配便の原作は好き」と事前に語っておりましたが……。

あきさん

新宿にある『ロボットデリヘル』の経営者。風俗に使った金額は1億近い(?)という、風俗マニアとしての一面も。忌憚なく意見を述べる性格と、幅広い知識があるためお呼びしました。あきさん曰く「俺、めちゃくちゃ性格悪いみたいに言われるけど、1番性格悪いのはまりな店長だと思う」とのこと(インフルエンザによりTV電話での参加)。

実際に実況上映会開始

この様にモニターでフルーツ宅配便を流しつつ、意見をお伺いいたしました。

全体について

--私(Fenixzine編集部・徳山)としては、毎週楽しみに観ているんですけど、実際の店舗に関わっているお三方は、このドラマをどう観ておられますか?

まりな店長:うーん……。
すみれ:フルーツ宅配便の原作は好きで読んでいるんですが……。
あきさん:原作のあの淡々として、業界を肯定も否定もしない感じが好きだったんですけど。ドラマに関しては『あまりいい気はしていない』っていうのが正直な気持ちですね。
まりな店長:同じくです。
すみれ:私も。働いたことある人なら、嫌な気持ちになるシーンがあるのを分かってくれると思います。

--あらら、波乱の幕開けですが、とにかく第1話から観ていきましょう。

事務所内の感じはすごくよい。気を遣っているお店

--フルーツ宅配便事務所内の描写は、有名風俗店に取材協力をお願いしただけあってリアリティありますね。

あきさん:外の窓に『囲碁』って書いてある。前の店の看板を下ろさずに残している感じは『っぽい』ですね。
まりな店長:でも、事務所が綺麗過ぎない? 片付いてない事務所もありますよ(笑)。
すみれ:観葉植物が置いてあるし、女の子の待機部屋も可愛く作られているので、『気を遣っているお店だな』って印象を持ちますね。
まりな店長:お菓子がたくさんあるのは「あるある!」って感じ。ただ、出勤管理が木の札ってあります?
あきさん:古いよね(笑)。ウチもサイドラインも新しいお店だから、木はないな。

--風俗の事務所あるあるが詰まっていますよね。演者さんの見た目とか雰囲気に、業界っぽさは感じましたか

すみれ:ミスジ(松尾スズキ)はすごく業界の人、特に経営者っぽい所作でさすがですよね。でも、なにより事務のみず子さん(原扶貴子)! それっぽすぎて笑っちゃいました。
まりな店長:キャストが出勤したら、すぐ「写真撮りま~す」ってとか、「〇〇ちゃん、行ける?」みたいな声は、すごい事務さんっぽい。あと、ちょっとふくよかな感じが。元キャストを経ての内勤の方ってこんな感じの人多いよね。
すみれ:確かに、キャストさんからスタッフになると、ふくよかになるパターンは多い!

▲事務員あるあるにハマったサイドラインのお二人

あきさん:あと、ミスジの知り合いとして、元ジャイアンツの元木が本人役として出てきたんだけど。そのチョイスはすげーリアル。風俗店経営者って、元木レベルの芸能人と知り合いになりがちだもん(笑)!

第1話から「風俗=借金」みたいな話で偏見だなって

--第1話は、元夫のDVのせいで、顔にアザができたシングルマザーの“ゆず”(内山理名)の話。喫茶店で面接後、フルーツ宅配便で働くことになりますが……

あきさん:気になったのは、子供を事務所に預けて仕事に行くじゃないですか。託児所とか、一時保育所じゃなくて大丈夫? って、なったかな。
すみれ:何店舗かで働いていましたけど、シンママが子供を事務所に連れてくるっていうのは、聞いたことないな。
あきさん:だよね。母乳マニアのための風俗店があるんですけど、そういうお店ってお子さんの為に、店に保育士免許持っている人がいるか、託児所と契約しているって話知ってます?
まりな店長:へーー!! おもしろっ!

▲電波が不安定なせいで、途中から通話のみとなったあきさん

--大手のグループ店だと聞いたことありますね。顔のアザのせいでゆずはチェンジが続きます。最終的には、本番行為で客を引っ張るようになり、そのことが匿名掲示板からバレて、クビになると……。

すみれ:チェンジってあります? Twitterでキャストさんフォローしてるけど、チェンジされたツイートとか見たことないな。
まりな店長:私も! 「ほんとにあるんだ」って思っちゃった。

--チェンジにまつわるエピソードって、ネットでよく聞くんですけど、実際はないんですね。

あきさん:ウチもないです。悪質なお店じゃない限り、チェンジ受けることってないんじゃないかな、ネットで写真見ればいいことだし。チェンジっていうシステムだけが一人歩きしている気がする。
まりな店長:あと、掲示板に「基蟻だった!」(=本番アリの掲示板用語)って書き込まれたからってクビはない! あれはウソ!
あきさん:どのキャストさんも絶対に書かれるよね。働いている身からすると「また、つまんねー書き込みしてんな~」くらいにしか思ってないっす。個人情報とかだったら、それなりの対応をしますけど。
まりな店長:と言いつつ、匿名掲示板を見るにはメンタルが弱すぎるので、私は他の誰かに見てもらって、いい意見だけ聞くようにしています……。
あきさん:俺もどちらかというと、それです……。

▲「掲示板は強い人しか見ちゃダメ」と語るまりな店長

--あと、この回で重かったのは、咲田店長(濱田岳)がゆずに同情して、自費で100万円貸そうとするじゃないですか? それを聞いたミスジが「俺たちに人は救えない、2度とするな」って注意するところ。あそこは重い気持ちになったんですけど、いかがでしたか?

まりな店長:いや、個人的には借金ネタとは、これまたベタな展開ですねって感じでした(苦笑)。
すみれ:あそこは業界に対する偏見って感じで許せなかったなー。原作にこういうシーンはなかったんですよ。1話目から「風俗=借金返済のため」みたいなイメージで作られている感じがして、嫌な気分になりました。
あきさん:まあでも、キャストに感情移入していたら、この仕事続けられないっていうのは事実。咲田の対応はダメだよね。
すみれ:確かに。
まりな店長:目標のために風俗で働いて、頑張って貯金をしていたのに、変な人に騙されて、シンガポールに口座作って「これで倍になるんです」みたいな子とか、ホストに貢いでしまう子とか……。私もスタッフとして、数々振り回されてきたので。ある程度は距離を保っておかないと、こっちがやられちゃう。
あきさん:なんとか稼げるようにお客さん付けたのに、連絡とれなくなるっていうのが頻繁にあるからな~。だから、マサカネ(荒川良々)みたいな、ぬけてる奴は逆に強いよね(笑)。そういう意味で、ゆずを拒絶したミスジは、メンタルが弱いからこそ拒絶したんだなあって思った。

ドライな印象のミスジを、実は弱い人間だとあきさんは判定! これは働いている方でないと、出てこない意見ですね。やっぱり、本職の方の意見は鋭い!

▲事務所に偶然フルーツがあったのでいい感じに激写しました

店舗スタッフは良い人で、経営者はずる賢いといい

--咲田の働きっぷりに関しては、なにか思うことありましたか?

まりな店長:咲田は未経験ですよね? 下に置く分にはいいって感じかな(笑)。キャストのことも下に見ていないし。
すみれ:キャストにお金を貸そうとしたのはダメだけど、善人ではあるんで。5段階評価でいうと、4.5くらいでしょうか?
あきさん:ミスジがいるっていう前提だけど、俺も4か4.5かな?

--ほう! じゃあ、各々が思ういいスタッフってどういう方ですかね?

すみれ善人であることは絶対条件!
まりな店長:うん。人と関わる仕事なんで、隠していても人間性が出ちゃうんですよ。なので善人!
あきさん:誰にも嫌われずに波風立てないように、店の売上を上げてくれるのが、経営者としては最高のスタッフなんですけど。そんな人絶対いないから(笑)。だから、嫌な言い方すると、取捨選択ができる人。店舗内営業が上手い人かな?
まりな店長:全員から好かれるのはムリです!
あきさん:逆に、俺は経営者には悪さが必要だと思うんですよね。お金で従業員と店を守るには、優しさが邪魔な時あるもん。現場の人間はいいヤツを揃えて、経営者は嫌われ役っていうのが、いい組織なのかもしれない。
まりな店長:確かに。それだ!

▲あと「飛ばない・病まない・休まない」これも大事!とまりな店長

実況上映会は後半に続きます!

ということで、本職の人からすると風俗に対するレッテル貼りが気になったようですね。

他にも、業界に精通していないと分からないあるあるが多数出てきて「さすが本職目線だ!」と感じました。特に「風俗店経営者って、元木レベルの芸能人と知り合いになりがち」という発言がツボでした(笑)。

フルーツ宅配便実況上映会は後編に続きます!次回の更新をお待ち下さい!
後編はコチラ

執筆者プロフィール

徳山 央樹

徳山 央樹編集部記事一覧

FENIX ZINEではライターと編集を担当。インターネット好きが高じて、WEBメディアへの転職を決意。平日も休日もインターネットをしています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

連携NPOのご紹介

  • Fenixzineの記事 「セックスワークサミット行ってみた!」~SWSを作る人たち(前編)~
  • Fenixzineの記事 どMな風俗業界1年生が学ぶ法律講座 ~デリヘルを起業する時に知っておくべき法律~

一般社団法人ホワイトハンズ様

  • Fenixzineの記事 「前職は風俗店スタッフ! なぜNPO代表は風俗と出会ったのか」 ~一般社団法人GrowAsPeople代表理事・角間惇一郎さん#1~

一般社団法人GrowAsPeople様