贅沢なひと時【一般職(内勤・スタッフ)】黛コタロウさんのインタビュー記事

贅沢なひと時

62黛コタロウ

一般職(内勤・スタッフ)

稼ぎたいからこそ「目標」は明確に。「道」を定めることで、みんながハッピーに

この記事のポイント!

  • 長く勤めたからこそわかる。「減点主義」が生む閉塞感
  • 売れちゃう子ではなく、「フツーの子」の「道」を示せるか
  • 「がんばり」は返ってくる。「熱量」の高い人間になりたい
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自衛隊に青春を捧げた7年間。業界へ入った動機は「ダイビング」

もともとは海上自衛隊にいたんです。任地は戦艦大和で有名な、広島の呉。18歳~25歳まで7年間、青春を捧げてしまいました(笑)。

その後ダイビングショップで働くことになったんですね。それまで海に関わっていたのもあるし、次は潜る仕事をしたいなというのもありましたし。「プライベートで遊べるな」というのもあって。

ただ、そこはお給料が安かったんですよ。手取りは12万円。実家だったおかげで何とかなりましたけど、「これでは食っていけないな」と思いますよね。インストラクターになるまではお金もかかりますし。好きな仕事ではあっても、経済的な見通しが立たないことにはね。

でも職業系の高校を卒業してはいますけど、私は資格とかは持っていないんですよ。それで「高収入を」となった時に、ナイトワークしてみたいなと思ったんです。抵抗はなかったんですね。「裏側ってどんなもの?」っていう興味があったぐらい(笑)。

たまたま見つけた企業が「社員旅行でダイビングをする」と書いてあったので、そこに惹かれたんです。自分が好きでやっていたダイビングですからね。「ラッキー」と思って(笑)。

そこは主に店舗型の風俗を中心に展開していたんですけど、昨年まで7年間いたんですよ。役職も付いて、店舗の立ち上げにも関わって、色んなことを勉強しましたね。

7年いたからこその「気づき」。「減点主義」では、人は動かない

ただ、7年もいると、いろんなことが見えてきますよね。はじめは何も知らないから、「これが当たり前なんだろう」と思っていたんですけど、どうも違うなって気づきはじめたんです。中途入社で、他での経験があった方と話すことなんかもありましたしね。

けっこう「罰金」が多かったんですよ。給料増やすために仕事してるのに、減らさせるのが釈然としなくて。「これをしたら給料増やすよ」じゃなくて、「これをしたらダメ、ダメ」ていう減点主義。

「箱」なんで、マックスの出勤人数が揃わないと罰金とか。家賃発生してるんで仕方ないのはわかるんですけど、「おいおい。売り上げ上がってんのにそんなに引くか」というのもあって。ノルマもきつくて、目標行かないと基本給のみですからね。利益が出ているのに、自分にプラスがない。

まあ、社員旅行に連れていってもらったり、福利厚生はわりと良くて、年1回ブランドの靴をいただいたり……。ほかにも寮があって寮費半分負担してもらえたり、食事手当があったり、「プラス」の部分もありましたから、振り返るとトントンなのかな、とは思っているんですけどね。

辞める時は、やっぱり女の子のことですよね。責任者がいなくなるわけだから、そこはかわいそうだなって、胸が痛みました。

「熱い」ブログの言葉が転職の決め手。すぐに感じた個々への温かさ

「贅沢なひと時」のことはもともと知っていたんですよ。風俗サイト見て「ランキング高いなあ」とか、感心して見てました。入社のいちばんの決め手は、代表のブログですね。

「熱いこと」書いていましたし、文章に起こして発信する以上「後に引けない」部分もあるじゃないですか。責任者として「自分を追い込んでいる」というのを感じて、すごいなと思いました。

前のグループは大手でしたけど、だからこその「息苦しさ」みたいなものも感じていたんですね。安定という意味では心強いんです。資金力とか。でも、ある程度役職ついて、保守的な人たちがいると、新たに来る人間は「煙たがられる」んですよ、やっぱり。温度差を感じていました。

ここでは面接から社長との距離の近さを感じたんですね。最初から「ウチは厳しいですよ」と言ってくれましたし。私はその覚悟はできていたし、そんなものだろうとは思っていたんです。

入社まで3か月あったんですけど、その間も地方から来るというので、寮とかですごく協力してもらえて。こっちの物件見られない分、写真送ってくださったりですね。「ここまでやってくれるんだ。一人ひとりちゃんと見ていただけるんだ」という印象が、強く残りました。

稼ぎたいなら「目標」は明確に。「道」を示すのが自分の役割

そうは言っても、最初は戸惑いましたよ。それまでは「箱」。デリバリーヘルス自体が、ほぼはじめての経験でしたから。たとえばデリヘルだと、女の子が自宅待機のこともあるんです。電話だと、女の子から感じる空気「元気ないな」というのも伝わりにくいんですよね。コミュニケーションを図るのに、むずかしいところがありました。

なので、自分からできるだけ話しかけるというところには、力を入れましたね。やっぱり女の子には稼いでほしいから、プロデュースも必要になる。新人の子には積極的に声かけていって「こうやっていきましょう」という提案をして、徐々にその子がお店の「ランキング」にも入ったりして来ると、楽しくて。

はじめにけっこう、直球で聞いたりするんですよ。「エッチなこと好きですか?」とか。「どんなことならがんばれそうですか?」というのも聞きます。たとえばエロを演出したりとか、日記を書いたりする時にも、ちょっとエロい写メ日記を書いたりということとか。

できる子なら「動画」を出したりとか。そういう場合には撮り方も教えます。写メ日記動画は使う子も少なかったので、けっこう集客にもつながりましたね。

1、2か月かかって、やっと報われるような子とかもいるんですけど、そういうときには「よくがんばってくれたな」って思います。

結局そこは、これまでのキャリアが生きたんですね。成功パターンを私は知っていたから。結果がなかなか出なくて苦しいときに、どうやって踏ん張って結果に結びつけていくのかっていうところで。

やっぱりすぐには結果出ないこともありますから。世の中には「何もしなくても売れちゃう子」もいますけど、そういう道だけではなくて「フツーの」子には「地道にやっていく」という方法もあるんですよ。「ここでダメだからってすぐ辞めて、色々なところ転々とするのも寂しいでしょう?」そういう話もしますね。

話を聞いてあげるだけではダメなんですよ。そこで終わらないで、何か前向きになれるフレーズであったりとか、「何のためにやっているのか」っていう「目標」を見定められるように、心がけて話すようにしています。

課題はまだまだ。みんなでハッピーに、火を付けられる人間に

 

そうは言っても、課題はあります。基本的に私、一つひとつに全力尽くしちゃうタイプなんで、すぐ容量いっぱいになっちゃうんですね(笑)。

ある程度こなしてはいるんでしょうけど、やっぱり時間が足りなくなってきて、優先順位をつけるのがあまりうまくないというのは、ずっと感じていることなんです。100点を求めすぎないで、スピード感を持ってとは思っています。

あとはそうですね。わりと最近は、画像加工であったりとか、女の子の写真修正もあるんですけど、どうも「箱」のときの、前の感覚でやっているときがあるみたいで、その辺は擦り合わせていかないと……。

ウチならではの「贅沢テイスト」というのもあると思うし、そこじゃないところの異物を入れると、違和感が出ちゃうはずなんですね。テイストを合わせていく作業で、まだまだできていない部分があるかなっていうのは感じていますね。

やっぱり、「ここをもっともっとよくしたい。そのために自分が」っていう思いがあるんですよ。みんなにハッピーになってほしいですから。

女の子にしても、この仕事している以上、稼げないのはかわいそ過ぎるので。「かわいそう」というのは失礼な言い方かもしれないんですけど、誰だって「目標」があって来ているはずなんです。「キレイに、きちんと」卒業させてあげたいっていうのがあります。

私たちも女性に頼っている部分がありますし、店がないと女の子も稼げない状況もあるわけだし、「みんなで稼いでハッピーに」って、願いですね。

楽な仕事ではないですけど、「がんばった成果」というのは必ずいただける職場ですから。私も今5か月目ですけど、前の職場よりもいただけています(笑)。そういった部分の昇給のチャンスは早いので、すごくありがたいですよ。

「熱い人間」になりたいですね(笑)。人が触れると、「がんばろう」って、気持ちが熱くなるような、周りに火を付けられるような存在になりたいです。

(インタビュー:赤星アキラ)

取材後記

松坂 治良

執筆者

松坂 治良

自分の「悪いところ」や「課題」をたずねた時に、「手を抜けず、全力を尽くしてしまう」を挙げる方は、なかなかいないもの。企業によっては、一生懸命であることを「長所」と捉え、好意的に評価する場合さえあるでしょう。自分さえ客観視し、課題解決に取り組もうとする強い姿勢があるからこそ、他の人の目標、みんなの幸せという発想につながるのでしょう。企業人としての「誠実さ」を感じさせられた取材でした。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

贅沢なひと時

黛コタロウ(33歳)

一般職(内勤・スタッフ)(前:箱ヘル・店長) 2017年入社

企業情報

贅沢なひと時

デリバリーヘルス(デリヘル)

“贅沢なキャリア”を実現できるのは『贅沢なひと時』だけ!

企業情報

“贅沢なキャリア”を実現できるのは『贅沢なひと時』だけ!

企業名 贅沢なひと時
業種 デリバリーヘルス(デリヘル)
事業内容 無店舗型店舗性風俗特殊営業店の企画・運営 エロエンターテイメント、サービス業としての一流を一緒に追及します。 PCを使った更新業務。事務作業。 業務に付随するオペレーション。 通常業務が出来るようになれば、マネジメント、企画立案、制作、キャストへのプロデュース等、未来の幹部候補として経営にも関わる仕事に取り組んで頂きます。 全ての業務を徹底して丁寧に誠心誠意教えます。 基本が出来るようになれば、一緒に理論を作ってそれをあらゆる仕事に浸透させていきます。 贅沢なひと時がゼロから作り上げた経営ノウハウを一緒に磨いていきましょう!

掲載中の求人情報

総合職(店長・幹部候補)

【贅沢なキャリア】チャレンジャースピリットある人材求む!成果主義の現場で、勝ち続ける高級店の運営に携わる!

  • 正社員 月給32万円~
勤務地 東京都新宿区歌舞伎町2丁目

一般職(内勤・スタッフ)

【贅沢なキャリア】チャレンジャースピリットある人材求む!成果主義の現場で、勝ち続ける高級店の運営に携わる!

  • 正社員 月給30万円~
勤務地 東京都新宿区歌舞伎町2丁目

送迎ドライバー

【贅沢な待遇】平均時給1,400円〜1,600円以上!「⽉給⼿取り40万円 以上保証」アリ!!

  • 業務委託 月給40万円~
勤務地 東京都新宿区歌舞伎町2丁目