先輩たちの等身大メッセージ
VOICE

ジンセイの紆余曲折を経て、なぜ彼らは風俗業界で働く選択をしたのか。
風俗業界への転職を選択した彼らのジンセイ再生の秘訣に迫ります。

株式会社セントラルエージェント【営業】長谷川裕之さんのインタビュー記事

株式会社セントラルエージェント

2015年入社

長谷川裕之 (33歳)

営業

前職:音楽業界

2019.4.3

夢は、全国制覇! 本気でそう思えるのは、会社が居場所をくれたから

この記事のポイント!

  • 考えた将来性。風俗業界の仕事は、きっとなくならない
  • 新規と継続、両方を見れず、いっぱいいっぱいに。でも、その時
  • テレアポで、全国制覇。僕、本気です!

学生時代から始めた音楽業界の仕事。でも、次第に……

『セントラルエージェント』に来る前は、小さなレコード会社に勤めていたんです。

学生時代に、ライブやイベントのお手伝いを始めたのがきっかけですね。好きなアーティストがいて、そのサポートをしている内に、のめり込んだという感じ。

楽しくて、大学まで中退しちゃって、インディーズのCDを作ったり、アーティストのマネジメントをしたり、ライブやツアーも組んで、一緒に周ったりするような日々でした。

最後は系列の会社で代表まで務めたんですけど、ご存知の通り、音楽業界自体が下火になってしまって……。

資金繰りも難しいなというところで、転職を考えるようになったんです。

考えた将来性。風俗業界の仕事は、きっとなくならない

その時漠然と「広告関係の仕事をしたい」という思いだけはあったんですね。なので、色んな広告代理店を受けました。

もう29歳で、20代最後。これがラストチャンスのつもりで、真剣に就職活動をしました。大学を中退してそのまま音楽業界に、という流れだったんで、就活自体も新鮮で、楽しかったんですよね。

実は、他はぜんぶ、いわゆる一般の広告を扱う代理店だったんですよ。ここだけが、ナイトワーク、風俗関係の広告代理店で。

他社でも内定いただいたのに、どうしてここに決めたのかというと、まず先輩が、別の会社ではあるんですけど、やはり風俗を扱う代理店に勤めていたんですね。それで、「あ、おもしろそうだな」というのがありました。

後は正直、下火の音楽業界で苦しんだ分、将来性を気にしたんですね。風俗業界の仕事は、きっとなくならないだろうって。自分のこれからを、賭けられる気がしたんです。

とは言え、内定いただいた時は「え、どうしようかな」って、思ったんですけどね(笑)。コワいっていうよりは、自分にやれるのかなというところで。

でも、『セントラルエージェント』って、Webに力を入れているのがウリじゃないですか。それは、当時からそうだったんですね。

その意味でも、先進的で夢があると思ったし、後は正直なところ、給料が良さそうだなって(笑)。

先輩だって同じ業界でやれたんだし、僕にもやれるだろう、せっかく縁をいただいたんだからと思って、お世話になることに決めたんです。

最初は営業サポート。でも、営業がカッコよく見えて

入社当初は、営業サポート課という部署にいました。他で言うと、編集部に当たりますかね。2年弱くらいを、そこで過ごしました。

そこで媒体知識や、広告掲載までの一連の仕事の流れなんかを覚えられたので、すごくい経験でしたよ。

でもその内に、自分も営業をしたくなっちゃったんですね。やっぱりこの仕事、営業が“華”なんで、皆さんがカッコよく見えたんですよ。プレイヤーになりたいな、と思って、希望を出したんです。

新規と継続、両方を見れず、いっぱいいっぱいに。でも、その時

2年弱で媒体知識を培っていたんで、ある意味で準備万端ですよね。なので、営業は楽しかったですよ。電話でアポイントを取って、商談。入稿いただいて、反響があると嬉しくて。

でも、甘い甘い(笑)。先輩の退職後に、大きな案件を幾つか引き継いだんですけど、新規と継続をバランス良く見ることが僕、できなかったんですよ。完全な実力不足で。

新規が取れても、継続のケアまで手が回らない。そうこうしているうちに、両方の数字が悪くなって行っちゃったんですね。なお悪いことに僕、誰にも相談せずに、勝手にいっぱいいっぱいになっちゃって……。

上が心配してくださって、「分業にしようよ」って、提案を受けたんです。もともとテレアポ、新規開拓は得意なんだから、僕はそこに集中したら良いんじゃないかって。

「長谷川君は、バンバンアポ取ってくれたら良いよ。そしたら僕らが行って、しっかり商談まとめてくるから」

ホッとしたっていうより、申し訳ない気持ちが強かったですね。なんで、テレアポは本当に「自分に任せて」ぐらいの感じで、一生懸命にやっています。

ただこうして続けてみると、分業って、すごく良いシステムですよ。1人ひとりが持ち場に専念して、チームワークで仕事を取ってくる。仲間意識も生まれるし、ムリがないから、すごく働きやすいんです。

テレアポで、全国制覇。僕、本気です!

僕の目標は、電話だけで全国を開拓することなんです。まだまだ『セントラルエージェント』って名乗っても、あまり反応良くない地域もありますから。

テレアポのプロになると言ったらアレですけど、アポ取りは僕の武器の1つなんで、極めたいですよね。

新規って、向こうもこちらを全然知らない。自分の色を出せるんで、やりがいもあります。ウチの会社って、あまり「ああしろこうしろ」って、言われることもないですからね。個人にノルマはないし、数字が下がったからといって、「辞めろ」みたいな雰囲気や圧力もない。

むしろ、「どうしたら働けるかな」って、考えてくれます。あのピンチの時だって、僕がもしまた営業サポートに戻りたいと言ったら、会社はたぶん、考えてくれたと思うんです。

適材適所って言うじゃないですか。僕がジョブチェンジしたみたいに、誰にも必ず、向いているものがあるはずですよね。

もちろん甘えちゃいけないんですけど、ここは僕に、居場所をくれたんですね。だから僕も、がんばれる。がんばり続けようって、思えるんです。

(インタビュー:松坂治良)

取材後記

藤野 りさ

執筆者

藤野 りさ

営業と聞くと、ついついノルマや数字の厳しさを想像しがち。ピンチの時にそっと手を差し伸べ、ジョブチェンジまで用意してくれるなんて、懐が深いですよね。今はのびのびと働けているという長谷川さん。ぜひ本当に、電話による『セントラルエージェント』の全国制覇、かなえてください!

プロフィール

株式会社セントラルエージェント

長谷川裕之

営業

(前職:音楽業界)

長谷川裕之さんがハタラク会社はこちら

記事の長谷川裕之さんがハタラク会社はこちら

時代にも会社にも、流されない。どこでも通用する力、育もう。【広告代理店】*社保完備*完全週休2日制*8時間勤務*家族手当
企業名 株式会社セントラルエージェント
業種 その他
事業内容 ・ナイトレジャー系総合広告代理店業務 ・広告掲載代理業務 ・各種求人媒体の掲載代理業務 ・その他前項に付帯する業務

株式会社セントラルエージェントの求人はこちら

営業

ノルマ? テレアポ? ウチの営業にはいりません。【広告代理店】*社保完備*完全週休2日制*8時間勤務*交通費支給*家族手当

  • 正社員 月給30万円~

勤務地:≪勤務地≫ 東京都新宿区荒木町23-15 曙大鉄ビル9F ≪アクセス≫ 都営新宿線「曙橋」駅 A1出口より徒歩3分 東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目」駅より徒歩6分

カメラマン

ここで、どこでも戦えるカメラマンに【広告代理店】*社保完備*完全週休2日*8時間勤務*交通費支給*家族手当*健康診断あり

  • 正社員 月給23万円~

勤務地:≪勤務地≫ 東京都新宿区荒木町23-15 曙大鉄ビル9F ≪アクセス≫ 都営新宿線「曙橋」駅 A1出口より徒歩3分 東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目」駅より徒歩6分

総務・人事

普通の事務? いいえ、誰にも負けない事務です。【一般事務】*女性歓迎*社保完備*完全週休2日制*8時間勤務*交通費支給

  • 正社員 月給23万円~

勤務地:≪勤務地≫ 東京都新宿区荒木町23-15 曙大鉄ビル9F ≪アクセス≫ 都営新宿線「曙橋」駅 A1出口より徒歩3分 東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目」駅より徒歩6分

その他職種

クリエイティブな事務職は、こちらです。【営業事務】*女性歓迎*社保完備*完全週休2日制*8時間勤務*交通費支給*家族手当

  • 正社員 月給23万円~

勤務地:≪勤務地≫ 東京都新宿区荒木町23-15 曙大鉄ビル9F ≪アクセス≫ 都営新宿線「曙橋」駅 A1出口より徒歩3分 東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目」駅より徒歩6分