風俗男性求人はFENIX JOB

先輩たちの等身大メッセージ
VOICE

ジンセイの紆余曲折を経て、なぜ彼らは風俗業界で働く選択をしたのか。
風俗業界への転職を選択した彼らのジンセイ再生の秘訣に迫ります。

奥様鉄道69 FC東京店【総合職(店長・幹部候補)】岡本心平さんのインタビュー記事

奥様鉄道69 FC東京店

20014年入社

岡本心平 (37歳)

総合職(店長・幹部候補)

前職:ホスト

2020.7.28

12時間労働を8時間労働に。“ラクをしたい”からこそメリットを示し、今や部長に

この記事のポイント!

  • “駅待ち合わせ型”という強み。経費だって、少なくて済む
  • 「これって無駄じゃないのか?」 他部署で得た“気づき”
  • これまでよりも、“今”。仕事と結果で、お金は付いてくる

飲み屋でバイト。大学卒業後はホスト。30歳まではフラフラ

ここに入るまで、ですか(笑)。困ったな。けっこうフラフラしてたんですよ。

地元の岡山県を離れて、山口県の大学に入って……。学費も部屋代も自分の稼ぎから出していたんですが、バイトが楽しくなっちゃったんですね。飲み屋さんで働きながら、毎日自分も酔っぱらっているような感じでした。

そのままろくに就職活動もしないで、25、6歳の頃には岡山県に戻ったんです。それからはずっとホスト。女の子と話すのもお酒を飲むのも大好きだったので、そのまま6年かな? 正直楽しく働いていたんですよ。

ただ30歳になって、考えちゃったんですよね。「いいのかな?」って。あっという間に20代は過ぎて、このままおもしろおかしく40代50代になれるのかなと思うと、やっぱり不安がよぎりました。

『奥様鉄道』との出会い。偏見は、あるはずがなかった

ところが岡山で高い収入をとなると、なかなか思い通りの会社には巡り合えなくて……。やっとという感じで、ここ『株式会社 Aims Japan』に出会いました。当時から岡山市を拠点に、『奥様鉄道69』のフランチャイズ店舗を幾つか運営していたんです。

社長がすごく親身になってくれたのを覚えています。「風俗店だけど、いいのか?」という感じ(笑)。

いいも何も僕はホストでしたからね。クラブにはキャストの方達もよく飲みに来てくれていました。逆に言うと、業界への偏見みたいなものは、僕にはなかったんです。

“駅待ち合わせ型”という強み。経費だって、少なくて済む

むしろ“正社員”とか“決まったお給料”というのが、働き始めた時は嬉しかったですね。考えてみると、僕は大学卒業後、31歳にして初めて、株式会社でサラリーマンをしていたわけですよね。そのことがすごく新鮮でした。

最初は広島に配属されて、半年もしたら岡山市に戻されたのかな? 実は僕、店舗のスタッフ自体は1年ぐらいしか経験しなかったんですよ。こういう言い方はあれですけど、すぐに出世できました。

デリバリーヘルスの仕事って、決して難しくはないんですね。Webサイトを更新して電話を取って、きちんとオフィスの掃除をして、キャストさんのシフトを管理して面接をして……。

それに皆さんご存知かどうか、『奥様鉄道』は“駅待ち合わせ型”のデリヘルなんですね。送迎ドライバーとしての業務がほとんどないんです。

配車の指示もいらないし、道を覚えなくても良い。ガソリン代は掛からないし、ドライバーさんの人件費も計算しなくて良いんです。当然その分、覚えることが少なくて済んだわけです。

欠勤に対して「何で?!」 それで信頼関係が築けるか

確かに他のスタッフを見ていると、キャストさんとのコミュニケーションのところで、つまずいている方はいました。ただ僕が元ホストだから得意だったということではなくて、そういう方は皆さん、あまり人の話を聞きませんね(笑)。

キャストさんが相談して来たら、さえぎって自分の意見を言っちゃう。欠勤のお願いをして来たら、理由を聞く前に「何で?!」って返しちゃったりですね。これでは信頼関係は築けないですよ。自分のことだけ、目先の利益のことだけというのが、相手に伝わっちゃいますから。

「まず聞こう。受け止めよう」

こう心掛けるだけで、かなり仕事はしやすくなるはずなんです。

「これって無駄じゃないのか?」 他部署で得た“気づき”

店舗スタッフの後で配属されたのは、Web管理の部署でした。これが自分でも驚くほど勉強になって。

本部から降りて来たシステムを効率的に運営したり、Webの利用状況を解析する仕事なんですが、それまではWordとExcelぐらいしか使えなかったですから、まず単純におもしろかったんです。

またそこにいると、支出入の流れ、人の動きも見えるんですね。

「これは無駄じゃないか?」
「ここはコストカットできるな」

というのがたくさん見えて……。

おかげで収入が増えるだけではなくて、“支出を抑える”という意味でも、利益を上げることができたんです。そこで認められて、今では僕、部長です(笑)。

稼ぎたいと言うより、ラクしたい。12時間労働なんて、イヤだ

こう言うと「すっごいギラギラしてたんだろう」とか、「よっぽど稼ぎたかったんだろう」と思われるかもしれないんですけど、そうでもないんですよ。お金は後から付いてきた感じなんです。

もっと言うと僕、「ラクしたかった」っていうのもあるんですよね。例えば僕が入った当時はここ、1日12時間労働だったんです。「こんなに働く必要あるのかな?」って、ずっと疑問で……。

それでWeb管理の部署に配属された時に、人の動きやお金の流れを見たら、案の定そんなにいる必要ないんですよ。で僕、社長に言ったんです。

「1日8時間労働にしませんか?」

相手に要求を飲ませたいなら、根拠と“メリット”を示すこと

こういう時に大切なのは、言い方です。もし僕が、

「12時間も働きたくないっすよ」

と言ったら、社長だけではなくて、先輩だって話を聞いてくれないです(笑)。必要なのは“根拠”なんですよね。

「この時間帯は1人でも回せます」とか、「シフトを上手に組めばピーク時に人を多く、そうでもない時間帯は少人数でというやり方ができます」というのを、書面やデータで示すんです。

12時間が8時間になれば、人件費も光熱費も変わってきます。そこをコストカットできれば、社の利益にだってなるし、みんなのお給料だって逆に上げられるかもしれない。それにメリハリを付けて仕事をした方が、だらだら働くより効率だって良いんです。

きちんと説明すれば上は、少なくともここの社長はわかってくれました。返って褒められたぐらいなんです(笑)。

これまでよりも、“今”。仕事と結果で、お金は付いてくる

今は『FC東京店』を成功させるのに夢中です。『奥様鉄道』はおかげさまで固定ファンが多いですから、人手が足りなくて……。ぜひたくさんの方に応募してほしいですね。

振り返ると、まだ僕入社して6年ですよ。30歳まではホストでフラフラしていたんです。それが部長として今、何店舗も見ている。人生って、わからないなと思います。

もちろん自分なりに努力はしましたけど、目の前のことをコツコツ、そして常に“考えて仕事をした”というだけなんですよね。それこそ休みなく頑張ったなんてことはないし、ツラい苦しいという日々でもありませんでした。

僕が特別だなんて、全然思いません。考えて頑張れる人って、世の中にたくさんいると思うんですよ。

大事なのは過去じゃなくて、今なんじゃないかなって。やる気になれば、その時にもう人って変われる。変わっている。僕自身を振り返って、そう思うんです。

取材後記

松坂 治良

執筆者

松坂 治良

“ラクをしたい”なら、効率の良い方法を考える。キャストさんに話を聞いてもらえないなら、嘆くのではなく“なぜ?”と考えてみればいい……。

「そんな大したモンじゃないんです」と言いながら、岡本さんのお話と“仕事”の背後には、常に理由がありました。「なんとなく働いてたらダメなんだよな」と、あらためて自分も反省した取材でした。

プロフィール

奥様鉄道69 FC東京店

岡本心平

総合職(店長・幹部候補)

(前職:ホスト)

岡本心平さんがハタラク会社はこちら

奥様鉄道69 FC東京店

デリバリーヘルス(デリヘル)

記事の岡本心平さんがハタラク会社はこちら

チャレンジ精神と、ブランド力。成長には「ワケ」があります。【社会保険完備・実働8時間】*昇給随時*日払可*寮完備*賞与有
企業名 奥様鉄道69 FC東京店
業種 デリバリーヘルス(デリヘル)
事業内容 無店舗型風俗店(デリバリーヘルス)の企画、運営。