先輩たちの等身大メッセージ
VOICE

ジンセイの紆余曲折を経て、なぜ彼らは風俗業界で働く選択をしたのか。
風俗業界への転職を選択した彼らのジンセイ再生の秘訣に迫ります。

はついく!【一般職(内勤・スタッフ)】竹内誠さんのインタビュー記事

はついく!

2018年入社

竹内誠 (36歳)

一般職(内勤・スタッフ)

前職:キャバクラ店員

2018.12.13

「やれよ!」と言われて、楽しいはずがない。おもしろい仕事を、みんなでしようよ

この記事のポイント!

  • すぐに色んなことができた。飽き性の自分には、最高の環境
  • お店の女の子達とは、基本的にプライベートの話しかしない
  • これからも、店長とは呼ばれたくない。呼ばせない

土地も仕事も、さまざまだった。きっと、根が自由人

もともとは僕、東京の人間ではなくて。出身は北海道なんですよ。これまで、と聞かれるとむずかしいですね。色んなことがありました(笑)。

10代の後半のころには「マンガを描きたいな」っていう思いがあって、高校卒業後にイラスト系の専門学校に入ったんです。

でもバイトをしているうちにそっちの方が楽しくなって、「あ、自分は1人でずっともくもくと働くより、チームワークでやる仕事の方が向いてるんだな」って気づきました。ええ、そうですね。絵の道には進みませんでした。

最初に勤めたのは焼肉店だったかな? その後は本当に、色々な場所で、色々な仕事をしました。名古屋、博多という感じで土地も厭わず、東京に来たのは3、4年ぐらい前ですかね。若いころはとにかくお金が欲しくて、給与の高いところを転々としてたような感じ。キャバクラでの仕事が多かったのも、そのためです。

転職する際の不安ていうのが、自分にはないんですよ。「この仕事やってみよう」って思ったら、わりとすぐそちらへ動いてしまう(笑)。きっと、根が自由人なんですね。

「いいじゃない。とりあえずやってみなよ」

ここに来る直前もキャバクラで働いていたんですけど、まあここはつまらなくて。選んだお店が良くなかったのもあるんでしょうけど、ずっとルーティンの仕事ばかりさせられる感じだったんですね。すぐに辞めちゃいました。

若いころだったら、給料が良いというだけでガマンができたのかもしれないですけど、20代が終わって30代という風に歳を重ねるうちに、仕事を選ぶ際の第一条件が“おもしろさ”に変わっていたんですよね。「ここでは続けられないな」と思って。

こうなると、またキャバクラというのも違う気がしたんですね。新しいことをしたくなった。で、僕ナイトワークは長いんですけど、よく考えたら、いわゆる風俗店というのは勤めたことがなかったんです。「おもしろそうなところあるかな?」と思って、試しに探してみたんですよ。

それで見つけたのがここ。まず「リフレ?」と思いました。風俗にもたくさんの業態があるんでしょうけど、たぶんまだ新しいでしょう? 色んなことできるんじゃないかなって。きっと僕、今までの既存の業態だと、また飽きてしまうと思うんですよ。

もう1つここにに惹かれたのは“独立支援”の制度があったこと。いつかは1人でやってみたいという思いがあったんで、「あ、いいな」と。

面接で代表に会った時も、このままを言ったんですね。前提としておもしろいことをしたい、そしていつかは独立したいって。

そしたらまた、この時の代表のことばもおもしろかった(笑)。

「いいじゃない。とりあえずやってみなよ」

すぐに色んなことができた。飽き性の自分には、最高の環境

「おお!」と思って。実際入ったら、すぐに色んなことにチャレンジさせてくれるような感じでした。

「え? もう電話取って良いんですか?」
「いいよ。困ったらバッチリ助けるから」

何て言うのかな、マニュアルを覚えこませるっていう感じじゃなくて、横に付いてくれつつ、働く側のことを尊重して、やらせてみてくれるんですね。

会社の風通しも良いというか、何ごとも早い。普通のとこだったら、何か提案するにしても、企画書作って会議してみたいな段取りがあると思うんですけど、そういうのもないんですよ。そこさえも「良いじゃない。まずやってみなよ」って……。

おかげで毎日が楽しくて(笑)。飽き性の僕には、とてもやりやすい環境ですね。

お店の女の子達とは、基本的にプライベートの話しかしない

サービス的にソフトだからというのもあるんでしょうけど、女の子のサポートという意味では、キャバクラ時代よりも今のほうがずいぶん楽ですよ。まず若いですからね。擦れてないって言えば良いかな。色んなことに本気でぶつかってくる。

ただその分、感情の起伏も激しいんですよね。モチベーションを保ってあげるのもなかなかむずかしい。どうするかというところで工夫しているのは、1人ひとりに本音で向き合うことですね。

基本的に僕は、彼女達とはプライベートの話しかしないですよ。自分を知ってもらわないといけないから。

そうしていると、彼女達も自然と話をしてくれるようになるんです。人柄がわかるし、その子にとって、仕事が生活の中のどの順位にあるのかを把握できます。

ほんとに色々ですよ。彼氏が最優先の子もいれば、仕事第一の子もいます。1人ひとりに合った働き方を提案してあげなきゃいけない。全員に当てはまることはないですから。

そもそも仕事は楽しくないと。ただ店に来て「おはようございます」って言って、「じゃあお願いします」みたいな挨拶だけの関係だったら、おもしろくないじゃないですか。少なくとも僕は、それだとつまらなすぎてダメですね。雰囲気悪いと、スタッフも女の子も辞めちゃいますよ。

いかに居心地よく、生活の一部みたいにしてもらえるか。店の売上の鍵になるのは、そこですね。

これからも、店長とは呼ばれたくない。呼ばせない

今目指すこと、ですか? うーん……。

これはキャバクラ時代の話なんですけど、当時の社長から「お前、人間力ないから鍛えろ」って言われたことがあるんですよ。その時の僕はそれこそ“指示待ち人間”で、社長が何を言いたかったのか、さっぱり意味が分からなかった。

でも思い返すと、この社長には人間力があったんですね。一緒にいて楽しいし、おもしろい。僕も自然と付いていっていたような感じで。管理職、店長っていうのではなくて、社長。

「自分も社長になりたい」と言うのはまだおこがましいですけど、僕もそんな感じになれたらなとは思っています。

今役割的には責任者とかって形なんでしょうけど、僕、店長って呼ばれるのはすごくイヤなんですよ。ここに入るときにもだから、「役職はいりません」って言ったんです。それと社長っていうのは、僕にとっては別なんですね。

自分の上にいた店長に対して、昔からあまり良い思い出がないんですよね。店長だからって、いばって何もしない人っているじゃないですか。トイレ掃除しないとかね。あれがイヤなんですよ。

僕、トイレ掃除もしますよ(笑)。たぶんずっとするんじゃないかな? めんどくさそうな仕事でも、残ってたらやります。パァーッて全体見渡して、やれてない仕事とか、みんながやりたくない仕事があったら、自分がやります。

ちょっと補充とかね。後回しにされてたりするでしょう。「あ、やりたくないんだな」「できてないな。忙しいもんな」と思ったら、サッて自分がやる。

苦でもないですよ。下の子がやるもんだとも思わないですね。仕事をしていく上で、誰にも得意不得意があります。人間だから気持ちが乗らない日だってあるでしょう。できること、やってくれることは任せて、他はまあ、自分がやってもいいかなって(笑)。

「ま、いっか」の精神ですね。僕、「やれ」って言われるのが大嫌いなんですよ。言われるとムカってしません? 「なんだよ。今やろうと思ってたんだよ」とか……ね?(笑) 皆さんあるでしょう? やる気失せちゃいますよね。だから僕は基本的に、人に「やれ」って言わないんです。

おもしろく楽しく働きたいっていう方に来てほしいな。そのおもしろい楽しいを、共有したいですよね。

考えてみると、今までの仕事が、ここでぜんぶ活きているんですよね。活かせる会社に来られたというか。若いころを思ってもね、“お金”に重きを置いていたのが、いつの間にかコミュニケーションを意識して、“おもしろい”が第一になった。実際今の方が、ずっと楽しいですよ。

(インタビュー:松坂治良)

取材後記

藤野 りさ

執筆者

藤野 りさ

自分は“自由人”と語りながら、基本的に人が残した仕事はやってしまうという竹内さん。“自分がやらされるのがイヤなんだから、人だってイヤだろう”というように、思いを変換できる方でした。取材の合間にスタッフや女の子と気さくに会話されていたのも、たいへん印象的。やらされ仕事にうんざりしていたという方は、のびのび働ける環境だと感じます。

プロフィール

はついく!

竹内誠

一般職(内勤・スタッフ)

(前職:キャバクラ店員)

竹内誠さんがハタラク会社はこちら