代表が巨大イベントに込めた想いとは? ~ハピネスグループ「H1グランプリ2017」取材ルポ

2018年04月13日

by藤原 リョウコ藤原 リョウコ編集者

――吉原・五反田・池袋・水戸・中洲に展開する大手ソープランドグループ、ハピネスグループ。そのグループの中から、No.1キャストを決めるファン参加型投票イベント「H1グランプリ2017」(以下、H1GP)が、2018年3月某日、都内某所にて開催されました。

H1GPは、『ハピネスグループ』が主催・運営するキャスト・お客様参加型の巨大投票イベント。グループ全8店舗、エントリーキャスト総勢872名の中から、指名、アクセス、勤怠、写メ日記、接客などを総合し、グループに最も貢献しているキャストに、グランプリ賞金100万円が贈られます。各賞の賞金総額はなんと1000万円!

審査にはネットを使ったファン投票も加味され、期間中どれだけ多くの方にアピールできたか重要なポイントになります。今回のWEB投票期間:2017/12/11~2018/1/12の間には、エントリーキャストに対して総投票数5万4,400票もの投票がありました。

なぜこのような巨大イベントを毎年開催するようになったのか。

以前「私のリレキショ」でも登場いただいた、代表・小山さんがイベント開催に込められた真意に迫り、当日の熱気ある会場の模様をお届けします。

総勢872名の中からグランプリの栄冠に輝くキャストが決定!

授与式の各テーブルは、各地域の店舗ごとに分けられ、エントリーキャストの中から約60名の方々が来場。華やかなパーティードレスに身を包み、会場はまるで結婚式場のような華やかさ。

MCには、著名なお笑い芸人やマジシャンが登場。楽しいサプライズ演出や、正解者には賞金100万円が当たる参加型のクイズなどもあり、多くのキャストさんから「また参加したい」「楽しかった」と大好評でした。


▲男性スタッフの年齢を当てるクイズもありました。Fenixzine取材陣は惜しくも残り一問不正解で賞金ゲットならず……。

技能の秘訣はテクニックだけではなく、気持ちが大切

授賞式では、本指名賞、新人賞、勤怠賞、写メ日記賞、技能賞、ファンレター賞など、10項目の賞ごとに受賞者が発表され、その中から賞ごとの最優秀賞が決定。最優秀賞には、賞金30万円が贈られます。

イベント期間中に講習を受けた人の中から、3名が選出される技能賞では、ハピネス東京五反田店の怜さんが最優秀賞を受賞。普段マネジメントや接客指導を行う女性スタッフのアドバイザー・佐々木さんからは、講習を受けたキャストさんに向けた感動的なお手紙の披露もありました。

佐々木さんには、今回の審査ポイントと講習の際に心がけていることをお伺いしました。

アドバイザー・佐々木さんコメント

受賞ポイントは、みんなの技を見ての判断となりました。やはり自分から上手くなりたいという人は習得する力が早くて、この前教えたことがすぐ出来ているので感動しました。

テクニックが上達するのに大切なのは、気持ちです。“おもてなし”じゃないですけど、お客さんのことを考えられれば、相手に気持ちが伝わります。

エントリーされた皆さんも、緊張で力を発揮できなかった方、短期間ですごく上達された方もいらっしゃって、審査は悩みました。でも、アドバイザー一同、みなさんががんばっている姿はちゃんと見ています。これからも一緒に成長していきましょう。

改めて受賞おめでとうございます。

――授与式の間、佐々木さんとは同じテーブルで取材させていただいていました。その際、Fenixzine取材陣の分まで食事を取り分けていただいたり、終始お気遣いいただいて、まさに技能とは、テクニックだけでなく日ごろのおもてなしから身につくことを体感しました。

グランプリ発表! お客様を魅了する人当たりのよさ

各受賞の発表が終わり、会場のボルテージも最高潮! ついにグランプリの発表となります。

今回見事H1GP2017に輝いたのは、キャストさんのプロフィールページへのアクセス数を競った“アクセス賞”、ファン投票による“WEB投票賞”でも最優秀賞を獲得した、ハピネス福岡・しょうさんが受賞しました。

しょうさんには、グランプリ獲得の気持ちと接客時に何を意識されたのかをお伺いしました。

ハピネス福岡・しょうさんコメント

お客様の応援のおかげで、受賞できて嬉しいです。今年もがんばります!

接客で気をつけていることは、自分もお客様と一緒に楽しい時間を過ごせるようにしていることです。エントリー期間中は週3~5日出勤していたのですが、最初は自分なんかが受賞できるとは全然思っていなかったです。でも受賞できて、本当に信じられないです。

普段は他のキャストの方には殆どお会いしないのですが、福岡のテーブルは話しやすい方や明るい方が多くて、人見知りの私もとても楽しかったです。

――インタビューを通じた短い時間でしたが、しょうさんは可愛らしい見た目だけではなく、謙虚な性格でふとした心遣いや話し方がとても魅力的。初対面でも話しやすく、お客様から支持される人気キャストだというのが伝わってきました。

キャスト総選挙! スタッフからの感謝の気持ちがイベント開催に繋がった

授与式の最後には、小山代表からの挨拶がありました。なぜ、このようなイベントを開催しようと思ったのか、その秘話が語られました。

ハピネスグループ代表・小山さん

本日は皆様受賞おめでとうございます。私はこの仕事を始めて、今年で17年目になります。思い出はたくさんあるのですが、その中でも特に忘れられない日があります。

それは、私が初めてフロントに座った日のことです。フロントでは時間やお金の管理もしますので、とても大切なポジションになるのですが、どのキャストさんも「頑張ってくださいね」と、凄く優しく接してくれたんです。

私が仕事に不慣れな中、キャストさんたちは一つ一つ、「この時間が被っているから、こうしないとダメですよ」と教えてくださって。

今でもそうなんですけど、私に仕事を教えてきてくれたのは今まで出会ってきた方も含め、すべてのキャストさんだと毎日思っています。この事は、一緒に働いているスタッフにも伝えているつもりです。

ただ、自分も仕事に一生懸命でしたから、じっくりとお礼を伝える機会がほとんどなかったんですね。

今も店舗を転々としていますので、なかなかゆっくりお話する機会がないんですが、キャストさんに対しては、自分が出来る限りのことは何でもしたいと思っています。

これからも今までの17年間分を恩返ししたいと思っています。感謝というのはなかなか形にしづらいのですが、年に一度H1GPという形で、少しでも皆さんがよかったな、楽しいなと思ってもらいたいと、このような回を催しています。

今日もみなさんの笑顔が見られて嬉しかったです。ありがとうございました。

――スピーチの後は、3月7日に福岡エリア二号店がオープン、さらに4月1日から池袋にも新店舗がオープンとの発表がありました。

代表自らが、キャストさんへの感謝を率先して伝える大々的なイベント。以前「VOICE」でも登場いただいた、スタッフの近藤さんを始めとする従業員一同の働く姿を目の当たりにし、改めてスタッフからキャストさんへの感謝の気持ちと互いの信頼関係を強く感じました。

そして、小山さんの想いがグループ全体に浸透しているからこそ、大手ながら今も成長を続けられる強さの理由だと体感したイベントでした。

執筆者プロフィール

藤原 リョウコ

藤原 リョウコ編集者記事一覧

元ゲーム雑誌編集者。生粋のオタク気質を活かしてエンタメ系ライターとして活動する中、趣味で日本語ラップにどハマり。HIPHOP精神あふれる風俗業界で働く男たちの姿を知り、FENIXJOB編集部へ。趣味はスニーカー集めとBリーグ観戦。

このエントリーをはてなブックマークに追加

連携NPOのご紹介

  • Fenixzineの記事 「セックスワークサミット行ってみた!」~SWSを作る人たち(前編)~
  • Fenixzineの記事 どMな風俗業界1年生が学ぶ法律講座 ~デリヘルを起業する時に知っておくべき法律~

一般社団法人ホワイトハンズ様

  • Fenixzineの記事 「前職は風俗店スタッフ! なぜNPO代表は風俗と出会ったのか」 ~一般社団法人GrowAsPeople代表理事・角間惇一郎さん#1~

一般社団法人GrowAsPeople様