風俗店スタッフに届けたい魔法のメッセージ  ~新海亨、花魁あや乃に会いに行く#2~

2016年10月25日

by新海 亨新海 亨編集長

風俗というシゴトをポジティブにとらえた結果、ジンセイが開けたと語ってくれたあや乃さん。風俗嬢専門コミュニティ『日本風俗女子サポート協会』を発足させ、活躍の場を広げています。

後編となる今回は、『Fenixzine』で連載いただいた『魔法の言葉』シリーズの執筆で心がけたことと、業界でハタラク風俗店スタッフに対して思いを語っていただきました。

日々の小さなコミュニケーションで信頼関係を築く

-『魔法の言葉』シリーズを執筆いただいて大変だったことはありますか?

実は私自身、そんなにスタッフさんとコミュニケーションを頻繁にとるほうではないんですよ。だから最初に打ち合わせをして「魔法の言葉シリーズで連載お願いします」って言われた時が、一番書けるか不安で「うっ!」って思いました(笑)。

でも、「まあ、なんとかなるか!」って思ってお引き受けさせていただきました。

-そうだったんですね! でもあや乃さんらしいポジティブな考え方ですね

そうですね(笑)。思い出すのが少し大変なときもあったんですけど、書き始めてしまえば結構スラスラ書くことができました。

メディアで記事を書くっていうのは以前から夢だったんです。すごく自信にもなりましたし、執筆できて本当に良かったです。

魔法の言葉_キャプチャ

-私、新海が編集を担当させてもらったんですけど、あや乃さんの記事はどれも信頼関係を大事にされているなという印象を受けました

そうですね。紹介した『魔法の言葉』をいきなり女の子に言っても「なに!?」って顔されてしまうと思います。

スタッフさんと女の子の間でコミュニケーションがあるっていう前提が必要ですよね。

だからスタッフさんは忙しくて大変だとは思うのですが、積極的に女の子に話しかけてほしいです。

キャストの目線から見える風俗店スタッフとは?

ayano

-積極的に話しかけてくれるスタッフさんは少ないのでしょうか?

かなり少ないですよね。ほとんどいない印象です。働く女の子としてはなかなか自分から声をかけづらかったりします。忙しそうだなって遠慮してしまうんです。

結局、女の子がスタッフさんに相談するときって、もうパンク寸前なんですよね。そうなると対処が大変だと思います。

だから、定期的に「最近どう?」とか「困っていることない?」とか聞いて、関心を寄せてあげてほしいです。早期に問題が見つかれば、早く解決できるはずなので。

-これまで在籍したお店のスタッフさんで印象に残っている方っていらっしゃいますか?

初めて働いたお店でひとりすごい強面のおじさんがいたんです。50歳くらいの。

最初はすっごく恐かったんですけど、その人が一番やさしかったし、一番気にかけてコミュニケーションをとってくれたんです。

休憩時間にご飯を食べている時に、「調子はどう?」とか話しかけてくれるんです。今でも印象に残っています。

そういうスタッフさんがいると変な言い方ですけど、ちょっとくらい稼げなくなったとしてもその店を辞めないと思います。すごく出勤したくなります。

ただ、あんまりフランク過ぎちゃうと駄目ですよね。なあなあになって友達感覚みたくなると、当日欠勤とかが増えてしまう。ほどよい距離感が大事ですね。

日々の小さなコミュニケーションが重要だとあや乃さんは言います。

そういった積み重ねが、同じ職場のパートナーとして、スタッフとキャストの共立できる環境を作るのではないでしょうか。

続いてはあや乃さんに風俗で働く風俗店スタッフの印象や出世する条件を語っていただきました。

効果倍増! “魔法の言葉”を最大限活用するために必要なこと

-女性と信頼関係を築くためにはどんなことをしたらいいのでしょうか?

女の子の小さな変化に気づいてほしいですね。「髪型かわった?」とか「今日なんか機嫌良さそうだね!」とか。

そういう小さなことでも、気づいてもらえると女性はすごくうれしいんですよ。言わなくても分かるだろってことを口に出して言ってほしいんです。

-私、そういうのってなかなかできないんですよね……。

男性って苦手ですよね(笑)。訓練だと思ってください! 猛特訓です! それができると私生活でもモテますので。本当ですよ!

-出世していく風俗店スタッフの方っていうのは、そういった対応ができているんですか?

そうですね。女性の本質を理解している人はこの業界出世していく印象です。されてうれしいこととか、されて嫌なことがわかる人ですよね。

たまに男性でルックスはあんまり良くないけど、すごいモテる人っているじゃないですか。そういう人を研究するといいと思います。

あとは、仕事にやりがいとか、生きがいをもっている人、もうここで頑張ろうって決めている人です。

なんのために仕事をしているのか、そういう自分の在り方をしっかりもっている人は、どんどん出世していってますね。

これは風俗の仕事に限ったことではなくて、どんな仕事でも一緒じゃないですか。

ayano

-最後に風俗店スタッフの方にメッセージをお願いします。

女性って本当にわがままだし、気分屋だったりするんですよ。それをスタッフさんは忙しい日々の業務をこなしながら対応してくれて、本当にありがたいなと感謝しています。

『魔法の言葉』ではかなり細かいテクニックを紹介してきましたけど、一番大事なのは、まず信頼関係を築く日々のコミュニケーションなんです。

いくら細かいテクニックを磨いたところで、女性から信頼されていなかったら、なにも響かないので。

それと、私は風俗の仕事が社会のためになっていると気づいてから世界が変わりました。ぜひみなさんも、なんのために風俗という業界で働くのかを考えてみてほしいです。

自分の人生の目的というか、在り方をもつことで、行動とか言動って変わってくると思うんです。しっかりマインドをもっていれば女性との向き合い方が見えてくると思います。

そうすれば“魔法の言葉”の効果は倍増するはずですよ!

日々のコミュニケーションの重要さ、そして自分のジンセイの在り方をもつ大切さをあや乃さんは語ってくれました。

あや乃さんが連載とインタビューを通じて伝えたメッセージが、どこかでだれかを救う“魔法の言葉”になることを願っています。

前編はコチラ>>
風俗店スタッフに届けたい魔法のメッセージ  ~新海亨、花魁あや乃に会いに行く#1~

花魁あや乃

あや乃

風俗嬢歴10年。風俗の世界で男性心理、コミュニケーション術を学び、人気風俗嬢に。在籍したすべてのお店でナンバーワンを獲得。人気風俗嬢の経験を活かし、キャストに向けた交流会やカウンセリング、内勤風俗店スタッフに向けたセミナーなどの活動を精力的に行っている。日本風俗女子サポート協会:公式ブログ

執筆者プロフィール

新海 亨

新海 亨編集長記事一覧

元大手ハウスメーカー営業マン。お金と引きかえに自由とやりがいを手放す生活から決別するため転職を決意。ある風俗サイトに感銘を受け、デザイナーとして仕事を始めるも、いつのまにか編集員に。最近はハマっている一眼レフカメラの仲間を求め奔走中。座右の銘は“STAY GOLD!!” 東京都出身。

このエントリーをはてなブックマークに追加

連携NPOのご紹介

  • Fenixzineの記事 「セックスワークサミット行ってみた!」~SWSを作る人たち(前編)~
  • Fenixzineの記事 どMな風俗業界1年生が学ぶ法律講座 ~デリヘルを起業する時に知っておくべき法律~

一般社団法人ホワイトハンズ様

  • Fenixzineの記事 「前職は風俗店スタッフ! なぜNPO代表は風俗と出会ったのか」 ~一般社団法人GrowAsPeople代表理事・角間惇一郎さん#1~

一般社団法人GrowAsPeople様