風俗のプロが語る“今、アツいお店”はどこだ? 『昼休み、またピンクサロンに走り出していた』出版記念イベントレポート

2018年12月04日

by徳山 央樹徳山 央樹編集部

こんにちは、Fenixzine編集部の徳山です。

風俗ブロガーの26歳素人童貞 a.k.a 素童(以下:素童)さんのブログをまとめた本『昼休み、またピンクサロンに走り出していた』が2018年11月10日に出版されました。

そちらの記念イベントとして、2018年11月18日(日)新宿ロフトプラスワンで『めっちゃ前向きな風俗放談』を開催。

同イベントには素童さんと親交の深い風俗関係者が多数登壇し、注目している店などを語り合うディープな会となりました。

Fenixzineでは潜入取材を敢行! 当日行われた熱い議論のイベントレポートをお届けします!!

風俗業界以外も注目する素童とは?

26歳素人童貞(素童)

風俗ブロガー

26歳素人童貞のブログを運営するブロガー。その異常なまでの文章力で各所で話題に。ある記事がヒットしたのをキッカケにタモリ倶楽部に出演。2018年11月にブログ本『昼休み、またピンクサロンに走り出していた』を上梓した。

来場者の男女比は9:1! 業界関係者の顔もちらほら

▲当日は急遽追加席が用意されるほどの盛況ぶり

参加者の男女比は約9:1。客層は3,40代の登壇者のファンが5割、若いサブカルチャー好き3割、業界関係者が2割といった感じでしょうか。

▲今回の為に作られた特別メニュー『イソジン風味のカクテル』

▲イソジンジャエールを注文しました

漢方薬に近い味がしました。美味しくは……なかったです(笑)。

ゲストは素童さんと関わりの深い業界関係者6名

二村ヒトシ

AV監督

日本を代表するAV監督でありながら、近年は執筆活動も活発に行っており、多数の書籍を刊行。元祖・乳首舐めの教祖。素童曰く「好きで出演イベントをよく観ていた。勝手によく喋っている印象なので呼んでみた」

今賀はる

現役風俗嬢・AV女優

現役の風俗・AV嬢であり、新宿で毎月行われている『手コキ研究会』の代表を務める手コキ研究家。みっけStoryにて全国47都道府県の風俗出稼ぎレポートを連載中。自称・超直感型風俗キャスト。

まりな店長

デリヘル『池袋サイドライン』の店長・元キャスト

都内で最もNewsPics会員が利用しているデリヘルとの呼び声も高い、副業女子専門店「池袋サイドライン」の経営者。婚活に失敗した為、年内限定でキャストに復帰中。素童に対しては「空気を読まないので、今日の席順はツラい」と発言していた。

にしやま

オナクラ『かりんと池袋』の代表

大手企業退社後、企業に失敗、ホームレスを経験し、オナクラ店かりんとの創業者の内の1人となる。素童とは以前から付き合いがあり、たまに飲みに行く関係。素童曰く「にしやまさんの話はつまらない」

あき

ロボットデリヘル』のオーナー

一切会話をしないロボット設定の女の子を派遣するSM店『ロボットデリヘル』のオーナー。若くして風俗に1億円以上つぎ込んだ風俗ヘビーユーザーでもある。サディスト。素童に対しては「失礼なヤツ」という印象を持っている。

泡典子

風俗情報メディア『NAISHO』の編集長。元ソープ嬢

様々な風俗店でのキャストと不倫を経験し、現在は女性が作る女性のための風俗系情報メディア「NAISHO」の編集長。自称・バブル世代受けする人間性。

こちらのメンバーで時間いっぱいまで、風俗に関係ある話・ない話が繰り広げられました。

▲登壇者による乾杯の合図でイベントスタート

風俗のプロが他店をオススメ! 「今、アツいお店はどこ?」談義

風俗業界の事を一番知っているのはやはり関係者。ということで、会場からの「今、一番面白い・アツいお店はどこですか?」という質問に登壇者が回答!

▲アツい店談義を交わす面々

フツーは聞けないであろう経営者による他店舗褒め。非常に貴重な情報かと思います。

各々のおススメ

素童さんおススメ『おかしなエステ』

素童さんオススメは五反田の「おかしなエステ」。

こちらの研修コースは『新人のキャストさんとエステ講師の2人が、客を使って行うマジの研修』らしく、本当に新人の時にしか選択出来ないとのこと。キャストの方も緊張しており、その感じがとても刺激的だそうです。

まりな店長さんおススメ『Otocha』

まりな店長が「悔しい」とまで言ったのは五反田の「Otocha」。

枕営業というコンセプトのユニークさだけでなく、Twitterでのチーム感の作り方が上手いとのことでした。 一度、Otochaキャストをフォローすると「次はこの子が気になる……あ、この子も!」と、他キャストが気になりOtocha内浮気が続いてしまうそう。

今賀はるさんおススメ『もしもし亀よ亀さんよ』

今賀さんは五反田の「もしもし亀よ亀さんよ」を挙げていました。

男性が身体と睾丸を縛られ、ストッキングなどで3,40分亀頭だけを責め続けるストイックなお店とのこと。

にしやまさんおススメ『敗北スーパーヒロイン』

にしやまさんはこれまた五反田の「敗北スーパーヒロイン」をプッシュ。

敗北スーパーヒロインは、戦隊ヒロインのコスプレをしたキャストを陵辱できるというコンセプト。魅力はそこだけでなく、キャストを服従させる様々なアイテムをお店が用意しており、キャストのノリもいいので、満足出来るイメージプレイが可能だそうです。

泡典子さんおススメ『シャガール』

泡典子さんは吉原の高級ソープ「シャガール」をオススメ。

外部から採用した店長さんが、ものすごく仕事のデキる方らしく「高級店は常連客だけでも十分やっていけるハズなのに、新規の客が入ってくる様に地道な広報活動もしている」とのこと。そのため、新しく入ったキャストでも、その日の内に指名が5本つくなど相当繁盛しているそう。

あきさんおススメ『貴族の館』

あきさんは「貴族の館」を推していました。

貴族の館に関しては、鞭から流血プレイまで何をやってもOKな女衒課コースというがあり、価格は4時間でなんと100万円! サドだというあきさんは興奮気味に「一度は行ってみたい!」と話しておりました。

他にも名前が上がっていたお店は「ラブボート」「贅沢なひと時」「ドッチワイフ」などなど。

どのお店の名前を挙げても、登壇者からは「いいよね」や「確かに!」など賛同の声が挙がっており「さすが関係者だな!」と思いました。

▲軽快なMCでトークを回していたにしやまさん

マジメな風俗だけが正解じゃない。雑味があってもいいよね

話は変わって、現代の業界の風潮についてのトークへ。

あき:ちょっと、最近の風俗店を見ていて感じたんですけどちゃんとし過ぎていません? 万人ウケするお店ばっかりというか。マジメ過ぎる店だらけになるのもどうかなって。
にしやま:確かに、マジメだけが風俗業の正解ではないですよね。
あき:もっと雑味というか、そういうのがもっとあってもいいと思うんですよ。
にしやま:そうですね。風俗は現状「コミュニケーション or シチュエーション」の2極化時代になって来てると思っています。「万人ウケする優等生的なお店」「万人にウケないけど、刺さる人には深く刺さるコンセプトを掲げる」のどちらかを目指すみたいな。シチュエーション重視みたいなニッチなお店が活躍していくと、業界全体が面白くなりますよね。
二村:それで言うと、素童さんはそういう風俗を積極的に体験して、ブログに書いていますね。「何が起きても楽しむ」っていう姿勢が、すごくイイですよね。褒めるわけじゃないんだけど。
素童:二村さん、もっと褒めて下さい(笑)。
あき:なんだコイツ。

▲イベント中、ずっとあきさんからイジられ続けていた素童さん

と、こういうマジメなテーマも挟みつつ「変わったお客さんの話」「泡典子さんの大恋愛話」「まりな店長は悪い奴(笑)」などのトークで盛り上がり、あっという間にイベントは終了時刻に!

▲お酒も進み皆さんいい笑顔

心から風俗を楽しんでいたからこそ、素童さんは評価された

素童さんはイベント中、この様な事を話しておりました。

素童:本を出せたのは確かにありがたいんですけど、別に成功だとは思っていないんですよ。僕は風俗に行ければそれでいいんです!!

フツーこんなに真っ直ぐな発言出来ます!?

でも、この気持ちがあるからこそ、素童さんの文章は人を惹き付けるんだろうなと思いました。

また、素童さんの様な風俗ユーザーがいるからこそ、経営者は良質なサービスを努力して提供するのでしょう。当たり前の事ですが、このイベントを通じて改めてその事に気付かされました。

▲最後は全員で記念撮影

取材後記

とにかく濃かった! Googleでは絶対に見つからない情報がこのイベントにはありました。また、風俗ユーザーと経営者が同じ舞台に立つトークイベントというのもかなり珍しかったのではないでしょうか。

それもこれも、素童さんの求心力があってのこと。

改めて、出版おめでとうございます。今後もその風俗愛で業界内・外を騒がせて頂きたいと思います。

▲素童さんにサインを頂きました

今後もFenixzineでは風俗業界関係者に刺さりそうなイベントをレポートしていきます

(おわり)

執筆者プロフィール

徳山 央樹

徳山 央樹編集部記事一覧

FENIX ZINEではライターと編集を担当。インターネット好きが高じて、WEBメディアへの転職を決意。平日も休日もインターネットをしています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

連携NPOのご紹介

  • Fenixzineの記事 「セックスワークサミット行ってみた!」~SWSを作る人たち(前編)~
  • Fenixzineの記事 どMな風俗業界1年生が学ぶ法律講座 ~デリヘルを起業する時に知っておくべき法律~

一般社団法人ホワイトハンズ様

  • Fenixzineの記事 「前職は風俗店スタッフ! なぜNPO代表は風俗と出会ったのか」 ~一般社団法人GrowAsPeople代表理事・角間惇一郎さん#1~

一般社団法人GrowAsPeople様