先輩たちの等身大メッセージ
VOICE

ジンセイの紆余曲折を経て、なぜ彼らは風俗業界で働く選択をしたのか。
風俗業界への転職を選択した彼らのジンセイ再生の秘訣に迫ります。

カサブランカグループ(横浜)【総合職(店長・幹部候補)】村井航さんのインタビュー記事

カサブランカグループ(横浜)

2017年入社

村井航 (22歳)

総合職(店長・幹部候補)

前職:自衛官

2019.9.13

去ったのは、不真面目な人ばかり。“普通に”やれば、20代前半でも上に立てる

この記事のポイント!

  • 熟女店に、こんなにも需要が。20歳の自分には驚きだった
  • 半年で横浜店の立ち上げを任される。“コツコツ”を信じた日々
  • 女性とのコミュニケーションは、それぞれの“キャラ”で解決

ニートだった自分。「これではいけない」と、19歳で自衛隊に

高校を中退してから、19歳で自衛官になるまで、僕はずっとニートでした。

小さい頃は野球をやっていて、けっこう本気でプロを目指していたんです。高校も甲子園の常連校に入って、スタメンにもなって、そこまでは良かったんですよね。

ところが24時間野球漬け。すべてを費やしている中で、周りの同年代が普通に遊んでいるのが見える。その姿がすごく羨ましく思えちゃったんですよ。同時に野球に対する情熱もどんどん冷めていって、学校も辞めるしかなくなって……。

そんな中で、最初にも言いましたけど、「そろそろ真面目に仕事しよう」と、自衛隊を受けたんですね。他の選択肢も考えられたんですが、一番“カタい”というか、ちゃんとしているっていうイメージが僕にはあって、入隊を決めたんです。

ただ、お金が良くなかったですね。手取りで19万円くらいで、そこにボーナスが乗っても、今と比べれば全然。1年で辞めちゃいました。

そこで「次の仕事どうしよう?」と考えた時に、「風俗って給料良さそうだよな。やってみようかな」って。それぐらいのノリで、この業界に来たんです。

熟女店に、こんなにも需要が。20歳の自分には驚きだった

当時は奈良県にいたんですが、デリバリーヘルス自体が盛り上がっていない感じで、お店自体が少なかったですね。なので「京都を見てみよう」と。探す中で『カサブランカグループ』とのご縁を頂き、京都店に配属されました。

入ってから、色々と驚きました。まず、反社会勢力がやっていない。コワいお兄さんなんかいない(笑)。

その頃は僕も何も知らなくて、勝手にコワいイメージを持っていたんですね。入ってみたらめっちゃ普通の会社で……。

あと、コンセプトにも驚きました。

「五十路マダム? うそやろ?」

最初はそう思っていたんです。20歳の自分は何も知らなかったんで、風俗って若くて綺麗でエッチがうまい人が来るところだと、思い込んでいたんですよ(笑)。

衝撃でしたし、しかもすごく忙しかったんで、その需要の多さにもびっくりしました。

半年で横浜店の立ち上げを任される。“コツコツ”を信じた日々

京都店で半年働いて、そのときは何も役職に付いていなかったんですけど、「横浜に新しくお店を出すから、店長やってくれ」って、突然言われたんですよ。

嬉しかったですね。僕の頑張りを、上が認めてくださって……。

ウチは全国にグループ店があるんですけど、ここは首都圏進出に向けての旗艦店という位置づけなので、そこを立ち上げさせてもらったということに、責任も感じました。

関東は風俗店の数が多いでしょう? その分ターゲットのお客様を掴みにくくて、軌道に乗るまでには時間が掛かりましたよ。

特に戦略はなかったんです。とにかく毎日コツコツ課題をクリアしていくだけ。

「全然稼げないじゃない!」

最初の頃は、よく在籍の女性にも怒られました。もうずっと謝るだけです。「ごめんない! 何とかまた、明日も来てください。よろしくお願いします」って。

戦略がないとは言っても、何となく仕事をしていたわけではないんです。ウチにはノウハウもありますから。

逆に言うと、飛躍的に売上を上げる方法なんてないんですよ。とにかく地道に、辛抱強くがいちばん大事なんです。だから女性にも、そこを強調しました。

関西と関東で、女性の好みってそんなに変わりますか? 関東の女性は性格が悪いですか?

そんなはずはないですよね。僕らは関西で成功しています。同じことを続ければ、必ず女性にも満足いく結果を示せるし、事実そうなってきています。

女性とのコミュニケーションは、それぞれの“キャラ”で解決

辞めたいとか、ツラいと思ったこと? 僕は一度もないんです。

僕、自衛官を経験しているから、何をやっても“ラク”だと感じちゃうんですよ(笑)。自衛官の時は体使って24時間労働だったんで、それに比べると、「こんなにラクしてこんなに稼げるのか」って感じてしまう。

ただ、悩んだことはありますね。女性とのコミュニケーションとか。やっぱり女性の中には、遅刻が続く方もいたりします。でもそれをまさか自衛隊式に叱るわけにはいきません(笑)。彼女たちに「出勤したいな」って、思っていただくのが大切なんです。

女性のおかげでお給料が入ってくるわけなんで、遅刻をたしなめつつ、モチベーションも上げつつ、ケアをしていく……。僕の場合は、20代前半という年齢を武器にして、常に下からお願いするようにしています。年の離れた彼女たちに、甘えキャラで可愛がっていただいて(笑)。

これって、人それぞれで良いと思うんです。マジメな人はマジメを売りに、おもしろい人はおもしろさを武器に、気遣い上手の方は細やかな気遣いで、彼女たちの信頼を勝ち得て行けば良いのかなと。

最後はやっぱり正解はないんで、コツコツと。それしかないと思っています。

普通にやれば普通に稼げる。しかも、上にだって行けてしまう

今まで年上の女性ばかりが相手だったので、若い女の子のお店も経験してみたいですね。広島にはあるんですけど、首都圏でもブランドを出せるなら、ぜひやりたいです。

目下の目標は1か月で売上2千万円。達成には、出勤人数をもう一踏ん張りですね。店長としての課題です。

まあでも、この業界で稼ぐのは難しくはないですよ。

「普通にやっていけば普通にもらえる」

僕はつくづくそれを感じています。入ってすぐ飛んじゃう人も見ましたけど、そういう人たちって、初日の仕事から「あ、テキトーだな」と思うことが多かったですよ。何事にもなあなあでした。

逆に真面目でやる気さえあれば、稼げます。上に行けます。ゼッタイって付けたいぐらいです(笑)。

僕も未経験者で、“普通に”やっていただけですから。それが認められて、今この立場にいるんです。“しっかり仕事をこなす”。ただそれだけで頭一つ上に出てられて、稼げる……。

こんな良い仕事、僕は他に想像できないです。

(インタビュー:徳山央樹)

取材後記

藤野 りさ

執筆者

藤野 りさ

「普通にコツコツややりさえすれば良い」と、何度も繰り返した村井さん。でも地道にやっていくことって、決して簡単ではないですよね。忍耐強さだって求められるはず。プロを目指して野球をしてきたご経験が、今の村井さんのベースになっているのかもしれません。“継続は力なり”。藤野もまた今日から、コツコツがんばります!

プロフィール

カサブランカグループ(横浜)

村井航

総合職(店長・幹部候補)

(前職:自衛官)

村井航さんがハタラク会社はこちら