先輩たちの等身大メッセージ
VOICE

ジンセイの紆余曲折を経て、なぜ彼らは風俗業界で働く選択をしたのか。
風俗業界への転職を選択した彼らのジンセイ再生の秘訣に迫ります。

KASOU DE SPA【一般職(内勤・スタッフ)】岡田一大さんのインタビュー記事

KASOU DE SPA

2018年入社

岡田一大 (33歳)

一般職(内勤・スタッフ)

前職:フリーター

2019.6.11

1人ひとりのがんばりは、もちろん大事。でも、1人にだけ頼ってはいけない

この記事のポイント!

  • 1年間のブランクを経て、また業界に。「自分を活かしたい」
  • 「あの店のフロント、めっちゃ親切」。お店の理想形
  • 大切なのは、ゆとり。だからこそ、今への感謝

いきなりお店を任され……。先生は、女の子とお客様だった

こちらに入社して、11か月になります。業界歴自体は、けっこう長いですよ。以前の会社は、ホテヘルとデリヘルを手掛けていました。

そうですね、エステはここが初めてです。でも接客や女の子のマネジメントという意味では、業態が違っても経験は活かせます。業務にはスッと入っていけましたよ。

そう言えるのも、以前いた会社で、キツい経験をしたのが大きいですけどね(笑)。

入社して間もない頃に、いきなりお店を任されたんですよ。

「店とか行ったことあるやろ。利用したこととか」
「え? はい。まあ……」
「どういう対応されたか、思い出してやってみて」
「……はい」

もうマニュアルも何もなくバーンッて投げられて。できるわけがない(笑)。今思うと何もかもめちゃくちゃで、きっと自己流だってあったと思いますけど、おかげさまで仕事は覚えられました。

本当に誰もいなかったから、お客様と女の子が先生という感じでしたね。試行錯誤の連続の中で、自然と力が付いたんです。

だから短期間で一人前になれたという自負はあるんですけど……。ただ、人にはお勧めしませんね。このやり方も、あの会社も(笑)。

1年間のブランクを経て、また業界に。「自分を活かしたい」

実際その会社はなくなっちゃったんです。僕自身もほとほと疲れてしまって、1年間休養というか、まったく何もしませんでした。

ところがその後フリーターとして過ごしている内に、やっぱりまた業界に戻りたくなっちゃったんですね。結局何だかんだで僕はこの世界しか知らない。他の業界ではバイトに就いたぐらいなんで、自分を活かせないんですよね。

そう思った時に、「あ、自分は自分を活かしたいんだな」というのにも気づいて。やりがいって、すごく大事なことに、あらためて気づかされたというか……。

歴も長かったんで、知り合いのツテを頼りに、色んなお店を受けました。条件も合ったし、どうせなら新しい“エステ”という業態にもチャレンジしたいなと思って、こちらでお世話になることに決めたんです。

女の子のがんばりは重要。でも、個人に依存してはいけない

今の業務はフロントスタッフですね。受付とか電話応対をしています。

以前より集客は意識するようになりましたね。他店さんの良いところも、Webサイトをよく見たり、評判を聞いたりして、積極的に取り入れるようにしています。

「このお店、良かったよ」

いちばん重要なのは、お客様にこう思っていただくことですよね。実は「あの女の子と遊んだ」って、お客様はあんまり言わないんですよ。「あのお店で遊んできた」って言うんです。イメージとして残るのも、評判として受け取られるのも、お店だったりするんですね。

もちろんそれは女の子1人ひとりのがんばりのおかげなんですが、一方で個人に依存してはいけないんですよ。じゃあ看板のその子がいなくなったら、どうなるの?ってなっちゃう。

「あの店のフロント、めっちゃ親切」。お店の理想形

ならどうするかって言ったら、やはりお店自体のブランド力を高めること。女の子たちみんなに質の高い接客をお願いして、例えば「KASOU DE SPA いいよ」って、どの女の子の時でも言われるのが理想ですよね。

あとは何と言っても、受付の僕たちの応対です。いろいろ試しても来ましたけど、いちばん必要なのは結局誠実さかなという気がしています。

僕はかわいい子はかわいいって言いますし、「このお客様に合わないな」っていう子は、たとえみんな出払っていて、その子しかいないような場合でも、お勧めしません。

ご相談を受けた時は、できるだけ親身になってお話を聞きます。くわしくうかがって、リピートしていただけるような子を考えます。

結果好みの子がその日はいないとなっても、そうするとお客様は、またいつか帰ってきてくださるものなんです。

「あの店のフロント、めっちゃ親切やで」

こんな口コミが広がれば、もうこっちのものです。まあなかなかそう上手くはいかないんですけど(笑)、理想はこうだと思います。

大切なのは、ゆとり。だからこそ、今への感謝

ここに来るまでは、スタッフが足りていない現場ばかりだったんですよ(笑)。なので、今はずいぶん余裕を持って働けている気がします。

じじくさいですか?(笑) でも、ちゃんと週に1回は休んでって、すごく大切なんですよ。それさえママならない会社が、実は意外と多いんです。

人が足りてる証拠にもなりますしね。こんな被りものをしちゃう余裕もあります(笑)。

冗談は抜きにして、からだも心も、“ゆとり”というのは、やはりなくてはならないものという気がします。女の子に優しくなれるし、お客様には親身になれる。今僕、恵まれてるなって思うんです。

(インタビュー:さいとう)

取材後記

藤野 りさ

執筆者

藤野 りさ

親身なお店が好感を持たれるのは、風俗に限りませんよね。かつての会社でいきなりお店を任されたからこそ、接客面で学ぶことも多かったでしょうし、今お勤めのお店の良さも、見えるものなのでしょう。仕事のすべてが、いつかの自分の糧になる。あらためて教えられたインタビューでした。

プロフィール

KASOU DE SPA

岡田一大

一般職(内勤・スタッフ)

(前職:フリーター)

岡田一大さんがハタラク会社はこちら

KASOU DE SPA

エステ・マッサージ