先輩たちの等身大メッセージ
VOICE

ジンセイの紆余曲折を経て、なぜ彼らは風俗業界で働く選択をしたのか。
風俗業界への転職を選択した彼らのジンセイ再生の秘訣に迫ります。

株式会社アクセス【総合職(店長・幹部候補)】藤井剛さんのインタビュー記事

株式会社アクセス

2008年入社

藤井剛 (40歳)

総合職(店長・幹部候補)

前職:営業職

2019.4.8

自分が嫌だったことはスタッフにもさせたくない。働きやすさを重視したお店づくり

この記事のポイント!

  • 尊敬していた上司が独立。「藤井もついてきてよ」と誘われて……
  • デリヘルスタッフは電話番じゃない。デリヘルならではの電話術
  • ワークライフバランスを大切に。時間内だけ真面目に働いてくれればいい

景気の悪化で仕事を転々。知り合いの紹介でホテヘルへ

高校を卒業して、最初は飛び込み営業の仕事に就いたんですよ。美容院へ消耗品を売り込むんです。夢とか全然なくて、とりあえず稼げればいいかな?って、軽い気持ちで入社しました。

飛び込み営業って、今の若い人は敬遠しがちですけど、個人的には好きだったんですよ。

厄介者扱いはされますけど、断られたら気にせず「次で契約とればいいや」って、思える性格だったので、自分には向いていたと思います。

でも、景気が悪くなってきて、給与が下がってしまったんですね。運送会社に転職したのですが、そこもうまくいかず……。

退職して、プラプラしようかな~と思っている時に、知り合いからとあるホテヘルの仕事を紹介されたんですよ。

それが、最初の風俗店スタッフ経験です。『昼顔妻』に来る前ですね。

尊敬していた上司が独立。「ついてこないか」と誘われ……

ホテヘルがどんな仕事をするかは、なんとなく知っていたので、特にコワいイメージは持っていませんでした。

ただ、入ってみると、店長がかなりのマニュアル主義者で。初日から対応マニュアルを丸暗記させられて、ロープレをやらされて、イヤだった思い出があります。

しかも、そのマニュアル通りの案内をして、成約できなかったら怒られるっていうね(笑)。理不尽なことも多かったですよ。

残業も多かった。終電もよく逃していたので、帰れないことも多々ありました。そういう時は「店泊」っていって、店に泊まって、翌日そのまま働くんです。

着替えとかお風呂とか、すごく困りました。年功序列のお店だったので、出世も出来なかったし。

それでも、続けていたのは直属の上司の人柄ですね。その方だけは、僕をかわいがってくれたし、相談にも乗ってくださいました。

なので、この人がいるまでは辞めないって決めていたんですよ。

ある時、その方から「俺、独立するから藤井もついてきてよ」って誘っていただいて。

一緒にその店を退職して始めたのが、この『昼顔妻』です。

仕事自体は難しくない。ただ、店を回していくとなると……

今は店長として、新宿店と五反田店の2店舗を見ています、基本的には出勤して、事務所の掃除、WEB関係の更新、そこから電話対応スタートって感じのスケジュールですね。

やっていること自体は、そんなに難しくないんですよ。人妻店なので、キャストさんも落ち着いた方が多いし。

ぶっちゃけ、誰でもできる仕事ではあるんですけど、“店を回していく”って条件が加わると、色々考えながらやっていかないといけないので、奥が深いですよ。

デリヘルスタッフに不可欠の電話術

仕事の“核”は電話対応なんですけど、コレが難しい。

“お客様の要望を聞いて、合う子をつければそれでOK”じゃないんです。それだったら、素人でもできます。“デリヘル店勤務”だからこその、テクニックが必要なんです。

ウチみたいに、ネットにしか写真を上げていないお店って、写真がいい子に予約が偏りがちなんですよね。

だからこそ、写真をかわいく撮ってあげることも重要なんですけど、写真がいい子=いいキャストさんって訳ではないじゃないですか。

やっぱり、愛嬌ある子の方が、お客様の満足度が高いんですよ。店としても、リピーターになっていただきたいので、愛嬌ある子を薦めたいんですけど、その駆け引きが難しい。

それにプラス、「これだけ稼ぎたいんです」っていう要望も叶えてあげないと、キャストさんは店に残ってくれません。

お客様、キャスト、店。三者の事情を踏まえた上で、最適解を選び続けないと、店が回っていかないんですよね。なので、ただの電話番じゃ務まらないんです。

簡単ではないですよ! だからこそ面白いんですけどね。分かっていただけましたか(笑)?

高収入っていうより、働きやすさがウリです

正直に言うと、ウチは大きなお店じゃないので、“高収入!”とか“幹部候補求む!”って感じではないんですよ。

月収50万だ100万だっていうのは、後々のことなので、あんまりそこでウソつきたくなくて。スタートの給与は求人広告通りです。

なので、ウチのメリットとしてはお金よりも“働きやすさ”になるのかな。

風俗業界は、拘束時間が長いのが当たり前じゃないですか。でも、今の若い人ってそういうの好きじゃないですよね(笑)。なので、勤務時間は8時間か、10時間のどちらかを選べるようになっています。

お願いしたいのも早番なので、18時30分には仕事が終わります。 残業? 僕がイヤな思いをしたので、それはないです(笑)。なので、仕事後も遊びに行きやすいと思いますよ。

もちろん稼ぎたいって方や、実力ある方には色々任せていきたいと思うし、それに合わせて昇給は考えます。

なんていうか、仕事は仕事と割り切って、プライベートを大事にしたいって人でも、全然いいと思います。むしろ、今はそういう人の方が多いから、風俗業界もそういう働き方が増えるんじゃないですかね?

車の運転もないし、内勤だし、勤務中はずっと仕事している訳でもないですからね。ボーッとしてる時間も、正直あります(笑)。苦じゃない労働環境だと思いますよ。

もっと、熱い店長の方がいいんですかね? でも、こういう店があってもいいですよね(笑)。

取材後記

徳山 央樹

執筆者

徳山 央樹

ウソはつきたくないとのことで、藤井さんには店舗事情を包み隠さずお話しいただきました。『昼顔妻』では“未経験でも、新卒の初任給以上の給与で、働きやすい”という、一般企業と“昔の風俗のイメージ”の中間のような“ちょうどいい働き方”ができるのではないでしょうか? “ある程度の収入は得たい。でも、休みも大切にしたい”こういう条件を求めている方、実はたくさんいる気がします。

プロフィール

株式会社アクセス

藤井剛

総合職(店長・幹部候補)

(前職:営業職)

藤井剛さんがハタラク会社はこちら

株式会社アクセス

デリバリーヘルス(デリヘル)

記事の藤井剛さんがハタラク会社はこちら

面倒くさい体育会系のノリは一切ありません!完全内勤(ドライバー業務一切無し)深夜勤務無し!既婚者、業界未経験者でも大歓迎...
企業名 株式会社アクセス
業種 デリバリーヘルス(デリヘル)
事業内容 【店舗運営全般】 ・電話受付 ・簡単なPC作業 ・女性の出勤管理 ※ドライバー業務は一切ありません 未経験でも丁寧に指導いたしますので経験の有無は問いません。 着実にスキルを身に着けて、お任せする業務範囲が大きくなるに従って、 『真面目で丁寧な方』であれば安定して長期的に稼げる環境です。