風俗男性求人はFENIX JOB

先輩たちの等身大メッセージ
VOICE

ジンセイの紆余曲折を経て、なぜ彼らは風俗業界で働く選択をしたのか。
風俗業界への転職を選択した彼らのジンセイ再生の秘訣に迫ります。

かりんとグループ【総合職(店長・幹部候補)】五味生直さんのインタビュー記事

かりんとグループ

2017年入社

五味生直 (28歳)

総合職(店長・幹部候補)

前職:アダルトグッズ販売

2019.9.27

1つの業務だけで、おもしろい? 出世欲も物欲もゼロの自分が、仕事をしまくる理由

この記事のポイント!

  • VR風俗? なんだかとってもおもしろそうで……
  • 赤坂店の“当たり前”を運んでくるだけで、利益は上向いた
  • 「お金はもらえるならもらっとこう」。でも、そんなことよりも

仕事を続ける秘訣は何か。自分は何が好きなのか

「仕事って、自分の興味あるものの方が、続けられるんじゃないか」

これって、僕が常々考えていたことだったんです。

昔からエロ系のおもちゃとかコンテンツへの興味が大きくて……。それと、ラーメンも好きでした。どっちの道に行こうかと迷った末に、アダルトグッズを販売している会社で、2年間ほどバイトをしました。

ちょうどそこで働いている時に、『かりんと』を知ったんです。

VR風俗? なんだかとってもおもしろそうで……

『VR』って分かります? バーチャル・リアリティー(仮想現実、人工現実感)の略で、人の五感を人工的に刺激して、現実感を得るというものです。ゲームなんかでよく使われていますよね。ゴーグルみたいな装置を付けて、本当にプレイしているかのような、体感を得るんです。

当時、『VR風俗』が界隈で話題になってきた頃だったんですね。『かりんと』がVRをやっているのを知って、興味を持ちました。当時赤坂店の店長だったにしやまさんのブログを読むと、「人手が足りないから気になる人は……」みたいな記述があったので、「気になります!」って(笑)。

実際面接に行ってみると、にしやまさんはプロフィール欄のアイコンとそっくりな、普通のお兄ちゃん。想像していた“風俗っぽさ”もなく、本当に「アイコンそのままの人キター」みたいな(笑)。

お話を伺って、ますます「おもしろそうな仕事だな」と思えました。VR。新しいエロ。

“スタッフは常に女の子たちの手本に”。まず、きちんと理解した

赤坂店で働き始めたんですが、初めはやっぱり、電話応対が大変でしたね。

敬語の使い方から注意を受けたり、今思うと恥ずかしいんですけど、「仕事中に足を組むな」とか(笑)、そういうところから教えていただきました。

『かりんと』には、“スタッフは常に女の子たちの手本に”という思いがあるんですね。身だしなみとか、言葉遣いとか。まずは僕も、そこをしっかりと受け止めたんです。思想に共感できたって言えばいいですかね。

だから意識してきちんと“ふるまい”を覚えるまでは、緊張感は半端なかったですよ。同時に不思議なんですけど、「いつも誰かに見られている状態なんだ」と意識すると、周りへの気配りも、自然と身に付いていくんですね。感覚が研ぎ澄まされるのかな。

給料と比例して、もやもやも。なぜ、それが消えたのか

そこからは、お給料がどんどん上がりました。それ自体は嬉しかったんですけど、周りの期待値も上がることが、実はけっこうプレッシャーだったんですよね。というのも、僕はもともとは興味だけでこの世界に入ったわけで、“出世欲”がなかったんです。

「仕事はおもしろいけど、なんかなあ」

ずっと心の中にもやもやがあったんですが、それが解消されたのは、周りの方の“優しさ”に気づいた時でした。キャストさんを含めて、気を遣ってくれる方がすごく多かったんですよ。グチを聞いてくれたり、励ましてくれたり……。

「この人たちのために、僕も何か返さなきゃ」

気が付くと、素直にそう思えている自分がいたんです。

赤坂店 ⇒ 池袋店。初日に感じた、正直な思い

赤坂で1度店長を経験して、今年の3月くらいに「池袋の店長をやってみないか」とお話をいただきました。僕としては「任されたのなら」という気持ちと、「ここから自分がどういう風になっていくのか試してみたい」という思いがあって、引き受けたんです。

池袋店初日の感想ですか? 「汚いなぁ」って(笑)。

切れている照明があったり、机に水垢っぽいものが付いていたり、鏡が曇っていたり……。そして、それを誰も掃除しないのが不思議でした。

僕、赤坂店しか知しりませんでしたから。こういう雰囲気の事務所って、初めてだったんです。掃除道具もなかったので、とりあえずウェットティッシュでひたすら擦ったりしました(笑)。

今ここピッカピカでしょう? それだけで気分も変わるじゃないですか。雰囲気が明るければ、自然とキャストさんの表情も晴れやかになりますし、会話も弾んできますよね。

赤坂店の“当たり前”を運んでくるだけで、利益は上向いた

もちろん雰囲気だけではなくて、色んな原因があったとは思うんですが、僕が来た時、お店の電話は全然鳴らなかったんです。でも池袋という立地なら、鳴らないはずがない。だから、手当たり次第の“やれること”をやりました。

例えば女の子の写真を新しくしたり、プロフィールを書き直したり、予約からニーズを分析して、コースを見直したり……。そうこうしているうちに、だんだん利益も上向いてきたんです。

と言ってもこれ、赤坂では日常業務としてやっていたことなんですけどね(笑)。

今やっと落ち着いてきましたけど、まだ“普通”の段階になっただけだと思っています。これから再度基本を見直しつつ、新しいイベントを組んだりして、さらに売上を伸ばしていきたいですね。

「お金はもらえるならもらっとこう」。でも、そんなことよりも

実は、出世欲や物欲は今もないんです。店長として当たり前に利益を出したいとは思っていますが、僕的には「お金をもらえるならもらっとこう」っていうスタンスです(笑)。

数字が上がっていくことって、単純におもしろいですよね。これまで他店でやってきたことを、ここで同じように実践したら、結果として表れた。「僕がしてきたことは、無駄じゃなかった」って、証明できた気もします。

あとやっぱり、稼げることに女の子が喜んでくれる。これもやりがいの1つですね。

他にも……(笑)。おもしろいことだらけで、キリがないですね。さっきも言いましたけど、まず池袋に来て、ウェットティッシュでごしごし机の水垢落とすのだって、僕は楽しかったですから(笑)。

この仕事の魅力って、色んな課題をそんな風に“自分で”見つけて、学んでいけるところなんだと思います。そして僕がなぜ『かりんと』が好きなのかと言ったら、その学びやアイデアを、即実行できるからなんです。

当然基本はいつも大切に。“さらに”と思えば、常にアンテナを張って、女の子、お客様、世間の動きを見て臨機応変に。フリーズしている暇はありません。

“1つの業務だけ”に縛られ続けている人にとって、『かりんと』は抜け出せるきっかけ、場になるんじゃないかと思います。世界観、180度変わるはずですよ。

(インタビュー:新海亨)

取材後記

藤野 りさ

執筆者

藤野 りさ

「出世欲ゼロ」と言い切る五味さん。でも、それでいながら学び、実行し、応用しを体現する姿に、やはり上に立つ方なんだなと感じました。しかもまだ28歳! それこそアラフォーの藤野はフリーズしてしまいます。

五味さんの次のパフォーマンス、とても楽しみですね。「もしこの人がラーメン屋さんの方に進んでいたら?」……なんていうストーリーも、ちょっと想像してしまいました。

プロフィール

かりんとグループ

五味生直

総合職(店長・幹部候補)

(前職:アダルトグッズ販売)

五味生直さんがハタラク会社はこちら

記事の五味生直さんがハタラク会社はこちら

【10/26(土)転職フェア参加します!】創業5年で2ブランド計16店舗! "人"を重視した体制づくりで急成長中!
企業名 かりんとグループ
業種 オナクラ・手コキ
事業内容 風俗・ナイトレジャー業界 「かりんと」「添い寝女子」店舗運営