風俗男性求人はFENIX JOB

先輩たちの等身大メッセージ
VOICE

ジンセイの紆余曲折を経て、なぜ彼らは風俗業界で働く選択をしたのか。
風俗業界への転職を選択した彼らのジンセイ再生の秘訣に迫ります。

横浜ダンディー【総合職(店長・幹部候補)】マグナム・マサさんのインタビュー記事

横浜ダンディー

2013年入社

マグナム・マサ (32歳)

総合職(店長・幹部候補)

前職:保険事務

2019.8.23

退屈から逃れたくて、変化を求めてここに。待っていたのは、終わりのない楽しさ

この記事のポイント!

  • お金の“終着点”が風俗だと感じた。その理由
  • みんなの“真面目”に驚いた。昇格のために、努力したこと
  • 変化もあるし、終わりがない。だから、楽しい

能動的に動けなかった前職。高給だけでは続かない

専門学校を卒業してから最初に就いたのは、保険関係の仕事でした。

本当は国家整備士を目指していたんですけど、どの仕事もお給料が少なかったんですよね。

待遇面とか将来性とかをよくよく考えたら、ちょっと違うなと。そこで、当時の選択肢の中から1番待遇が良かった保険の仕事を選びました。

実際、周りの同年代の人たちと比べてもかなり貰っていたと思います。年収で言うと、良いときで700万円ぐらいあったかな?

でも、仕事がめちゃくちゃつまらなかったんです。毎日の業務が同じことの繰り返しで……。

自分から進んでするような仕事はなくて、会社からやらされてやっているようなことばかりたったんです。

自分で1から努力して積み上げた仕事もあったんですが、会社からNGが出てしまって、打ち止めになったこともありました。

そこで、「誰がやってもできる仕事しかさせてもらえないんだな」って感じちゃったんです。自分にとって面白くなく、やりがいもない仕事を定年まで続けることを、イメージできませんでした。

お金の“終着点”が風俗だと感じた。その理由

辞職後にこの業界を選んだのは、一言で言うと、ここは“お金の最終地点みたいなところ”だと感じたからなんです。

保険の仕事をしていた兼ね合いもあるんですけど、怪我で保険金受給中の方の中には「ちょっと余分に通院して儲けようかな」みたいな方もいたんです。で、少し調べてみると、風俗に行ったりしている(笑)。

もちろん、正しく汗水垂らしてお金を稼ぐ方が大多数ですよ。言いたいのは、その稼いでできた余裕のあるお金が、“娯楽”として行き着くところに、風俗がある気がしたんです。

「じゃあこの世界で自分は、どれだけ稼ぐことができるだろうか」と、ふと思ったんですよね。

その後、当時普及し始めたスマートフォンを使って求人を探しました。とある風俗関係の求人サイトを見ていたのですが、そこで1番大々的に広告を打ち出していたのが『ダンディグループ』だったんですね。

正直、当時は風俗のことは全く知らなかったので、「大きなグループだし、しっかりしているだろうから問題ないかな」ぐらいの気持ちで応募しました(笑)。

みんなの“真面目”に驚いた。昇格のために、努力したこと

実際にこの業界に飛び込んでみて驚いたのは、みんなとても真面目だということ。

というのも、正直働く前は、風俗業界で働いている人って、ちょっとヤバい人が多いのかなという印象があったんです。でも全然そんなことはなくて、入ってきたばかりの自分にも親切に優しく接していただきました。教えること1つとっても“すぐ、その場で”という感じで、スピード感があったのもすごく印象的でした。

それからもう6年ですね。今では店舗責任者まで昇格させていただいて。

もともと、入社したときから出世意欲と言うか、自分の実力で給料を上げていきたいという思いがありました。昇格のために意識したのは、とにかく先輩の動きを見たこと。常に意識して先輩や上司を見て、日々の業務に取り組んでいました。

もちろん、仕事の中で色々と失敗したこともあります。なかでもいちばんは、店舗型あるあるだと思うんですけど、女の子が接客している最中に、部屋のドアを開けてしまったこと。

部屋の中は暗かったので、特にどんな感じだったかっていうのを覚えてはいないんですけど、ただ「とんでもないことをしてしまった」と。当時の上司が、なんとか女の子とお客様をフォローしてくださったんですけど、めちゃくちゃ焦りました。

それからは、どんな時も注意深く、ですね。ぼんやりしていなければ、防げることですから。

変化もあるし、終わりがない。だから、楽しい

仕事はめちゃくちゃ面白いですよ。仕事そのものがすごく楽しいですね。

特に面白いのが、“自分の中で考えてやったことが、結果として出てくる”っていう部分です。これは、前職には無かった。

“ネット媒体で、お店をどう宣伝していくか?”
“どういう女の子をどうやって世の中にアピールしていくのか?”

この辺りもぜんぶ自分で考えて、やったことがお客さまからポジティブな反応として返ってくると、やりがいを感じますよね。

あとは、女の子へのアドバイス。接客の中で「ああしてみよう。こうしてみよう」という助言を女の子にするんですが、「よかったです」「指名増えました」って言ってもらえると、やっぱり嬉しいです。

このお店に限らず、風俗って色んなタイプの女の子、お客様がいるじゃないですか。だから“必ずこれをすれば大丈夫”っていうのはないんですよね。絶えずお客様、女の子に合った方法を考えて、提案してっていう風にやっていくのが大切で、変化もあるし、終わりがないんです。

「今までやっていたものじゃ通用しなくなってきた。次、どうしていこうか」

常に新しいものを考えて、その時あったものを実践していくというところも大事ですね。いつも“考える”という楽しみは、強く感じています。それこそが、自分がこの業界に求めていたものだったので。

“絶対的”な1番を目指す。そして、そのプロセスに自分も

今後の目標ですか?

1番になることです。ウチのお店は店舗型ですけど、デリヘル、ソープを含めて風俗業界の1番、お客様の認知度の1番、在籍している女の子の数の1番。どの分野でも絶対的に1番になること。お店を成長させるためには、1番を目指していくという気持ちは、それこそ“絶対“に必要だと思うので……。

その中で、このプロセスの中に自分も第一線として関わっていたい。僕はきっと、ずっとワクワクしていたい人間なんです。

(インタビュー:徳山央樹)

取材後記

芦澤 光

執筆者

芦澤 光

700万円の年収と安定を投げ打ってでも“面白さ”を求めたマサさん。結果は大成功だったようですね。充実した日々を手に入れただけではなく、今や給与も前職を上回っているとのこと。“信じれば道は切り開かれる”を、地で行くような方でした。

プロフィール

横浜ダンディー

マグナム・マサ

総合職(店長・幹部候補)

(前職:保険事務)

マグナム・マサさんがハタラク会社はこちら

横浜ダンディー

ファッションヘルス(店舗型ヘルス)

記事のマグナム・マサさんがハタラク会社はこちら

横浜で安定した生活を!
企業名 横浜ダンディー
業種 ファッションヘルス(店舗型ヘルス)
事業内容 当店は、横浜エリア最大級のグループとして、店舗型ヘルスを運営しております。 更なる飛躍に向けて、共に頑張ってくれる力が必要です。 やる気がある方、即戦力になる方、大歓迎です! 分からないことや不安なことなど色々とあると思います。 未経験の方も親切・丁寧にフォローしておりますので安心してご応募ください♪ 経験者の方は、すぐにあなたの経験を発揮できる環境があります。 あなたの技量を存分に発揮してください!

総合職(店長・幹部候補)のその他のVOICEはこちら