先輩たちの等身大メッセージ
VOICE

ジンセイの紆余曲折を経て、なぜ彼らは風俗業界で働く選択をしたのか。
風俗業界への転職を選択した彼らのジンセイ再生の秘訣に迫ります。

人妻百花【総合職(店長・幹部候補)】木村ユウキさんのインタビュー記事

人妻百花

2012年入社

木村ユウキ (35歳)

総合職(店長・幹部候補)

前職:画廊スタッフ

2019.8.16

明確なターゲット、勝てるコンセプト。どうすれば、それを生み出せるのか

この記事のポイント!

  • このまま次も漫然と働いて良いのか。いや……
  • 稼ぎたい自分。だからこそ、キャストに親身になる
  • 転機はコンセプトを変えたこと。戦略の勝利だった

大学卒業後、画廊に。給与は良かったが……

ここで働く前は、画廊の仕事をしていました。

絵画の買付をして、作家さんが作品を出すための準備をして、そしてお客様に絵を買っていただく。

大学卒業後から働いて、仕事もけっこう楽しかったんですよ。やりがいもありました。

ただ、その頃の自分には何もなかったんですね。資格がなくてもできる仕事で、お給料も良かったから、何となくそのまま来てしまっていて……。

そこを辞めて、1年間プラプラしていた時ですかね。自分には何かスキルがあるわけじゃない、27歳という年齢を考えた時に、そのうえでまた「稼ぎたい」となったら、選択肢は風俗しかない気がしたんです。

このまま次も漫然と働いて良いのか。いや……

ただ、今度また給料が良いというだけで働いていたら、また漫然と5年10年が過ぎていくだけだと思ったんです。

だから、今度はしっかりスキルやノウハウを身に付けて、独立を目指そうと思いました。それくらいの覚悟がいるんじゃないかなって。ここの面接でも言ったんですよ。

「3年後には独立させてください」

結局まだ独立していないんですが(笑)、この時危機感を持って臨んだことは、自分にとってすごく良かったと考えています。30歳になる前に気づけたからこそ、今があるんじゃないかなと。

稼ぎたい自分。だからこそ、キャストに親身になる

実際、その意味ではこのお店は、打ってつけの場所でした。がんばりを認めていただいて、1年半で店長にしていただけましたから。

ただ、初めは失敗ばかりでしたよ。まずキャストを揃えるのもたいへんで……。

まだ自分に自信が持てなかったんでしょうね。それが顔にも出ちゃっていたと思うんですよ。「このお店大丈夫かな?」って、女の子を不安がらせていたんじゃないかなと。面接の度に断られてって、そんな状況がずっと続きましたから。

「堂々としてな。それだけで違うから」

助けになったのは、先輩のこの言葉ですね。プラス「稼ぎたい自分だからこそ、まずこの子達を稼がせてあげるんだ」と意識を変えて、女の子ごとにどうしたらそれができるかを、面接の場から一緒に考えるようにしたんです。

その繰り返しのうちに、徐々に在籍も増えていきました。不思議なもので、責任者としての覚悟のようなものも、自然に育まれた気がします。

転機はコンセプトを変えたこと。戦略の勝利だった

勝負はそこからですよね。女の子が集まっただけでは、売上は伸びませんから。何かがいる。

思い切って僕らは、競合店とターゲットを変えることにしたんです。

というのは、当時の西中島には僕らのお店を含めて3つの熟女店があったんですが、コンセプトはどこも同じだったんです。

“落ち着いた40代女性のおもてなしを、わずか1万円で受けられる”

ほかは20代前半までの若い子のお店だったんですね。ここをズラしてみました。

“20代後半から30代半ばの女性の心づくしを、1万3,000円で受けられる”

この年代だけがポコッと空いていたから、やっぱりお客様には新鮮に映ったんですね。30代前後の女性がお仕事を探そうという時にも、ウチだけがニーズに応えられたので、在籍キャストの厚みが増したんです。

あとは、電話応対をもう一度見直しました。下から下からの対応でお客様の気分を上げて、その上でキャストさんを送り出すということを徹底したんです。

立場が上の人ほど、誰よりも失敗している

何でそんなこを思いつけたのか? うーん……。

必死だったのと、わずか1年半で店長になれた喜びですね。ここは会社の仕組みのおかげだと思います。

“仕事で結果を出した人間には、どんどんチャンスを与える”

同じように、今僕のもとで働く若い子たちも、店長になれるぐらい優秀なスタッフに育てたいですよね。本音を言えば、できる子を手離すのは痛手。ずっと手元に置いておきたい(笑)。でも、そこまで思えるぐらいに育ったのって、喜びのはずですよね。

これからこの業界に入る方に言いたいのは、失敗を恐れないでほしいということですね。立場が上の人は、誰よりもチャレンジして、誰よりも失敗した人なんです。

僕だって初めは、女の子の面接だってまともにできなかったんですから。売上だって出だしから良かったわけじゃない。機会をくれた社長には、感謝しかないですよ。

「このままずっと、何となくじゃダメだ」

そう思ってこの業界に入った27歳の僕が、今はしっかり先を見据えられるようになりました。コンセプトは、ターゲットはって、考えて仕事に取り組めるようになった。

まずは“意識”なんだなって、ほんとうにそう思います。

(インタビュー:新海亨)

取材後記

芦澤 光

執筆者

芦澤 光

コンセプトを“ズラす”。この工夫・戦略は、風俗に限らず色々な仕事で応用が効くように感じました。チャンスを与えられる中で、さらに戦略も学べる。だからこそ上が“手離したくない”と思える人材が育つんでしょうね。会社の風土のようなものも感じました。次のインタビューはぜひ、木村さんが育てた店長さんに!

プロフィール

人妻百花

木村ユウキ

総合職(店長・幹部候補)

(前職:画廊スタッフ)

木村ユウキさんがハタラク会社はこちら

人妻百花

ホテルヘルス(ホテヘル)