風俗男性求人はFENIX JOB

先輩たちの等身大メッセージ
VOICE

ジンセイの紆余曲折を経て、なぜ彼らは風俗業界で働く選択をしたのか。
風俗業界への転職を選択した彼らのジンセイ再生の秘訣に迫ります。

クラウングループ【一般職(内勤・スタッフ)】岩崎遥人さんのインタビュー記事

クラウングループ

2023年入社

岩崎遥人 (24歳)

一般職(内勤・スタッフ)

前職:繊維加工

2023.11.14

24歳で、メンズエステ業界に。月給は半年で45万円。描く未来はもっともっと大きい

この記事のポイント!

  • 給与や昇給、休日等について詳細な説明。「ここだ」と思えた
  • まずは“当たり前のこと”ができれば。意欲次第で経営も学べる
  • ルームもエリアも拡大中=“スタッフにチャンスが多い”からこそ

地元九州の高専を卒業後、20歳で大手の化学企業に。ところが

地元九州の高専(高等専門学校)を出た後、20歳で大手の化学企業に入りました。関西に配属されて、繊維加工の業務に携わったんです。

上場企業ですから、労働環境や福利厚生に不満はありませんでした。ただ月給は低かったですね。初任給が20万円ぐらい。月末は苦しかったのを覚えています(笑)。

何より2年半いても、職場で意見が通らないんですよね。「製品検査の過程を効率化しましょう」と投げかけても、潰されるというか、フィードバックさえありませんでした。

おそらく上は、高専出の若い社員に提案なんか求めていなかったんでしょう。指示通りに黙って動く、真面目な人間が欲しいのが本音。そこに気がついたら、働くのがバカバカしくなってしまって……。

結局気分も環境も変えようと、上京してIT系のベンチャー企業に転職することにしました。若い会社なら、上司部下の風通しも良いだろうと考えたんです。

「メンズエステで働きたい」⇒『リベア巣鴨』に飛び込み電話?!

ところがいざそちらに入社してみると、面接で聞いた話とは全く違う業務をやらされました。結果3か月で退職。さすがに凹みましたね(笑)。「ついてないなあ」と……。

それでなぜメンズエステ業界に、というのは、僕にはセラピストやスタッフの友人がいたんですね。業態としてまだ新しいし、費用対効果も高い。店選びさえ間違わなければ収入も悪くないと聞いて、求人を探してみることにしました。

中でも『クラウングループ』に決めたのは、実は“飛び込み電話”を掛けた結果なんです(笑)。「山手線沿線で働きたい」と思って、「○○駅 メンズエステ」と一駅ずつ検索していたら、『リベア巣鴨』に辿り着いて。

「お電話ありがとうございます。リベア巣鴨でございます」
「あ、どうも。すみません、つかぬことをお伺いしますが」
「はい。何でもどうぞ」
「お宅では、スタッフの求人はやっておりますでしょうか」
「……」

給与や昇給、休日等について詳細な説明。「ここだ」と思えた

普通怪しまれますよね(笑)。でもこの点がウチのオーナーらしいというか何と言うか、スタッフを通して「では一度面接にいらしてください」と。

当然面接で「どうやってウチを見つけたの?」と聞かれました。「片っ端から電話を掛けまくりました」と正直に答えたら、「大胆だね。おもしろい」と笑ってくれて。「若い内はそれぐらいで良い」と、行動力を褒めてもくれました。

「ちょうど人を募集しようと思っていたんです。もしやる気が本物なら、ウチで頑張ってみますか?」

給与や昇給、休日等についてもくわしい説明があって、僕自身「ここしかない」と思えました。「ぜひ」と働き始めたのが、ちょうど半年前ですね。ご縁には感謝しかありません。

まずは“当たり前のこと”ができれば。意欲次第で経営も学べる

電話接客はもちろん、セラピストさんにシフトを確認したり、X(旧Twitter)の更新をお願いしたりという形で、女性とのコミュニケーションが必要な環境も初めてでした。

でも心配には及ばなくて。幸い先輩達が親身になって教えてくれたおかげで、1か月半~2か月半で、一通りの業務を覚えることができたんです。

ヒドく怒られたという記憶もないですね。周りは同世代、オーナーでさえ30代の前半で、「みんなで稼ごう」という社風です。グループと自分の成長を肌で感じられるので、やりがいもすごくあります。

実感としては、例えば挨拶とか、報告・連絡・相談という感じで、“社会人の基本”を身に付けている方なら、仕事はそれほど難しくありません。まずは“当たり前のことを当たり前に”という姿勢で良いのかなと。

その上で、様々なツールを使った集客戦略を学べるのが嬉しいですね。意欲次第で経営まで身に付けられるのが『クラウングループ』だと感じます。

ルームもエリアも拡大中=“スタッフにチャンスが多い”からこそ

先ほど少し触れたように、戦略がしっかりしているので、ルームもエリアも拡大し続けています。現在巣鴨に6、日暮里に3、大塚に3ルームあるんですが、近日中に松戸に2ルーム新規オープン。日暮里でも2ルーム追加の予定です。

つまりチャンスが多いということですよね。実際来年2月に葛西にも進出予定なんですが、「岩崎君、責任者やってみないか?」と誘われています。入社が4月ですから、在職わずか半年でですよ。ありがたいしかないですよね。

月給も今30万円。ここに更に平均で約15万円の歩合給。24歳で計45万円は、なかなか良い方だと思います(笑)。

だからこそ、こんなところで満足はしていません。どうせ青天井で上を目指せるなら、みんなでもっともっとグループを盛り上げていきたいし、僕自身いずれは、複数エリアを見られるぐらいの実力を付けたいなと……。

こうして未来を思い描けているのが、本当に不思議です。春先の挫折を思えば、今は天国ですよ(笑)。

(インタビュー:松坂治良)

取材後記

藤野 りさ

執筆者

藤野 りさ

「仕事はざぞかしハードなのでは?」と思いきや、シフト制で実働9時間+休憩1時間。休日も岩崎さんは稼ぎたいので週休1日を選んでいるそうですが、ライフスタイルに合わせて2日休や3日休を選ぶことも可能だそうです。多様性を尊重する社風からも、成長の秘密が伺えますね。

プロフィール

クラウングループ

岩崎遥人

一般職(内勤・スタッフ)

(前職:繊維加工)

岩崎遥人さんがハタラク会社はこちら

クラウングループ

一般エステ(メンズエステ)