風俗男性求人はFENIX JOB

先輩たちの等身大メッセージ
VOICE

ジンセイの紆余曲折を経て、なぜ彼らは風俗業界で働く選択をしたのか。
風俗業界への転職を選択した彼らのジンセイ再生の秘訣に迫ります。

義理義理な関係 梅田店【Webデザイナー】沢尻健治さんのインタビュー記事

義理義理な関係 梅田店

2019年入社

沢尻健治 (44歳)

Webデザイナー

前職:ネットショップ運営

2021.5.1

“立ち上げ”で入社したお店が、2年で多店舗展開を視野に。「なぜ?」の理由は……

この記事のポイント!

  • 「この子どんな子?」 ご案内のためにも、コミュニケーション
  • オフィスにまかない日あり。この仲の良さこそが、人気の秘密
  • 昇格する。給与も上がる。新人の成長は、みんなにだってプラス

“立ち上げメンバー”としての誘い。素直にワクワクして……

社会人のスタートは、20歳ですね。専門学校を出て、服飾関係の仕事に就きました。ただ想像以上に給与が低くて、続けるにはキツいなと。おもしろいとも思えなくて、1年ほどで辞めてしまったんです。

それからはずっと色んな職を転々としていた感じです。飲食が合わせて10年ぐらいで、1番長かったかな? もともと仕事にやりがいを求めるタイプなんで、転職にあまり抵抗がなかったんですよね。

ここに来る直前は、ネットショップの運営をしていました。Webデザインからサイト構築まで、ぜんぶ自分で関わって。

Webには興味があって、学生時代からずっと触っていたんですね。やっと得意を活かせるという気持ちでした。特にそこを辞めるつもりもなかったんですが……。

1年半前、知人から「デリヘルを作る」と聞いて。僕のWebの知識を貸してほしいと言われたんですね。

「立ち上げメンバーかあ」

頼りにされているのが嬉しいだけではなくて、素直にワクワクしちゃったんです(笑)。最後は「ぜひ」って、自分からお願いして入社するぐらいの勢いでした。

「この子どんな子?」 ご案内のためにも、コミュニケーション

スタートアップに加わってからは大忙しでしたけど、苦しいよりは楽しい方が大きかったですね。イメージクラブとしてのコンセプトを元に、まずWebをデザイン。店舗スタッフの業務もすぐに始めました。

料金システムを覚えて、オフィスと待機室の掃除に、備品の管理。電話も経験者に教わりつつ、2週間目ぐらいから取るようになって。

やっぱり服や料理を売るのと、人のサービスを提供するのとでは勝手が違います。最初は戸惑いもありました。

「サイトのこの子、どんな子?」

お客様のご質問はこちらが答えやすいものばかりではなくて、漠然としていることもあるんです。そして当然ですけど、「スタッフはお店の女の子をよく知っているはずだ」と思ってらっしゃるんですね。

「まだ立ち上げたばかりなので」と言うわけにはいきません。シフトの管理ということだけではなくて、お客様へのご案内という意味でも、女の子とのコミュニケーションは大切だと痛感しました。

オフィスにまかない日あり。この仲の良さこそが、人気の秘密

幸いここはスタッフと女の子との距離が近いし、仲も良いんですよ。僕らの側だけではなくて、女の子の側にも「新しく作っている」という感覚があるみたいなんです。

例えば補正した写真や新しく制作したバナーをWebに上げると、「いいね」と感想をくれたり、服飾にいた関係もあって、僕が制服を縫って女の子に合わせたりもするんですが、「かわいい!」と喜んでくれたり……。

こういうやりとりの中で、女の子の人柄や“良いところ”を自然に知っていけるのは、縛りのない新店ならではだと思います。例えば「すごくよく笑う子で」とお伝えするだけでも、お客様はそれを“特徴”と捉えてくれますから。

ウチはオフィス内で月に1回まかないの日があるんです。それくらいコミュニケーションを大切にしていて、この雰囲気の良さこそが、そのままお店の人気に繋がっているんだと感じます。

新規参入でコロナ禍。それでなぜ、多店舗展開に踏み切れるのか

おかげさまで今年の夏には更に2つの店舗をオープンする予定なんですが、それもあって好評の理由をよく聞かれます。

若い子のお店もイメクラもめずらしくはないから、不思議なんでしょうね。新規参入で、しかもこのコロナ禍。めげないどころか更に多店舗展開に踏み切れるのは、「なぜか」と。

「当たり前にやっているからです」

こう答えるとたぶん拍子抜けすると思うんですけど(笑)、実際そうなんですよね。特別なマジックや能力が、お店のスタッフにあるわけじゃない。経験者を中心に、誠実にお店を営業しているというだけなんです。

お電話口から丁寧に。ホテルの場所はしっかりと頭に入れて、ご指名通りの女の子が、時間通りにお部屋に伺う。女の子はコンセプト通りの決められたサービスを、手を抜かずに時間内きっちりと行う。退室時には、笑顔でご挨拶……。

要は、おもてなしを“仕事”としてちゃんと。僕らが行ったのはたったこれだけのことだし、もっと言うと、これさえあれば新規店でも十分に勝負できるというのが、この1年半の実感なんです。

昇格する。給与も上がる。新人の成長は、みんなにだってプラス

だから何も難しいことはないんですね。じゃなきゃ僕だって業界未経験で入社して、ここまで溶け込めて活躍できるはずがない。お若い方は、もっと早く成長できると思いますよ。

もちろん売上と結果に応じて昇格するし、給与も上がります。上がつかえているなんてことは全然ないですよ。新店は今年の2店だけではなくてどんどん増やしていく予定なので、早く成長してくれた方が、僕らもありがたいんです(笑)。

業務も“できることから”で良いと思うんです。僕もそうですから。服飾にいたから制服を縫えるし、Webショップを運営していたから、Webデザインもできる。こんな形で、業界経験はなくても“活かせる何か”があるのが、この仕事の良いところだとも思うんですね。

もしかしたら、新しく入る仲間のこの“何か”が、多店舗展開の起爆剤になるかもしれません。

「ここでこれをやりたい」

こんな案のある方は、ぜひ聞かせてほしいですね。みんなノリが良いんで、即採用だってありえますよ(笑)。

取材後記

松坂 治良

執筆者

松坂 治良

穏やかな語り口で、丁寧にご質問に答えてくださった沢尻さん。きっとお電話口でも、同じように接客されているのでしょう。「当たり前にやれば店は流行る」という言葉は、たいへん示唆的です。ではなぜ当たり前ができない店舗があるのか?……考えさせられます。

プロフィール

義理義理な関係 梅田店

沢尻健治

Webデザイナー

(前職:ネットショップ運営)

沢尻健治さんがハタラク会社はこちら

義理義理な関係 梅田店

デリバリーヘルス(デリヘル)

記事の沢尻健治さんがハタラク会社はこちら

この夏、新店舗出店!3年で12店舗出店計画中!チャンスと役職を大量準備!コロナ禍の中でも確実に業績を伸ばす新規店!【全員...
企業名 義理義理な関係 梅田店
業種 デリバリーヘルス(デリヘル)
事業内容 無店舗型風俗店(デリバリーヘルス)の企画、運営