先輩たちの等身大メッセージ
VOICE

ジンセイの紆余曲折を経て、なぜ彼らは風俗業界で働く選択をしたのか。
風俗業界への転職を選択した彼らのジンセイ再生の秘訣に迫ります。

NANDESU GROUP【一般職(内勤・スタッフ)】木原柾さんのインタビュー記事

NANDESU GROUP

2018年入社

木原柾 (40歳)

一般職(内勤・スタッフ)

前職:中学校教員

2018.12.28

中学校教師から、風俗へ。“あの日あの時”の感謝を支えに、僕は走り続ける

この記事のポイント!

  • 衣・食・住そして仕事。ここにはすべてがあった
  • 「大事にしてあげなきゃ」女の子に対する感覚は、妹、娘
  • パネルが多ければ、電話の鳴りは良い。じゃあどうする?

中学校の体育教師。一生懸命なやつは、利用される

以前は公立の中学校で体育教師をしていました。辞めたのが33歳の時だから、10年ほどやったのかな。

傍から見ると、公務員だから将来も安定しているように見えるでしょう? でもね、実際はそうでもないんですよ。

給料とか出世は年功序列で決まっているから、歳を取ってだんだんうまいこと働けなくなる人も出てくるんです。それに、一生懸命頑張ってる先生って、子供からは信頼されるけど、職場では煙たがられたり、利用されたりで……。

たとえばやんちゃな子でもね、ちゃんと向き合って話を聞いてあげたりすれば、たいてい分かってくれる子ばっかりなんですよ。根気良く指導を続けていれば、子供も懐いてくるんです。

でもそれを見ている周りの先生方は、“面倒な子はこいつに任せればいい”みたいな感じになって来るんですね。次第に自分ばかりに負担が乗るようになって、持たなくなってしまった。

まあ、もともと教職を熱望してなったわけじゃなかったし、ちょうど10年という節目でもありました。プライベートでも離婚があったりで「こんなヒドい環境でやってられるか」と思って、辞めてしまったんです。

衣・食・住そして仕事。ここにはすべてがあった

教師を辞めた後は、知人の事業を手伝っていました。そこでそれなりに長くがんばったんですけど、最後はちょっと色々あって辞めて……。

当時働いていた福井から、大阪まで出ました。もうほんとの無一文ですよ。信じられないでしょうけど、大阪までは友だちから自転車を借りたり、歩いたりして辿り着いて。そうですね、今思うと、僕もどういうつもりだったのかなという気はしますね(笑)。

でもね、大阪まで来たところで、住むところもお金もないじゃないですか。「どうしよう」ってなった時に、知り合いのキャバクラのオーナーに、声を掛けていただいたんです。

「ちょうど今、すごく面倒見のいい社長さんが来てるから、話してみる?」

そこで紹介されたのが、今の社長。忘れもしません。その時にね、はじめ社長何にも言わないんですよ。黙って僕の顔を見つめるだけ。やがておもむろに千円くれたんです。

「とりあえずお風呂入っといで」

言われるままに近所で入ってきて、戻ったら今度は、テーブルにカツ丼が置いてありました。

「食べてなかったでしょう。ゆっくり噛んで」

食べ終わったら最後に「動けるか。働けるか」って聞いてくださって。うなずいたら「4時からやってみよう」って……。

このお店に連れてきていただいたんです。「とりあえず住む部屋が決まるまで、奥の待機室で寝ていいから」って、着るものもぜんぶ用意してくださいました。

ありがたい? ありがたいじゃ足りないかな。衣・食・住そして仕事をいただいて、僕が思ったのはたった1つのことです。

「この人を裏切っちゃいけない」

ここで恩返ししないで、いつするんだという感じですよ。あの日あの時の出会いが、今の僕の、仕事に対するモチベーションです。

「大事にしてあげなきゃ」女の子に対する感覚は、妹、娘

この仕事を始めて半年ですけど、業務に対しては特に抵抗もなく、わりとスムーズに入っていけました。でも女の子の管理、やり取りとなってくると、戸惑いがありましたね。男社会で生きて来たんで、女の子と接するのが、めっちゃ苦手だったんです。

とりあえず心がけたのは、LINEで大事なことは“ゼッタイに”伝えないということ。女の子同士で繋がりがあると「私にはこう言ったのに」「あの子には違うこと言ってる」という感じで、信頼関係が崩れちゃうんですよ。

もちろん1人ひとりに合った言い方とか、偏りがないようにというのはあります。それもあってこそ、“直接電話で話す”“会う”ということが大切になってくるんですね。

とにかくみんないい子たちなんですよ。平均年齢は27、8歳で、妹みたいな感覚がある。自分の娘くらいの歳の子もいるんで「気持ち良く働かせてあげなきゃ」っていうのは、すごくありますよね。自分が対面から逃げて、彼女たちに不安をつくっちゃいけないんです。

パネルが多ければ、電話の鳴りは良い。じゃあどうする?

女の子たちは男性と個室での接客になるわけだから、万が一何かあった時は、すぐに駆けつけたり、対応できるようにしてあげたいですよね。お客さんを付けるのも仕事ですけど、逆に盾になって守ってあげるのも、フロントの仕事だと思っています。

先生みたい?(笑) とんでもない。最初はいっぱい失敗してますから。新しく入ってきた子に対して、お客さんを付けてあげられなかったことが続いて、辞めていった子も何人かいたんです。収入を得たいと思ってここを選んでくれたのに、応えてあげられなかった。

自分は早番で、もともと朝は電話の鳴りが少なかったっていうのもありますけど、そうも言ってられない。女の子たちに何とか出勤してくれるように頼みました。単純にパネルが多ければ多いほど、電話の鳴りって良いんですよ。

とにかく話して、信頼関係を築いてというのを繰り返して。今は朝でも、1人平均2本3本と付けて上げられることが多くなりました。そう、増えたんですよ出勤。ありがたいことに、僕が朝いると安心してくれるみたいで……。

「木原さん朝いるよね?」っていうのが最高に嬉しくて。もう毎日出ちゃおうかなって(笑)。

必要なのは、女の子たちのやりがい。当面は現場で良い

今思うのは、もちろんお金を稼ぎたいっていうのもありますけど、それよりも“社長に認めてもらえるように”ですね。やっぱり「こいつ雇って良かった」って、思ってほしいもんです。

そのために今僕ができるのは、女の子に働きやすい環境をつくること。女の子自身が、ここで仕事をして“稼げる”ということに、やりがいや充実感を見出してくれたらと思っています。

さっきも少し触れましたけど、出勤数が増えれば、自ずと電話が鳴る。必然的にお店の売上も上がるんですよね。そして僕らフロントスタッフの対応が良ければ、待つお客様の気分も上がるはずだし、女の子はお仕事しやすい。結果リピーターに繋がって、今があると思うんです。

だから当面は現場で良い。いつかはバーとか経営したいなっていうのはあるんですけど……その時は新海さんがインタビューに来てくれます?(笑) 良いですね。何年も何年も後でしょうけど、また『VOICE』に載ったら嬉しいな(笑)。

(インタビュー:新海亨)

取材後記

藤野 りさ

執筆者

藤野 りさ

教師から風俗へと、大きく人生の舵を切った木原さん。第一に女の子の環境づくりを強調されたのは、やはり先生だったころのご経験が大きいのでしょう。朝、必ずいちばんにいてくれる優しい先生。そんな印象を受けた取材でした。このあとが、すごく気になりますよね? ぜひまた、続きを取材させてください。

プロフィール

NANDESU GROUP

木原柾

一般職(内勤・スタッフ)

(前職:中学校教員)

木原柾さんがハタラク会社はこちら

NANDESU GROUP

デリバリーヘルス(デリヘル)