風俗男性求人はFENIX JOB

先輩たちの等身大メッセージ
VOICE

ジンセイの紆余曲折を経て、なぜ彼らは風俗業界で働く選択をしたのか。
風俗業界への転職を選択した彼らのジンセイ再生の秘訣に迫ります。

バニークラブ【総合職(店長・幹部候補)】川邊大介さんのインタビュー記事

バニークラブ

2020年入社

川邊大介 (33歳)

総合職(店長・幹部候補)

前職:店長(飲食業)

2022.3.8

「責めるより“やる気”に」。マネジメントの力で、2年で店長。月給も60~70万円に

この記事のポイント!

  • 職場環境+出世の道筋。「ここなら頑張り甲斐がある」と思えた
  • マネジメントに力を入れ、スピード昇進。メンタルに気を配った
  • プライベート重視もOK。でも“結果は報われる”も、忘れないで

飲食店の月給は18万円。食べていけず、ドライバーを掛け持ち

今日はありがとうございます。お寒い中大宮までお越しいただいて。……ちょっと緊張しますね(笑)。

新卒の時は飲食業だったんですよ。都内の宅配寿司チェーンに就職ました。ところがこれが、びっくりするぐらい低い給与だったんですね。店長時代でさえ月18万円。子供も3人でしたし、とても食べていけないなと。

なので21:00に仕事が終わってから、デリヘルで送迎ドライバーをすることにしたんです。都内から大宮に戻って、そこから朝までアルバイトで週4という感じ。ほとんど眠らず、自分でもよくやっていたなと思います(笑)。

でもそんな生活だったので、妻とは擦れ違いの毎日になっちゃったんですね。やがて離婚して、何もかもイヤになっちゃって。本職もバイトも、全部辞めてしまったんです。

職場環境+出世の道筋。「ここなら頑張り甲斐がある」と思えた

とは言え養育費だってありますから、働かないとどうしようもない(笑)。またデリヘルで働き始めて、2年前に出会ったのが『バニークラブ』でした。

実はここでも最初は、ドライバーだけのつもりだったんです。いつかはまた飲食にでも勤めるつもりでした。ところが社長や当時の店長から、「内勤やってみない?」とお声掛けいただいて。

「一生懸命やってくれてるし。それにその方が給与だって上がるしさ」

どうしよう、と少し迷ったんですが、最終的にはお世話になることを決めました。それまでの半年で、「環境の良い職場だな」というのは強く感じていたんですね。

人同士の関係がフラットで、自分の意見だって言える。ちょっと生意気な言い方ですけど(笑)、何より社長に「結果には報いる」という思いが感じられました。「ここなら頑張り甲斐がある」と思えたんです。

マネジメントに力を入れ、スピード昇進。メンタルに気を配った

現に半年後には主任、更にその半年後には店長という形で、順調に出世できました。お話通り給与も上げていただいて……。

なぜそんなにすぐ結果を出せたのか?(笑) そこはもう必死だったんですよ。

何と言うか、「周りにバカにされたくない」という思いがあって。正直、ポストが空いていたから昇格した面もあったので、「たまたまだよ。本当は実力がない」と言われたら悔しいなと(笑)。

特に力を入れたのは、女の子のマネジメントです。やはり“女の子の出勤数=集客数”という傾向も強いので、とにかく「居心地が良いお店」と思ってもらうのが重要だなと。1人ひとりのメンタル面を大事にするようにしていました。

責めずに「もったいない」を伝える。やらされ仕事はつまらない

例えば『写メ日記』なんかでも、書かない女の子を怒ったり、「どうして?」と聞くのは違うんですよね。気持ちがマイナスに働いてしまって、「もう行きたくない」と感じさせてしまう。

じゃあどうすれば?となった時に、僕は「書かないともったいない」を伝えるようにしていました。

実際埼玉エリアは“ダミー店”も多いので、“写真だけ載せていて、本当はその子はいない”というケースも多いんですね。ウチでは当然そういうことはないんですが、それでも日記を書かないでいると、「こんな子いないんじゃ?」と誤解されてしまうんです。

「だってどんな写真上げたらいいか、わかんないんだもん」
「(笑)。それは僕らが教えるから大丈夫。例えば……」

ここまで話ができれば、後はほとんど心配いりません。稼ぎたいのは女の子だって一緒ですから、現実に1枚の写真でもご指名に結びつけば、「続けよう」と思ってくれるものなんです。

“責めるのではなく、やる気にさせる。楽しんでもらう”

これは女の子に限らず、スタッフについても同様だと思います。やらされるのって、おもしろくないじゃないですか(笑)。

プライベート重視もOK。でも“結果は報われる”も、忘れないで

だからというわけでもないんですが、ウチではスタッフの“働き方”にも耳を傾けるようにしています。「稼ぎよりもお休み」というスタッフには、柔軟に対応していきたいなと。僕自身20代で“擦れ違い離婚”を経験しているので、気持ちもわかりますしね(笑)。

ただ一方で、さっきも言ったように“頑張りは報われる職場なんだ”というのも、忘れずにいてほしいんです。

僕の場合で言えば、バイトの送迎ドライバーから始めて、今では店長として月に60~70万円はいただいています。しかもこれは手取りですからね。インセンティブがあるので、結果さえ出せば全然それぐらいの収入になるんです。

もちろん僕自身も、今後エリアマネージャーや代表クラスを目指して、月に100万円以上稼げるようになりたいなと。新店の計画は幾つもあるので、“現実にできる夢”だと感じています。

……まさかこんなことが言えるようになるとは、それこそ夢にも描きませんでしたけどね(笑)。その意味で、あの時内勤のお誘いを受けて良かったと思うし、機会をくれた社長にも、支えてくれているスタッフと女の子にも、感謝の気持ちでいっぱいです。

取材後記

松坂 治良

執筆者

松坂 治良

「寮は家賃も光熱費も無料です!」と川邊さん。入社前にご苦労がある分だけ、「若い子の力になりたい」という思いが強いようです。プライベート重視か、やっぱり“月100万円”というところを目指していくのか。選択肢が多い職場に、羨ましさを感じました。

プロフィール

バニークラブ

川邊大介

総合職(店長・幹部候補)

(前職:店長(飲食業))

川邊大介さんがハタラク会社はこちら

バニークラブ

デリバリーヘルス(デリヘル)