先輩たちの等身大メッセージ
VOICE

ジンセイの紆余曲折を経て、なぜ彼らは風俗業界で働く選択をしたのか。
風俗業界への転職を選択した彼らのジンセイ再生の秘訣に迫ります。

ソープランドマックス(浅草)【総合職(店長・幹部候補)】太田晴夫さんのインタビュー記事

ソープランドマックス(浅草)

2008年入社

太田晴夫 (40歳)

総合職(店長・幹部候補)

前職:飲食店員

2018.6.28

休めて稼げるは可能か。吉原⇒浅草。両極端な二つの店で働き、生かせていること

この記事のポイント!

  • 茨城から吉原へ。“月給100万円を目指す”がスタート
  • 大遅刻にも怒られず。吉原の優しさに触れる
  • 浅草でのチャレンジ。グループの方針に驚いた

30歳を機に上京。吉原で修行をはじめる

高校を出た後、地元の茨城で6年間飲食店に勤務したんです。もともとが人好きなので、楽しかったですよ。ただお給料は安かった。若かったんで東京への憧れもあって、30歳を機に上京した感じです。

そのころから目標は明確。月給100万円です(笑)。それぐらいお給与もらえたら楽しいだろうし、東京で遊べるじゃないですか。夢を夢で終わらせたくなかった。それで、吉原のソープランドの門を叩くんです。ちょうど10年前ですね。

コワいイメージですか? それが全然なかったんですよ。実際働いてみてからも、世間でイメージするようなダークな印象とかは、全然受けませんでした。

むしろ頑張ったなら頑張ったなりに評価されることや、高い給与が嬉しかったですね。夢中になって修行していたような感じです。

高級店での4年間。今につながる様々なことを学ぶ

なんて言うとカッコいいんですけど、まだまだ若かったんで、失敗もありました。大きいので言うと遅刻です(笑)。飲み歩いていて、そのまま夜ぐっすり眠っちゃったんですね。気が付いて起きたら、もう出勤時間は過ぎているどころの話じゃなくて(笑)。

今思うと許されないことなんですけど、あんまり時間が遅かったんで、逆に切り出しずらかったんでしょうね。その日僕、お店に連絡しなかったんですよ。無断欠勤てやつです。それはもう、次の日は出勤しずらいどころの話じゃなかったですね。

ところが店長もスタッフも、怒るより先に心配してくれたんですね。「大丈夫なのか?」って。それが嬉しいというより申し訳なくて、二度としなくなったのは当然なんですけど、ますます頑張るようになりました。

逆に言うと、大きな失敗ってそれぐらいなんですね。皆さん誤解があると思うんですけど、ソープランドの接客っていうのは、それほどむずかしいものじゃないんですよ。

もちろんそこは吉原の高級店ですから、マナーも接客も覚えなけらばならないことはたくさんありましたよ。特にご案内にすごく時間をかけるお店だったんで、「失礼があっては」って、毎日緊張感もありました。

でも仕事だから覚えるのは苦じゃないし、身に付けてしまえば、後はルーティーンの作業です。そこからは“上に行きたいか行きたくないか”の世界なんですね。

僕はもっと稼ぎたかったし、もっと上に行きたかった。だから“工夫”するようになったんです。一つひとつの接客をより丁寧にすることや、ちょっとしたことへの工夫で、任される仕事が増えていきました。

感覚的なものですけど、女の子と接することの“奥深さ”って言うんでしょうか。気持ちを知ることや伝えることの方法論みたいなものも、学べた気がします。

これもほんとうは、むずかしいことではないんです。やっぱり彼女たちには“心”があります。そのことを常に忘れず、気づかいを怠らず、敬意を持つのが大切だということ。敬意さえ持っていれば、接し方に間違いは起きないはずですし、それは入店して1日目のスタッフだって、できるはずのことなんです。

吉原に4年いましたけど、あっという間でしたね。そこでがんばれたことは、確かに今に生きていると思います。

新たなるチャレンジ。吉原を出る

ただちょっと、お店や吉原という空間に慣れすぎてしまったんでしょうね。はっきり言うと飽きてしまった。物足りなさを感じるようになったんです。立場も上になっていたんですけど、もっと力を発揮したくなった。

もう一つ言うと、そこは拘束時間の長いお店だったんですね。13、4時間という感じでしたし、休みもあまり取れなかった。34、5歳ですよね、そのころ。「この先なあ」っていう思いがあって、転職に踏み切ったんです。

なんと、浅草へ。働き方からして、違った

マックスの浅草店ができて今年で7年ですか。僕はだから、できてから1年ぐらいで受けたのかな? 浅草にポツンと一軒あるわけですから、これはチャレンジングなプロジェクトですよね(笑)。「おもしろそうだな。いっちょやったるか」って感じでした。

働きはじめていちばん驚いたのは、9時間労働で、残業がないんですね。ほぼ毎日、二交代のシフト制で回していました。休みも当時から週休で、今でも月に6日は休めます。それで収入も良かったですからね。「あ、こんなことできるんだな」って、すごく新鮮でした。

面接の時から社長に「ウチは休めるし、拘束時間も短いから」って、言われてはいたんですね。でもほら、“入ってみたら実態は”っていうことがあるでしょう?(笑)。「正直働いてみなきゃわかんないよな」っていう思いでいたんです。

でもほんとに帰らせてくれるし、休みもくれたんですね。「がんばれるし、続けられるな」って、あらためて思った感じです。

店長となっても方針は変えず。休めて稼げて、さらに上へ

今僕は店長で、入ってきたときと変わらず、“9時間労働、休めて高収入”っていう方針は守っています。自分が店長になったらできないとなったら、それは僕の能力の問題になっちゃいますから。

ウチはグループなんで、方針は充分守れるんですよ。池袋、新宿、浅草に5店舗ある。シフトに困ったら、お互い助け合えるんですね。

みんなわかってるんです。がんばって体壊しちゃったら元も子もないし、キツイって理由で若い子が辞めちゃったら、結局その分は自分たちに皺寄せが行く。

だったら二交代シフト制でやってみようよ。思い切って休んでみようよっていうことですよね。休む勇気(笑)。

それで僕が入ってからの6年間も、マックスは成功できていますからね。これからも方針は変わらないと思うし、グループをもっともっと大きくするのが、僕の今の夢です。

助け合いが生きているグループなんで、業態にこだわらず、色んな形で、みんなで挑戦できたらと思うんです。止まっていたら、また僕、飽きちゃうかもしれないんで(笑)。チャレンジ精神は忘れずにいたいですね。

取材後記

松坂 治良

執筆者

松坂 治良

太田さんとお話していて感じたのは“決めつけない”姿勢でした。茨城から出てくることも、吉原で働くことも、そこから移ることも、9時間残業ナシを店長として実践することも“そんなのできっこない”と言ってしまった瞬間に、すべて終わってしまいます。大田さんはまずやってみた。そしてとりあえずやってみたことが、今のご成功につながっているのだと思います。頼りがいのある店長さんのもとで、スタッフの皆さんも、さぞかし働きやすいことでしょう。

プロフィール

ソープランドマックス(浅草)

太田晴夫

総合職(店長・幹部候補)

(前職:飲食店員)

太田晴夫さんがハタラク会社はこちら