風俗男性求人はFENIX JOB

先輩たちの等身大メッセージ
VOICE

ジンセイの紆余曲折を経て、なぜ彼らは風俗業界で働く選択をしたのか。
風俗業界への転職を選択した彼らのジンセイ再生の秘訣に迫ります。

総合職(店長・幹部候補)】マーシーさんのインタビュー記事

2016年入社

マーシー (30歳)

総合職(店長・幹部候補)

前職:建設業(解体作業員)

2019.4.4

メリット作りで、女の子の信頼を獲得。仕事の結果は、“評価”で返ってきた

この記事のポイント!

  • 女の子の“駆け込み寺”。チャレンジは、大成功だった
  • 作業と仕事は、違う。僕らの仕事は、女の子のプロデュース
  • マジメが、報われる。そこに学歴は、関係ない

解体作業員として、9年。業界へは、好奇心から

この業界に来るまでは、建設現場で解体作業員をしていたんです。そこに9年いたんですけど、体を壊して辞めちゃったんですね。

その後なんで、業界歴自体は3年弱ぐらいになるのかな? 何もわからないまま、好奇心だけで飛び込んだような感じです。「おもしろそうだな」って。

でも最初のお店は、4か月で退職しちゃったんですよ。少しプライベートのことでバタバタしてたいたんですね。それで、思い切って転職して、収入アップを図ろうと思いました。

とは言えここに決めた理由は、“近いから”だったんですけどね(笑)。

女の子の“駆け込み寺”。チャレンジは、大成功だった

実際働いてみて、前の店とここではずいぶん違いがありました。ここには“成長企業”という感じが滲み出ていたんです。経営がわかってる、というと偉そうですけど(笑)、接客1つ取っても、すごくスタッフの教育が行き届いているんですね。

入社して1年も経たずに店長になれたんですけど、理由は前の店長が急に辞めてしまったから。右も左もわからない状態でポストに就いたんで、「もうやるしかない」っていう感じでした。

このお店、わりとローカルなところにあるでしょう? だからまず始めに、メリットを作ってあげなきゃって考えたんです。女の子に、わざわざ時間をかけてでも「ここに来たい!」って思ってもらう必要があったんですね。

まず、環境づくりに重点を置きました。女の子の駆け込み寺じゃないですけど、ヨソの会社でツラく当たられたり、守ってもらえなかった子を、ウチが受け入れるみたいな雰囲気を目指したんです。

信じられないでしょうけど、この業界の中には、まだ女の子をモノみたいに扱う業者さんもあるんですよ。古いイメージのままに。

だからウチは逆に、スタッフも女の子も含めて、“家族感”を前面に打ち出したんですね。暖かい環境づくりを心掛けました。

僕だって、すごい自信があったわけじゃないんです。でもやってみたら、当時女の子の在籍数は30半ばくらいしかなかったのに、半年も経たずにマックス70人まで増えたんです。

この仕事ってね、結局数みたいなところがあるんですよ。女の子の数が多ければ、必然的にお客様のアクセス数も増える。

やっぱり好みは千差万別だから、マッチングの可能性も多い方が良いんですね。35人から1人を見つけるのと、70人から1人を見つけるのとでは、お客様の満足度が全然違うんです。

おかげで1年である程度お店の売上を安定させることができて、本来の目標の数字も、達成してしまいました。しかもその数字まで超えて、過去最高の売上を叩き出しちゃったんですよ(笑)。

上がそれをしっかり評価してくださって、去年の10月ぐらいからかな? 僕はエリアマネージャーをやらせていただいてるんです。

作業と仕事は、違う。僕らの仕事は、女の子のプロデュース

今は、3店舗を見ています。売上の管理ももちろんですけど、それ以上に大事なのは、女の子たちのマネジメントですね。

店舗スタッフの仕事って、電話を取って、女の子を送って、迎えに行って、じゃないんですよ。それは作業でしかないんです。

僕らの仕事は、女の子1人ひとりをちゃんと見てあげて支えて、そしてファンを増やすこと。プロデュースしてあげることなんです。

中には、ここに来るまでに挨拶さえ教わっていない子もいるんですね。新人の時だけ人気で、それが過ぎたら、先はずっとダメっていう子もけっこう多いんです。

学んでないんですね、誰からも。だから教えてあげる。マナー、接客、ケースバイケースのお客様の気持ち、言って良いこと悪いこと、キャラに合わせた言うべきことも含めて、伝えます。

キャラなんて特に、本人は気づいていないことも多いんですよ。自分の良さに気づいていないというか……。だから、「こういうところ、〇〇ちゃんの良いところだよ。そこアピールしようよ」って、アドバイスするんです。喜んでくれる子も多いですよ。

必要があれば、心を鬼にして怒ることもあります。ただ誤解しちゃいけないのは、僕らと女の子って、上下関係があるわけじゃないんですね。僕らからしたら、女の子には在籍してもらってるんです。だから、立場は対等。

女の子って、敏感ですよ。「下に見てるな」っていうのは、すぐ伝わります。だから指導という態度ではダメです。支える、気づかせてあげるっていう意識が大事ですね。

マジメが、報われる。そこに学歴は、関係ない

この業界のメリットって、学歴が関係ないことなんですよ。僕だって、中卒ですから。

だからウチの求人だって、学歴不問です。職歴なくたってOKですよ。逆に新鮮で、きっと色んなことを早く吸収できるんじゃないかな。

ちゃんと人と話ができて、真摯に仕事に向き合えれば、それで十分です。結果は後から付いてきます。

僕だって急に店長になった時は、無我夢中でした。誰かが教えてくれたわけじゃない。ただ、「ここは遠いんだから、せめてすごく素敵な空間にしよう。女の子を大切にしよう」って、思っただけなんです。

結果は売上として返ってきました。売上に会社は、評価で応えてくれました。

そう、ここではきちんと仕事が評価される。マジメがちゃんと報われる場所なんです。

僕はそれを、信じられる。信じて仕事していける。こんな幸せなことって、ないですよね。

(インタビュー:新海亨)

取材後記

藤野 りさ

執筆者

藤野 りさ

「それは仕事じゃない。作業なんです」という言葉に、ドキッとしました。それこそ真摯に仕事に向き合わなければ、出てこない言葉ですよね。マーシーさんはきっとこの調子で、これからもさらにステップアップされていくことでしょう。“マジメは、報われる”。私のいる場所ではどうだろう? 考えさえられた取材でした。

プロフィール

マーシー

総合職(店長・幹部候補)

(前職:建設業(解体作業員))

記事のマーシーさんがハタラク会社はこちら

企業名
業種
事業内容