風俗男性求人はFENIX JOB

先輩たちの等身大メッセージ
VOICE

ジンセイの紆余曲折を経て、なぜ彼らは風俗業界で働く選択をしたのか。
風俗業界への転職を選択した彼らのジンセイ再生の秘訣に迫ります。

ルピナス【総合職(店長・幹部候補)】枳穀健一さんのインタビュー記事

ルピナス

2011年入社

枳穀健一 (54歳)

総合職(店長・幹部候補)

前職:酪農家

2022.7.29

月給15万円⇒10店舗を束ねる会長。この吉原でのサクセスは、僕だけのものじゃない

この記事のポイント!

  • “いい加減”と“バイタリティある”は紙一重。だから僕は人に寛容
  • “その時自分ができる最大限のこと”を行う。出世と成功の理由
  • 月給125万円+業績給。現実に目指せる仕事、そうはないはず

北海道の根室で酪農業。「こんな田舎で人生を終えたくない」

はじめまして。暑いですねえ。しかもこの雨の中を吉原まで。……どうされました? 随分緊張しているような。

そうか(笑)。僕が会長だなんて聞いたからでしょう? 名前だけですよ。いや、ほんとに。人に恵まれてこの位置に辿り着けたというだけでね。どうぞラクにしてください。

もともと僕は北海道の根室で、最初の妻と酪農業を営んでいました。札幌の大学に進学したものの、つまらなくて20歳で実家に戻ってきちゃったんですよ。でも30歳になった時に、急に不安になってしまって。

「このまま根室の田舎に引っ込んだまま、人生終わっちゃうのかな」

そう思うともういてもたってもいられなくて、札幌に出たんです。トラックの運転手、鉄工所で工員、当時は何でもやりました。ド貧乏だったので(笑)、仕事を選ぶ余裕もなくて。

タイで健康食品の営業。韓国で日本語教師……波乱万丈の30代

ところがこの後色々ありまして(笑)。まず離婚があって再婚があって、義父が事業をしていた縁でタイに行くんです。

職を探して、日本人ツアー客相手に健康食品の販売を現地で3年、シンガポールの支社でも2年やりました。ずっとトップセールスマンでね。今でもすごく楽しかった思い出があります。

そしてやがてまた離婚。再々婚した相手と今度は韓国に行くんです。なぜって彼女が韓国人だったから(笑)。僕は日本語教師になりました。2年かな? 韓国語なんて全く話せなかったですけど、受け持ったのが上級者のクラスで、生徒達は既に日本語が上手だったんですよ。

僕の授業がまた、日本のテレビドラマを書き起こして、拙いながらも韓国語で補足するというものだったから、「あの日本人の授業おもしろいぞ」って、すごくウケたんです。みんな日本に憧れてましたからね。

この仕事にも充実がありました。どの子もマジメだったし、慕われればかわいくもなるもんです。今思えば続けていたって良かった気がするぐらいですが、結局僕は日本に帰るんですね。

どうして?(笑) これがまたおかしな理由で、カレー屋さんを始めたくなって、その資金を貯めるために賃金の高い日本に戻ろうと考えました。要は出稼ぎです。

韓国ってね、当時から料理は安くて美味しかった。それがなぜかカレーだけがめちゃくちゃマズかったんです。どこに行っても「何で?」っていうぐらい。

「韓国にウマいカレー屋ができたら、ゼッタイ当たる!」

“いい加減”と“バイタリティある”は紙一重。だから僕は人に寛容

……振り返ると30代後半までの僕は、ずっと衝動的に動いていますよね。飽きっぽいし、土地でさえそのときどきの配偶者に合わせて「タイ? いいね」「韓国? 行ってみようか」で動いてしまう。バイタリティがあると言えば聞こえはいいけど(笑)、でもそれはいい加減と紙一重ですよ。

スタッフ求人に当たって僕が今わりに寛容なのは、こういう背景があるんですね。履歴書を読んで「転職回数多いな」と思うことも正直ありますよ。でも僕は、そこでは落としません。

だって僕だってヒドかったんだから(笑)。人なんて気持ち次第ですよ。幾らでも変われます。

2年で店長に。ガンガン稼げるから、嬉しくてしょうがなかった

話を戻しましょう。帰国して妹の家でプラプラ居候をした後、製本のアルバイトを始めました。一晩中という仕事だったんですが、日給1万円出たんですね。「これなら貯められるぞ」と。

ただこれが実は“ある時はある”という仕事だったんです。前日に電話が掛かってきて「明日お願い」という時はある。そうじゃなければない。結局半月ぐらいしか動けなくて、月15万円。これじゃカレー屋さんは夢のまた夢ですよね。

そんな時です。スポーツ新聞の求人欄でこの業界を知って。面接は吉原だったかな? 責任者の方にいきなりこう言われました。

「日給は13,000円。休みはないよ」
「ほんとですか?!」

僕があんまり喜ぶもんだから、相手は笑いだしちゃうぐらいでした。「おもしろい奴だな。休めないんだぞ」って。

でもそれまでの僕からしたら、“休みがない=稼げる”でしかないわけですよ。「月40万! やりますやります」みたいなね(笑)。

配属は新宿の店舗型ヘルス。そんな調子だから、誰に言われなくても僕は頑張ったし、出世も早かった。2年で店長になりました。その後吉原の『ブロードウェイ』というソープランドに転属して、グループ8店舗中最下位だった売上を、ダントツ1位にまで引き上げたんです。

……やっと一番性に合う職に出会えたのかもしれないですよね。ガンガン稼げるから、もちろん嬉しくてしょうがなかったですよ。

“その時自分ができる最大限のこと”を行う。出世と成功の理由

今でも「何で枳穀のお店はうまく行くんだ?」ってよく聞かれるんですけど、当時も今も大したことをしていたわけじゃないんです。僕はただいっぱいお金が欲しかったし、早く出世したかった。なので「このサービスのポイントは何だ?」と考えたんですね。

結論はしごく単純でした。

“女の子とお客様”

この双方にご満足いただければ、お店はゼッタイに繁盛するんです。だからまず、とにかく女の子に気を遣いました。彼女達が気分良く働いてくれれば、それはそのまま接客の“質”の向上になるはずですから。

例えば女の子が「寒い」と言ったとします。その子だけじゃなくて、「おはようございまーす」とロビーを入ってくる子も寒そうに震えている。お店が古くて暖房の効きが良くなかったんですね。

どうするか。場所は新宿なんだから、その辺で靴下でもマフラーでもセーターでも買ってくればいいんですよ。で、「悪いねえ。とりあえずこれ着て」って渡すんです。これが一スタッフでしかない僕の、その時やれることですよね。

そしたら僕は評判になりました。

「新しく入ってきたあのおじさん、気がきく」「見かけと違って優しい」

やがて上は「おお。この新人使える」って、主任、副店長という形でポストを上げてくれるわけです。店長になったらもう「待ってました!」ですよ。

「エアコン替えます。冬寒いんだから。……掃除や修理なんてセコいこと言わない! 全替えです!」

要は“その時自分ができる最大限のこと”を行う。そうすることで僕は周りの信頼を得、立場を築いていったんです。

デリヘル事業の失敗。『ルピナス』に入社後は基本に立ち返った

エラそうなこと言ってますけど、僕一度失敗もしています。41歳か2歳の頃だったかな。独立してデリヘルをオープンしたんですが、7か月で潰してしまって……。

この時までは自分を「天才だ!」と思っていたんですが、身の程知らずも良いところですよ(笑)。ゼロからものを作る才能なんて、僕にはなかった。出来上がった事業やシステムを、より良いものに高める能力に、長けていただけなんですね。

その意味で言えば、自分の力、ふさわしい場所にあらためて気づけた。良い経験だったと思います。

実際当時の相談役に誘われて、『ルピナス』に入社したのが2011年。そこからの僕は、おかげさまでまた大活躍できました。一番の要因は基本に返ったことです。繰り返しになりますけど、

“女の子とお客様”

この双方にご満足いただくこと。これを徹底することで、わずか2か月で3店舗、1年で6店舗、2020年には吉原に10店舗を構えるグループにまで成長できたんです。部長⇒会長という形でステップアップも叶いました。

驚きますよね(笑)。根室の酪農家が、帰国した37歳の時には月に15万円しか稼げなかった中年が、ここまでのサクセスを手にできる。この世界のおもしろさだし、同時に女の子達とチャンスをくれた相談役には、今でも感謝しかないですよ。

月給125万円+業績給。現実に目指せる仕事、そうはないはず

「ウチに来た以上、同じように成功してほしい」

この思いが僕には強くあります。なので頑張りと成果には、きちんと報いていきますよ。

スタッフの月給は30万円でスタート。2か月で主任に昇格したら33万円、4か月目で次長になると38万円です。店長になれる目安はだいたい1~2年ですかね。ここで月60万円の基本給+業績給になるんです。悪くないでしょう?(笑)

先はもう青天井ですよ。2店舗見られるようになったら月100万円、5店舗管理できるようになったら月125万円がベースで、ここに業績給が付くんです。ぜひこの位置を目指してもらいたいなと。

今10店舗を3人で見ているので、ポストはしっかり空いています(笑)。出店も続けるつもりなので、冗談抜きにチャンスは無限です。

会長を目指してくれたって良いんですよ。僕は後6年、60歳には辞めるつもりですから。今の5度目の奥さんと、ハワイにでも行ってのんびり暮らします。引退を早めてくれるぐらいの、勢いのある子が入ってくれたら嬉しいですね。

……カレー屋さん?(笑) そうでしたね。最初の目的はそこだったのに、こっちの方が楽しくなっちゃった。

人生っておもしろいなと感じます。どうとでも変われるんだから。今の自分が嫌な方、くすぶっている方、ぜひご面接に来てください。年齢も性別も関係ありません。やる気さえあれば先の未来が、それも明るい未来が、きっと見えます。

取材後記

松坂 治良

執筆者

松坂 治良

記事では触れられませんでしたが、枳穀さんは「稼ぎはそこそこで。むしろプライベートを充実させたい。お休みが多く欲しい」という方のご相談にも乗るとのこと。これまでにも色んなスタッフさんがいたそうです。終始丁寧にご対応いただき、たいへん恐縮でした。もうすぐ引退などと仰らず、10年後20年後、またぜひお話を伺わせてください。

プロフィール

ルピナス

枳穀健一

総合職(店長・幹部候補)

(前職:酪農家)

枳穀健一さんがハタラク会社はこちら

記事の枳穀健一さんがハタラク会社はこちら

急募キャンペーン 未経験の方限定募集! 年収1000万円を目指せるグループです!*月給47万円*週休2日制*食事付き*完...
企業名 ルピナス
業種 ソープランド
事業内容 ソープランド運営 ルピナス     東京都台東区千束4-41-14 ルピナスパルフェ 東京都台東区千束4-48-1

総合職(店長・幹部候補)のその他のVOICEはこちら