先輩たちの等身大メッセージ
VOICE

ジンセイの紆余曲折を経て、なぜ彼らは風俗業界で働く選択をしたのか。
風俗業界への転職を選択した彼らのジンセイ再生の秘訣に迫ります。

多恋人倶楽部【一般職(内勤・スタッフ)】渡邉伸さんのインタビュー記事

多恋人倶楽部

2017年入社

渡邉伸 (43歳)

一般職(内勤・スタッフ)

前職:プロゴルファー

2019.2.26

プロゴルファーから吉原に。生きるために、僕は16歳で仕事をはじめた

この記事のポイント!

  • 歩合給で稼いだリフォーム営業。やがて疑いが、心を蝕んだ
  • 30歳を越え、プロゴルファーに。テストは一発合格
  • 良いところも悪いところも知ろう。そこまで働いてみよう

16歳ではじめた1人暮らし。高校時代の手取りは25、6万円

アパートで1人暮らしをはじめたのは、高校1年生の時でした。親が亡くなって……。

家賃や学費は、バイトをして稼いだんです。手取りで月に25、6万円はあったかな? まあ、かなり一生懸命バイトしましたよね(笑)。

ところが高校を卒業していざ就職となったら、当時手取り12、3万円が相場。「とても暮らせない」と思って、月給30万円のキャバクラに勤めたんです。

マネージャー、店長と経験して、20歳でけっこうな役職にも就いたんですけど、25歳ですっぱり辞めました。“一生の仕事”とは思えなくて。

それで、今度は不動産の世界に飛び込んだんです。「父もやっていたし」と、縁も感じたんですよね。

歩合給で稼いだリフォーム営業。やがて疑いが、心を蝕んだ

リフォームの飛び込み営業を、30歳まで行いました。最初は楽しかったですよ。地域を回って、住民の方々と顔見知りになって、3か月で、スッとお仕事をいただけるようになった感じでした。

それからは歩合給でどんどん稼いで、やがて売上は全支店トップ。一度、幹部にもなりました。

でも、だんだん見えてきちゃったんですね。

「これはひょっとしたら、自分が売りたいだけなんじゃないか?」
「相手は喜んでいないんじゃないか?」
「必要なリフォームか?」

「いらないものを売っているんじゃないか?」と疑い出すと、今までの仕事もぜんぶ後ろめたくなってしまって、心を病んでしまったんですね。そしてその時、つくづく思ったんです。

「オレが稼ぐだけじゃおもしろくないんだ。お客様に幸せがないとダメなんだ」

自分はそういう性格なんだと自覚した時には、もう仕事を続けることはできなくなっていました。退職して、家に引きこもってしまったんです。

30歳を越え、プロゴルファーに。テストは一発合格

「ゴルフ場で人が足りないんだ。キャディーのバイト、してみない?」

僕にプロゴルファーの先輩がいて。引きこもっていたのを、心配してくれたんでしょうね。声を掛けていただいたんです。

ほら、ゴルフ場って緑はあるし、広いし、癒されるんじゃないかって。僕も少しでも精神的に楽になったらと思って、働きだしたんです。

ところが仕事をはじめてみると、自分の性格で、どうしてもちゃんとやりたくなっちゃうんですよね(笑)。

キャディーってプロゴルファーもやるんですけど、一緒にコースを回っているとね、お客様の目が違うんですよ。みんなプロの方に寄っていく。

僕がキャディーで付いても、すごく遠い方から「何番のクラブ持ってきてぇ!」みたいな感じ。顎で使われるっていうんですかね。

「自分もプロになりたい。なれないのか」

だんだんその思いが強くなっていって。

とは言え僕、今まで一度もゴルフをしたことがなかったんですよ。普通に考えたら、なれないですよね。

なんでまあ1年半ぐらいかな? 死ぬほど練習したんです。朝から15:00ぐらいまでゴルフ場で仕事をして、終わったら今度は自分が場内で練習して。

でも夕方には閉まっちゃいますから、今度は室内練習場に行って、ひたすらボールを打ちました。練習場も閉まっちゃったら、今度は家に帰って、5kmのランニング。なかなか壮絶でしょう?(笑)

結果、プロテストは一発合格。いや、そりゃもう、みんな驚いてましたよ。自分も30歳越えてましたしね。「よっぽど運動神経良いんだね」なんて言われて……。でも、ね、それだけじゃないですよ。運動神経だけでプロになった人、いないですから。

「プロゴルファーは10年」。そして、後輩プロに負けた時……

それからは「よし! 10年プロゴルファーをやろう」と定めて、“レッスンプロ”としてそのゴルフ場内に教室を持って、ときどき試合にも出てという感じでした。とても充実した年月でしたね。

せっかくプロになったのに、どうして辞めたのか? うーん……。そうですね、人はそう思うのかもしれないですけど、まず僕は決めていて、その10年目に備えて、後任を育てていたというのがあります。

それと、大きな試合に出るプロと、レッスンプロの差も、よくわかっていたんです。僕も練習して練習してという毎日でした。それでも破れない壁というのが、やっぱりあるんです。

決定打になったのは、ある後輩プロとの試合でした。全米でも勝った選手なんですけど、10年目の、自分が一番ノッている時に、同じ試合に出たことがあったんですね。

もう生涯のベストスコアを出して、「こんないいゴルフをしたことがない。完璧だ!」と僕が思ったその時に、前の組を回っていた彼に、3打差で負けてしまったんです。

そして負けただけならまだ良かった。でも彼は僕に、「あそこ失敗しちゃって」と言ったんですよ。その時に僕、「あ」って。

「オレ終わったんだ。もうゴルフはやりきったんだ」

生涯最高のゴルフをした僕をよそに、3打差で勝った後輩が「失敗した」と語る。この先40代の僕が10年ゴルフを続けても、今の3打の差が縮まることはないでしょう。10年目は、辞め時だったんです。

僕、やることはぜんぶやりました。一片の後悔もないですよ。

ゴルフのレッスンと、吉原の共通項

その後吉原に勤めることになったのは、一つの縁ですね。長くレッスンをしていた方のお1人が、吉原のソープランドでオーナーをしていて、僕はその方に惹かれたんです。

「この人がお店のオーナーを務める業界なら、悪くはないはずだ」

実際働いてみると、なかなかハードでしたね。はじめのうちは、頭を使うというよりは体力勝負という感じ。ウチは4Fまでありますから、忙しい時には、部屋を片づけたそばからオーダーを取って、階段を駆け上がり駆け下り……。

冗談みたいな話なんですけど、プロゴルファー時代よりも足腰が強くなったような気がしますよ(笑)。たまに誘われてゴルフ場に行くと、今の方が飛びますから。

40を過ぎて入ったわけですけど、ここは上も下もないんですよ。なので、全員が同じ列で同じように仕事ができるんです。自分が早く仕事を覚えれば、それだけ仕事をやるチャンスが増えてくる。やりがいを求める僕には、最高の環境だと思っています。

何というのか、前職とすごく似た感覚もあって。

レッスンプロの時は「この人に教わりたい」と思うから、お客様はスクールに来てくれたんですよね。ここも同じです。お客様は「女の子に会いたい」と思うから、お店に来てくださるんです。心理は、同じだと思うんですね。

だから、すごく気持ちが良いですよ。求められるものをご提供している。リフォームを提案していた頃のあの心苦しさは、ぜんぜんありません。僕ら男性スタッフの役割は、いかにお客様に丁寧に対応できるか。それだけだと思っています。

せっかく入った業界なんでね。自分で「やりきった」と胸を張れるところまでがんばりたい。もちろん稼げるだけ稼ぎたいですし、そのために立場が必要ということであれば、喜んでその立場も求めたいと思っています。

良いところも悪いところも知ろう。そこまで働いてみよう

僕はどの仕事も5年10年と続けてきました。簡単には辞めなかった。なぜかと言ったら、僕は16歳の時から、“生きるため”に働いていたからです。

楽して食べていけたら、それはそれで良いのかもしれないけど、僕はきっと、そんなに面白く感じないと思う。僕にとっては遊ぶことって、ただの暇潰しなんですよね。生活の糧にならないわけだから。

僕は生きている間は、何かを学びたいんです。逃げてもたぶん、何も変わらないから。ちょっとかじったみたいな感じで「あの仕事やりました」って言うのも、何だかカッコ悪い気がして……。

つらいとかしんどいとか、どの環境にも絶対あるんですよ。でもね、良いところも悪いところもわかって、はじめてその仕事って、“理解した”って言えるんだと思うんです。だから若い方には、「つらいところだけ見て辞めたら損だよ」って言ってあげたい。

どんな仕事も、必ずつらさの後に、楽しさが来るから。

(インタビュー:松坂治良)

取材後記

藤野 りさ

執筆者

藤野 りさ

“仕事とは、生きること”。インタビュアーの松坂は、渡邉さんに触れて、そう感じたと言います。

生温い感傷はなく、どんな仕事にも全力でぶつかってきた。藤野も、ここまで“自分”というものをしっかり持った方に、はじめて出会った気がします。文章ですべてをお伝えしきれないことが悔しい。「もし機会があれば、今度は私自身が取材をしたい」。そんな風に感じ、そして生きる力を与えられたインタビューでした。

プロフィール

多恋人倶楽部

渡邉伸

一般職(内勤・スタッフ)

(前職:プロゴルファー)

渡邉伸さんがハタラク会社はこちら