嫌な客に当たった! 傷心の女の子に掛ける魔法の言葉5選

2016年06月28日

byあや乃あや乃現役キャスト
syosinnsya

風俗店には、さまざまなお客様がいらっしゃいます。なかには、あまり歓迎されないお客様も……。今回の魔法の言葉は、そんなタイプのお客様に当たってしまい、傷ついた女の子を慰め、いたわる言葉をご紹介したいと思います。

また、“男性スタッフが、傷心した女の子を励まそうとして、かえって逆効果な言い方”についても書いています。さて、どんなことでしょう? それは記事の最後にあります!

1.「大丈夫、あなたの味方だから」

多くの風俗店が、お客様アンケートを実施していると思います。そのアンケートで女の子にお褒めの言葉があれば、それを教えてあげください。そうすることで、女の子の仕事に対するモチベーションが上がります。逆に改善点であれば、接客をレベルアップさせるチャンスになるでしょう。このように、お客様アンケートは、とても貴重なものなのです。

さて、接客が終わり、「さっきのお客様は、どんなアンケートを書いてくれたかな?」と男性スタッフが見てみると……、まさかの“0点”。接客したのは、いつも評判の良い女の子でありえない点数です! 当人に話を聞いてみると、いつもどおりに接客したとのこと。女の子は、どうしてそんな評価なのか困惑し、今にも泣きだしそう……。そんなときは、この言葉を。

aicon_2
「大丈夫、あなたの味方だから」

「大丈夫、あなたの味方だから。あなたがいつもきちんと接客してくれて、お客様から評判が良いことは知っているから」と伝えてあげましょう。実は、こうした悪評は、お客様から女の子に対する報復のようなものです。女の子は、きちんと接客していても、お客様がその子に無理な要求をしたり、連絡先を聞いて断られると、腹を立てアンケートにわざと悪い評価を書くのです。私も同じような経験があります。

たった一件のおかしなアンケート結果よりも、女の子の日ごろの言動や仕事の取り組み方を見ていれば、どちらが正しいかは、きっと考えるまでもないはずです。

2.「さみしくて仕方のない人なんだね」

“風俗あるある話”でよく耳にしますが、女の子に説教をするお客様に遭遇することがあります。

「こんな仕事、辞めたほうがいいんじゃない?」「家族に知られたらどうするの?」 そんなことを言われなくても女の子本人がいちばんわかってますから!!(怒)。

私が風俗の仕事を始めたころは、この言葉で本当にイライラしていました。しかし、ある男性スタッフさんの一言で、それが収まったのです。その一言とは?

aicon_2
「さみしくて仕方のない人なんだね」

ある日、男性スタッフさんに説教をしてくるお客様のことを愚痴ると、彼は、こう言いました。

「あ~ぁ。それは、女の子の前でしか優位に立てないからだよ。その人は、きっと職場では肩身が狭く、家庭では奥さんの尻に敷かれて居場所がないんだ。だから、お店でしか威張れないんじゃないかなぁ。つまり、さみしくて仕方のない人なんだね」と。

この男性スタッフさんの言葉を聞いてから、私はイライラすることがなくなり、「ここしか居場所がない人なんだなあ」と、むしろ心に余裕ができ、お客さんの説教を聞き入れられるようになりました。もっともそれを真に受けるわけではありません。それでも、ニコニコ聞いていれば、お客様は満足して帰られますから、それでいいのです。

3.「慣れているから気にしないで」

私がまだ風俗の仕事に不慣れで、接客人数が少なかったころ、男性スタッフさんにこんなことを聞いてみました。

「乱暴したり、本番強要をしてくるお客様ってどれくらいいるんですか?」

「そんなに多くないけど、やっぱり時々はいるよ」

私は少し不安になりましたが、すぐに彼はこう言いました。

aicon_2
「慣れているから気にしないで」

「僕は、業界経験が長いし、そういったお客様の対応は慣れているから、気にしないでコールしてね。すぐに駆けつけて、引っ張り出してやるよ!」

この言葉を聞いた瞬間、私は彼に惚れてしまいそうになりました(笑)。なんて頼りがいのある男性スタッフさんなんだろうって。

風俗で働く女の子の多くは、とても真面目で我慢強いです。だから、SOSのコールがなかなかできず、我慢してしまうことがあります。でもこの一言があれば、多くの女の子が勇気をもってコールをすることができるでしょう。

私は、この言葉のおかげで、お客様とトラブルがあったときにコールが早めにでき、心も身体も限界まで我慢することなく、お仕事ができています。

4.「つらかったね。ゆっくり休もうね」

女性と比べて男性の力はとても強く、軽く腕を引っ張ったつもりでも、女性からすれば、その力は想像以上で驚くことがあります。

男性の力はただでさえ強いのに、AVの見過ぎなのか、女の子のデリケートな部分を強くガシガシと触ってくるお客様がいます。そんな乱暴なプレイによって、ケガをしてしまった女の子には、この言葉をやさしくかけてあげてくださいね。

aicon_2
「つらかったね。ゆっくり休もうね」

女の子のつらい気持ちにひたすら「共感」してあげてください。女の子が「痛かった」と言えば、「痛かったよね」と。「あのお客さんひどい!」と言えば、「本当にひどいよね」と。

ここでは、女の子が発した言葉をそのまま繰り返してください。同じ言葉を繰り返すことで、「私は、あなたのことをしっかり理解しています」というメッセージを相手に伝えることができるのです。

身体の傷は、治療をすれば治ります。しかし、心の傷が癒えるには時間がかかります。ですから、女の子の気持ちに寄り添い、ゆっくりと休む時間を与えてあげてくださいね。

5.「大切にしてくれるお客様のことだけ考えよう」

人気のある女の子なら、必ず一度は経験する悩み。それは、ネットの掲示板に書き込まれる嫌がらせや誹謗中傷です。私も経験があるのですが、これは本当に、本当につらいです。

私の場合は、事実とまったく違うことを書かれ、それを真に受けたお客様によって、プレイに悪い影響がでてしまったことがあります。掲示板を見なければいいと頭ではわかっているのですが、つい気になって見てしまい落ち込んでしまう……。私には、こんなことを繰り返していた時期がありました。

aicon_2
「大切にしてくれるお客様のことだけ考えよう」

しかし、私は、はっと我に返ったのです。どうして自分のことを傷つける人々のほうに、貴重な時間を使っていたのだろう。時間を費やすべきは、私のことをいつも大切にしてくれるお客様のほうだと、気づいたのです。

私のすべきことは、楽しく時間を過ごさせていただいているお客様に、もっと喜んでいただけるように工夫することです。これは、私にとっても、お客様にとってもプラスなはずです。掲示板を見て、ネガティブ思考に陥ることではありません。

もし掲示板を見て落ち込んでいる女の子を見かけたら、「あなたを大切にしてくれるお客様のことだけ考えようね」と伝えてあげてくださいね。

まとめ

今回の『嫌な客に当たって傷心の女の子にかける魔法の言葉5選』はいかがでしたでしょうか? こういったトラブルはもちろん起きないほうがいいのですが、「備えあれば憂いなし」。もしものときの参考にしていただけたら幸いです。

次に、冒頭で触れた“男性スタッフが傷心した女の子を励まそうとして、かえって逆効果な接し方”についてです。それはズバリ!! “真っ先にアドバイスをする”ことです。

女の子がもっとも求めていることは、ただ「こんなにつらい私の気持ちをわかってほしい!」ということです。だから、まずは女の子にひたすら深く「共感」するのです。アドバイスをしてはいけません。解決策を提案するのは、女の子の気持ちが落ち着いてからにしましょう。

■魔法の言葉シリーズ・初心者編
定着率アップ! 体験入店の女の子にかける魔法の言葉5選
業界未経験! 不安な出勤初日の女の子にかける魔法の言葉5選

執筆者プロフィール

あや乃

あや乃現役キャスト記事一覧

風俗嬢歴10年。借金返済、極貧生活から抜け出す為に風俗の世界へ、 一度は社会人失格か?と思われた人生だが、風俗の世界で男性心理、コミュニケーション術を学び、人気風俗嬢に。在籍した全てのお店でナンバーワンを獲得。 人気風俗嬢の経験を活かし、現在は、指名やリピート率を上げる為のカウンセリングや、風俗嬢の為の交流会やセミナーを主催。風俗のイメージアップを図る「花魁イメージアップ委員会」の会長も務める。

このエントリーをはてなブックマークに追加