風俗男性求人はFENIX JOB

先輩たちの等身大メッセージ
VOICE

ジンセイの紆余曲折を経て、なぜ彼らは風俗業界で働く選択をしたのか。
風俗業界への転職を選択した彼らのジンセイ再生の秘訣に迫ります。

HOLY SPA(ホーリースパ)【総合職(店長・幹部候補)】柏木祐介さんのインタビュー記事

HOLY SPA(ホーリースパ)

2019年入社

柏木祐介 (37歳)

総合職(店長・幹部候補)

前職:IT企画営業

2021.1.28

“癒し”はもはや、差別化にならない。一般メンズエステ業界で、勝つための戦略とは

この記事のポイント!

  • 一般メンズエステこそ、IT運用の知識を活かせる。自ら店長に
  • 活きたスキルが身に付く喜び。セラピストさんから学ぶことも
  • 昇給の査定は毎月。業績には歩合給。何より業務に“ムダ”がない

“携帯電話好き”が高じてIT企業に。日々は充実していたが……

僕、学生時代から携帯電話が好きだったんですね。当時“ガラケー”はカメラが付き始めた頃で、どんどん画質が良くなったり、色んな機能が付いたりで、おもしろかったんです。興味のままに卒業後、携帯ショップに就職したぐらいでした(笑)。

5年勤めるうちに、今度は“コンテンツ”に関心が移りました。お客様へのご説明のために、当時NTTドコモが展開していた“i モード”サービスの勉強もするわけですけど、自分が企画を出せたら楽しいだろうなって……。

ご縁を得て、Web制作会社に入ってIT企画営業の仕事をしました。携帯電話会社と組んで、有料コンテンツの立ち上げや運営を行うんです。月額の課金サービスですね。

例えば“占い”なんかでも、今ではありきたりに感じるでしょうけど、当時はまだちゃんとしたコンテンツがなくて。企画を考えれば当たるという感じで、日々充実していました。

なので8年かな? スマートフォンの時代に変わっても同じ会社にいたんですが、給与は増えないし、何と言うか、会社自体の雰囲気もゆるくて、頑張りがいがなくなっちゃったんですね。であれば、培ったITの知識を、どこか別のフィールドで活かせないかと思って、退社を決めたんです。

一般メンズエステこそ、IT運用の知識を活かせる。自ら店長に

こちらの会社に転職して、ちょうど1年ぐらいした頃ですかね。一般メンズエステを立ち上げると聞かされて……。

「IT企業としてのスキルとノウハウを、フルに活かした店舗展開をするつもりなんだ」

メンエスを利用したことはあったので、IT運用の知識が集客を左右するのは、僕自身も予想ができました。もう「これこそチャンスだ!」と(笑)。まさに前職で学んだことが、役に立つと感じたんです。

「僕に店長やらせてください」

とは言え出だしは苦労しました(笑)。やはりコンテンツと“人が行うサービス”では、勝手が違います。2か月目までは、なかなか立てた売上目標に届きませんでした。

ただウチもIT企業ですから、社として“集客はこうすれば”というものはあったんですね。

まずTwitter。メンズエステ業界はお客様の側もアカウントを持ち、セラピストさんにツイートやDMでアプローチをしてくるので、重要なツールです。なのでまず1人ひとりのセラピストさんに、“お仕事として呟いてもらう”ということを徹底しました。

他にも、企業秘密のため、ここでは詳しく言えないのですが、独自のIT戦略が功を奏したんですね。徐々にお客様からの認知度を上げることができて……。

ところが問題はここからなんです。“認知⇒リピート”とするためには、“差別化”が必要なんですね。

“癒し”では、もはや差別化にならない。勝つための戦略とは

ご承知のように、メンズエステというのは、風俗のような性的サービスがありません。身体的な密着やマッサージによる“心地良さ”がウリです。だからどこのお店も、“癒し”とか“くつろぎ”とか“なごみ”と使うでしょう。

でも裏を返すと、これってどこも同じということですよね(笑)。そりゃキレイなお姉さんがハグしてくれたら、誰だって癒されます。もう前提みたいなもので、これだけでは“足りない”んですね。

そこで『ホーリースパ』が取った戦略は“技術”でした。

セラピストさんには、外部の講師にお願いして、しっかり施術と接客を学んでいただきます。歴史の浅いメンズエステには“こうしなければならない”という決まりがあるわけじゃないですよね。だからこそ、“プロ”の技とおもてなしを感じていただくことが、何よりの“差別化”に繋がると考えたんです。

「あそこレベル高いよ」

おかげさまでリピーター様が増えて口コミも広がり、お店を成長軌道に乗せることができました。人気が出てからは、むしろ予想以上の集客なんです。

活きたスキルが身に付く喜び。セラピストさんから学ぶことも

仕事について言えば、ツラいより楽しい思いの方が強いですね。持っていたWebの知識は確かに役に立ちましたけど、Twitterにしろ新しい方策にしろ、会社に入って新たに学ぶことも多かった。時代に合った“活きた”スキルを身に付けられる喜びがあるんです。

そして学べるのはITだけじゃないですよ。例えば先日僕、セラピストさんに怒られちゃって(笑)。

「柏木さん」
「はい」
「歩くの速いよ!」

もともと僕は速足ではあるんですが、そのセラピストさんは高いヒールを履いていたんですね。先を行く僕に追いつくのが大変だったみたいで。ついそこまで考えが及ばなくて……。

講習まで受けてもらって、“おもてなし”として高いものを求めているのに、その僕らが彼女達に気を使えないようではダメですよね。一事が万事。もっと周りを見ないとと、反省しました。

昇給の査定は毎月。業績には歩合給。何より業務に“ムダ”がない

ウチでは方針として、“やる気”をすごく買ってくれます。メンエスプロジェクトを立ち上げて、自分がすぐに店長に抜擢されたのを見ても、それはわかりますよね。

昇給の査定も毎月あるし、業績で歩合給もあります。かつていた企業では、幾ら企画を当てても全然給与に反映されませんでした。その意味でも、とてもやりがいのある環境だと思います。

僕には「いつか独立して自分の会社を持ちたい」という夢もあるんですが、そこも応援してくれています。「出資してやるから、きちんとした企画書を出せ」と言われているぐらい(笑)。もちろん『ホーリースパ』をもっともっと大きくしてからですけどね。全国展開したいと思ってますから。

でもいずれにしろ、いつか自分で起業したとしても、今自分が学んでいることは役に立つ。ムダなことはない。そう感じながら働けるのって、嬉しいですよ。

取材後記

松坂 治良

執筆者

松坂 治良

お話を伺っていて、Webを駆使した集客対策もそうですが、まず“差別化”のためのコンセプトが、事業には大切なのだと感じました。“両輪”があるからこその、お店の成功なのでしょう。「今携わっている業務に、無意味なことがない」。そう思える柏木さんに、羨ましさも感じた取材でした。

プロフィール

HOLY SPA(ホーリースパ)

柏木祐介

総合職(店長・幹部候補)

(前職:IT企画営業)

柏木祐介さんがハタラク会社はこちら

記事の柏木祐介さんがハタラク会社はこちら

IT企業の一般メンズエステ?! 「真面目」なビジネス運営で、業界を席巻!【月給中央値425,000円】*毎月昇給査定
企業名 HOLY SPA(ホーリースパ)
業種 一般エステ(メンズエステ)
事業内容 メンズエステ(非風俗の完全予約制プライベートサロン)の企画、運営

総合職(店長・幹部候補)のその他のVOICEはこちら