先輩たちの等身大メッセージ
VOICE

ジンセイの紆余曲折を経て、なぜ彼らは風俗業界で働く選択をしたのか。
風俗業界への転職を選択した彼らのジンセイ再生の秘訣に迫ります。

SELECTION【総合職(店長・幹部候補)】河口匠さんのインタビュー記事

SELECTION

2013年入社

河口匠 (28歳)

総合職(店長・幹部候補)

前職:国家公務員

2019.2.14

国家公務員から風俗店の店長に。駆け引きの面白さに取り憑かれ……

この記事のポイント!

  • 安定を求め国家公務員試験にパスするも、待っていたのは残業の日々
  • お試しで風俗店に入社。駆け引きや自身が成長できるところに面白さを見出す
  • スタッフへの高待遇は先行投資。いい職場がいい人材をつくる

高卒で営業職に就くも、安定を求めて公務員試験に挑む

高校を卒業して、オフィスの引っ越しの仲介営業をしていました。引っ越しを検討している会社から依頼を受けて、間に入り、一番効率のいい業者を選定するっていう仕事ですね。

未経験OKっていう文句に惹かれて入社しただけで、特にそういう仕事がしたかった訳ではないんですよ。

相手が何を求めているのかを察するのは得意だったので、営業自体は好きだったんですけど、会社が扱っている商品については……う~ん、魅力はなかったな(笑)。すぐ役職がもらえたので、仕事はできる方だったと思います。

ただ、土日も仕事でつぶれちゃうんですよね。当時、付き合っていた彼女と結婚を考えていたので、土日も休める仕事に転職を考えるようになりました。

そんな時、国家公務員をしている同級生と偶然会いまして。仕事についての愚痴をこぼしていたら、高卒でも公務員になれると聞いたんですね。

公務員っていったら、土日も休めて、安定しているっていうイメージじゃないですか。なので、公務員試験の勉強をはじめたんです。

もちろん仕事は忙しかったですよ。でも、それよりも安定を求めていたので、時間を無理やり作って勉強していました。けっこう頑張ったと思います(笑)。

努力の甲斐あって、21歳の頃に無事試験に合格して、公務員になりました。

安定と定時退社を求めて公務員になったが、現実は超激務

配属されたのは、内閣府っていう超お堅い部署でした。経済とか、GDPにまつわる諸々を行うところです。

公務員は全員が土日休み・定時退社だと思い込んでいたんですけど、部署によるんですよね。僕がいたところは超激務で、残業が当たり前の部署でした。

周りも超エリートで出世を狙う人ばかりで、僕みたいに安定を求めて来た人はいなかったです(笑)。

ここに勤めて初めて“30時”という概念を知りました(笑)。朝6時まで残業があるんですよ。

その3時間後の9時には出勤。そんな生活が4年も続いて、気がついたら身体的にも精神的にもボロボロになって……。

うつ病とまではいかないですけど、色んな意味で追い込まれてしまったんですね。とてもじゃないけど続けられる仕事ではないなと思って、退職することにしました。

それから2ヶ月くらいは何もできませんでしたね。朝起きて、テレビを見て、寝るだけの暮らしです。

そんな生活でもお金は必要な訳ですから、何かやらなきゃいけない。そんな時にふと浮かんだのが“風俗”だったんですよ。

『SELECTION』にした理由は、友人バレ防止の為でした

風俗は高収入だし、いい噂も悪い噂も聞くじゃないですか(笑)。実態はどうなのかなって。働いてみるのも面白そうだと感じたんです。合わなかったら辞めればいいと思っていましたし。

ただ、友人にバレたくないっていう気持ちがあったので、住んでいる場所から離れたお店に応募しました。それが『SELECTION』だったんです。

正直、お試しって感じで入社したんですけど、1週間も経たない内に「この仕事は面白いし、環境もいいな……」って思うようになりました。

どこがっていうと、どうすれば目の前のお客様をリピーターにできるかっていう駆け引きじゃないですかね。

どうお客様の好みを探って、合うキャストさんをマッチングさせるか。どういう提案方法だと、また来ていただけるか。そういうトライ&エラーが、風俗店スタッフの接客の、醍醐味だと思います。

あと、ウチはステップアップの条件が決まっているので、どこまで偉くなれるのかを、自分自身への挑戦のように楽しめたんです。

最初は収入に惹かれて入ったんですけど、今は自身の成長が楽しくて続けている感じですね。おかげさまで、今は店長の役職をいただいております。

長期的目線だと“効率”は最適解じゃない

仕事での大失敗もありますよ! もちろんあります(笑)。

効率しか求めていない時期があったんですよね。例えば、キャストさんの予約と予約の間が50分空いている。店としては回転を早くした方が儲かる訳ですから「10分で準備すればもっと早くいけるでしょ?」って感覚で、キャストさんにお願いしていました。

当時の店長に怒られてしまったんです。

「キャストさんが落ち着く時間も含めて、“考えて”予約を受けないとダメだろ!」って。

特に、新人のキャストさんに対してやっていい事ではないよって、諭されました。

回転率だけを見ていたらダメなんですよね。この仕事を通して、様々な考え方を学べていると思います。

風俗店の受付が券売機じゃない理由。それは……

風俗店の受付って、極端に言えば券売機を置いておくだけでも成り立つ業務なんです。その方が人件費も掛からない。

でも、実際どの店舗も人が受付をやっているってことは、機械にはできない接客を求められているんですよね。

それは、おもてなしの気持ちももちろんですけど、“付加価値”だと僕は思っています。あなたがお客様の対応をすることで、なにか付加価値があるか。ウチのスタッフには、それを考えてもらうように指導しています。

例えば、僕は表情や所作で、お客様が何を求めているか分かるんです。月間4,000人くらいのお客様を対応するわけですから、統計みたいな感じで「この動作をしたってことは……出勤している女の子は好みじゃないのかな? じゃあ、次の時間帯を薦めるか」みたいな。

その結果、充分満足することができて、再来店していただけるかもしれない。「河口のオススメなら間違いない」と思っていただけるかも知れない。

接客をルーティンでやっていたら、成長はないですよね。いかにルーティンにならないように、工夫して、優れた接客ができるか。そういうことを考えられるスタッフさんが欲しいですね。

『SELECTION』の待遇はかなりいいと思うんですよ。社会保険、寮、有給、ボーナス、無料の社員食堂なんかもあります。

なんでウチがこの待遇を用意しているかというと、先行投資なんですよね。

長く働いているスタッフっていうのは、それだけで価値のある存在です。色々なトラブルも経験してきてノウハウもあるし、店の知識も豊富ですから。

こういう方を増やすために、長く働きたくなるような待遇を用意しています。いいスタッフを作るには、いい職場からなんですよ。

適材適所という言葉がありますが、スタッフもそうだと思っています。あの業務は苦手だけど、この業務は人の数倍できるみたいな人もいますから。その人に合った指導をさせていただきます。

どんな人でも花が咲かせられるような、SELECTIONはそんな職場でありたいですね。

取材後記

徳山 央樹

執筆者

徳山 央樹

『SELECTION』の店内はとても明るく、フロントにはタブレットがあり、待合室はカウンタースタイルと、従来の風俗店とは一線を画す作りでした。理由を尋ねると「風俗店はエンターテインメントだから」とのこと。楽しいお店づくりがリピーター獲得にも繋がっているんですね。スタッフへの待遇は厚く、安心して働ける店舗だなと感じました。

プロフィール

SELECTION

河口匠

総合職(店長・幹部候補)

(前職:国家公務員)

河口匠さんがハタラク会社はこちら