風俗男性求人はFENIX JOB

先輩たちの等身大メッセージ
VOICE

ジンセイの紆余曲折を経て、なぜ彼らは風俗業界で働く選択をしたのか。
風俗業界への転職を選択した彼らのジンセイ再生の秘訣に迫ります。

熟女家グループ【総合職(店長・幹部候補)】湯川ひろしさんのインタビュー記事

熟女家グループ

2008年入社

湯川ひろし (40歳)

総合職(店長・幹部候補)

前職:店舗スタッフ

2018.7.10

“暇で暇で”のお店が大人気のグループに。キーワードは“コンセプト力+リピート力”

この記事のポイント!

  • 50代のオバちゃんが寝てる! お店によって、風俗はこんなにも違う
  • あきらめる必要はない。“1人”指名があれば、可能性は必ず広げられる
  • コンセプトにブレないこと。新ブランドも必ず広げてみせる

18時間労働で、1か月休みなし。続けられなかった

どこから話せば良いか……。この『熟女家グループ』に入るまでには、なかなか紆余曲折がありましたね(笑)。

13年前、最初に風俗業界に入った理由は、借金だったんですよ。若気の至りと言って良いのかな。ギャンブルで、250万円ぐらいの借金を作ってしまったんです。

そこには最初、風俗店だって知らなくて入って(笑)。ただ日払で1万円以上だったんで、借金のこともあるし、続けていたんですね。

続けているうちに慣れはしましたし、借金も返せていたんですよ。ただ18時間労働で、1か月休みなしとかもザラで、過酷さに耐えきれなくなったんですね。

それなりのポジションにいて、お金も良かったですけど、頭はハゲて来るし、ノイローゼにもなるし、おまけに降格までさせられて、「こうしてハゲのおっさんとして死んでいくのかなあ」と思ったり……。

「もうダメだ」と思って、辞めて1か月ぐらいしたら髪の毛はまたフサフサになりましたけどね(笑)。何のことはない。やっぱりストレスだったんですよ。ムリな働き方がたたったんでしょう。

はじめのお店とのギャップ。普通のオバちゃんが寝てる!

それから三重県の半導体工場でのんびり働いたりした後、父と一緒に婦人服の会社を立ち上げたんです。もともと父が婦人服の業界にいた関係で。

ところが結果的にこれがよくなかった(笑)。また借金してしまうんですよ。ギャンブルはきっぱり止めていたんですけど、今度は事業がうまく行かなかったんですね。それで、この業界に舞い戻ってきたんです。

前にやっていたから楽だろうとか、そういうメリットは全然感じられなかったですね。それどころじゃないというか……。お店の雰囲気が、前とはあまりにも懸け離れていたんで(笑)。

前のところはまず、キレイどころが揃っていましたし、何より若いし、そこだけを取り出せばまあ、普通の風俗店ですよね。

一方のウチは『熟女家』っていうぐらいですから、当然年齢は高い。ここで僕がいちばんはじめに会ったキャストさんは50代で、当時の集団待機室で眠っていたんですよ。言いかたはあれですけど、普通のオバちゃんが、普通に眠っていました(笑)。

ある意味衝撃でしたよね。こんな方も風俗にはいるんだなと。お客様が付くんだなと。

で、実際付くわけです。この方にもはじめから、1人2人の指名が付いていましたからね。まだお店は小さかったですけど「じゃあやってみるか」という思いでした。

キャストさんが半分に。忍耐の二文字で乗り越えた

入って1年で、僕自身で梅田店を立ち上げたんです。よく覚えていますよ。プレオープンは6月20日でした。

きつかった。まず「一緒にやろう」と言っていたパートナーが、1週間ぐらいで入院してしまったんです。プレッシャーで。

それでも“梅田に新店オープン”ですからね。会社も期待してくれて、人をヘルプで寄越してくれるんですけど、まあ暇で暇で、電話が一切鳴りません。20人いたキャストさんが、7月1日のグランドオープンの時には、半分の10人になっていたぐらいでした。

1日出勤は2、3人。もう忍耐ですよね。梅田の店舗に寝泊まりしてがんばりました。

でも、がんばったのは僕だけじゃないんです。キャストさんたちも、暇でも我慢強く耐えてくれていました。

これはたぶんウチが熟女店で、人生経験も豊富な、耐えることを知っていたキャストさんたちだから、できたことだと思います。若い子だけのお店だったら、あんなに我慢してくれたかなと思うんです。4か月ぐらいで軌道に乗ってくれたときには、感謝の気持ちでいっぱいでしたね。

その後立ち上げた東大阪店もそうですけど、グループの成功は、時代が高齢化社会を迎えていたというのが、要因としてあったと思います。例えば結婚の時期とかも上がってきていますよね。たぶん全ての年齢が、上がっているんだと思うんです。

その流れで熟女ブームがあって、ニーズにマッチしたのが、目の付け所と言うんですか、ウチの成功の秘訣だったんでしょうね。

今ではブランド力も付きましたし、ウチはリピーターのお客様が多い。コンセプト力に加えて、ここが強みですよね。それで大きくなれたんだと思います。

0×0はどこまで行っても0。でも、1なら……

リピーターという意味で言えば、例えばキレイな女性というのは話さなくたって良いんですよ。それだけで売れるから。

ところがウチには、そうではないキャストさんもいらっしゃる。個性派と言っても良いぐらい。だからってハジいたりはしません。一緒によく話し合って手探りして、どうすればアピールできるかを考えます。

人の好みは色々なんですよ。この仕事をしていると、よくわかります。パーセンテージで言えば、指名0%と1%は、全く意味合いが違うんです。

100人付いてもリピートが0人だった人は、千人付いても0人の可能性が高いでしょう。0はいくら数字を掛けたって0です。対策を考えようがない。

でも1人でもいた人は、そこから“掛け算”ができるんです。当然ですけど、1×2=2、2×2=4て、可能性を広げていけます。

「このキャストさんは良かった」と、指名をくれた人がいる。どこが良かったのかを考える。考えた結果がキャストさんの人気であり、この店舗の広がりなんです。キレイどころをただソロえた会社さんには、この努力はわからないでしょう(笑)。

コンセプト力+リピート力で、新たな広がりを

今年新ブランドを立ち上げて、これも7月1日にグランドオープンします。『熟女屋PLUS』。僕が考えたコンセプトです。

イメージは“宇宙”なんですよ。今までのヘルスに、いくつものサービスを“プラス”するんです。それもイベントとかで一時的に新しいものをやるんじゃなくて、継続的に行います。

ヘルスにエステやマッサージの要素をプラスして“健康”まで打ち出しているんです。しかもプラスは“オマケ”ではないんですね。本格的にやります。キャストさんは講習を受けて、本格的にマッサージやエステの技術を身に付けられるんです。

コンセプト力とリピーターを付けるための努力で、私たちもここまで来ました。この新しいコンセプトも広がればと思って、僕の夢も込めて、宇宙をイメージしたんです。

ほんとうにこれからですけど、“コンセプトさえしっかりしていれば広がる”というのは確かなことだと思いますし、リピート力にもつながるはずなんです。なかなか人気に結びつかなった女性でも、“めちゃくちゃマッサージがうまい”となったら、行きたいと思うお客様も付くかもしれないでしょう。

面接に来てくれたキャストさんにも、そういうアドバイスもしようと思っているんです。今度もブレずに邁進していきたいですね。

(インタビュー:新海亨)

取材後記

松坂 治良

執筆者

松坂 治良

コンセプト力とリピート力、どちらも大切ですが、なかなか思い通りにはいかないし、そもそも“努力の方向”がわからない方も多いかもしれません。湯川さんのお話を聞いていて、最初に入ったお店とのギャップが、コンセプトの打ち出しや、親身に女性キャストさんのアピール点を考える姿勢に繋がっているのだと感じました。“人生にムダはない”を地で行く姿勢は、自分の仕事への励みにもなります。

プロフィール

熟女家グループ

湯川ひろし

総合職(店長・幹部候補)

(前職:店舗スタッフ)

湯川ひろしさんがハタラク会社はこちら

熟女家グループ

デリバリーヘルス(デリヘル)

記事の湯川ひろしさんがハタラク会社はこちら

「新フーゾク」発信。はじまりは、いつもココから。【働き方を選べる】*即入居寮完備*賞与あり*多職種募集中
企業名 熟女家グループ
業種 デリバリーヘルス(デリヘル)
事業内容 無店舗型⾵俗店の企画、運営。