先輩たちの等身大メッセージ
VOICE

ジンセイの紆余曲折を経て、なぜ彼らは風俗業界で働く選択をしたのか。
風俗業界への転職を選択した彼らのジンセイ再生の秘訣に迫ります。

Wing group【総合職(店長・幹部候補)】藤田直博さんのインタビュー記事

Wing group

2016年入社

藤田直博 (30歳)

総合職(店長・幹部候補)

前職:キャスト(ボーイズバー)

2019.9.2

自分の成長が収入に、そして会社の成長にも結び付くから、「もっと」と思える

この記事のポイント!

  • 肝臓を壊し、転職。“遊び半分”からの卒業
  • 部活じゃない。“仲良しこよし”だけではいけない
  • 「自分のことばっかり」と思わせない。みんなでハッピーに

バーテンのつもりが、ボーイズバーに。でも、いいかなと……

ここで働く前は、色々な仕事をしていました。

1番最初に就職したのはウェブ系の会社です。WEBデザイナーとしてサイトのデザインを手掛けたり、コードを書いたりしていました。あとはアプリ用の漫画の編集をしたりしていて、仕事内容的には結構楽しかったんですが、お給料のほうがあまり良くなくて……。

それと、以前からお酒について興味があったんです。本格的に触れてみようかなということで、会社を辞めてバーテンダーになろうかなと。

でもバーの面接だと思って行ったら、中身はボーイズバーだったというオチが付くんです(笑)。まあでも、それもいいかなと思って。

正直、女性とのコミュニケーションが得意ではなかったんですね。そこで矯正というわけじゃないですけど、女性と話せるようになれたらいいかなと思ったんです。

肝臓を壊し、転職。“遊び半分”からの卒業

入ってみると、仕事は結構楽しかったですよ。夜のお仕事をしている女の子なんかがたくさん来てくれて、当時は仕事というよりも、遊び半分な気持ちで働いていました。

お給料も同年代に比べるとかなり稼いでいました。平均で言うと月50万円から80万円ぐらい。1番良い時で100万円を超えていたこともあったんです。

辞めた理由ですか? 肝臓をちょっと壊してしまって……。一大事になるほどではなかったんですが「このまま続けても良くないな」と思ったんですね。

ただ、仮に肝臓を壊していなくても辞めていたとは思います。年齢的にも、もう“遊び半分”はきちんと卒業しなきゃと思って。

友人から「今、ウチ人足りてないんだよね」と誘われて、思い切ってこの世界に足を踏み入れてみたんです。

部活じゃない。“仲良しこよし”だけではいけない

実は僕、風俗で遊んだ経験が今までなかったんです。なので、「何をするんだろう?」という思いはありました。

ネガティブなイメージも無かったわけではありません。「きっと怖い人達がいるんだうな」って(笑)。

だけど、そんなことなくて。接し方も非常に柔らかくて優しいですし、本当に、一般企業で働く人達と変わらないなと。

1番最初の業務? 確か電話受付だったと思います。そこまで難しいとは感じませんでした。慣れてからも思いは変わらなくて、難しさよりも、“奥の深さ”を感じることが多いです。

例えば女の子との接し方にしても、自分の行動1つで彼女たちの気持ちも信頼もかなり変わってくるんだなと。モチベーションを上げるために、元気づけたり、あえてわざと怒ったり……。誤解している方も多いんですけど、やっぱりときには厳しさも大切です。

ウチは人間関係がカチカチしているという感じではなくて、みんなでワイワイというか、アットホームな感じでやっている会社ではあるんですが、仲良しこよしだけじゃダメですよね。僕らは部活動ではなくて、仕事をしているわけですから。

「自分のことばっかり」と思わせない。みんなでハッピーに

仕事のうえで特に大切なのは、女の子の出勤を確保することですよね。

出勤表が女の子で埋まっていないと、必ずお客様からの電話も減ってしまうものなんです。

お客様によって、お目当ての子がいたり、どのタイミングで何時に遊びたいというのがあると思うんですが、そのベストな“兼ね合い”も、女の子が多い方がつくりやすい。バリエーションができるんですね。

だからスタッフは女の子の出勤を必死に確保するんですが、ただ、相手は僕らと同じ生身の人間です。負担も大きいんだから、体のことを気遣ってあげたり、メンタル面も労わりつつ、出勤可能か聞くわけですよね。

数字数字だけでは、“自分のことばっかり”となります。女の子だって出勤しなければ収入がないんだから、そこをしっかり話して、悩みも聞いて、みんながハッピーになれる方向で、話を進めるのが大切なんですね。女の子に僕らを“必要”だと思ってもらう……。

最後は誠実さなのかなと、思ったりします。女の子って、敏感ですからね。

いつかは独立を。経営だって学びたい

ここに入社して、2年10ヶ月。もう3年近くが過ぎました。

続けられたのは、とにかく職場環境が良いことだと思うんですね。お給料ももちろんですが、ウチはスタッフ間がギスギスしていないというか、上司に何でも相談しやすい。風通しがいいんです。

だからこそ僕も、支えられて“上”を目指せるんじゃないかなと。成長するに伴ってお金も付いてくるから、やりがいはありますよ。それでさらに会社も大きくなって、いつかは独立できたら嬉しいですね。

「独立したい」は実は、入社した時からの夢なんです。今は店長で、トップの立場の方々とも距離が近いですから、経営のことも、しっかり学びたいと思っています。

(インタビュー:徳山央樹)

取材後記

芦澤 光

執筆者

芦澤 光

やりがいあふれる表情でインタビューに答えてくださった藤田さん。自分の成長と収入、会社の成長が結びついているから、日々に充実を感じられるんですね。いつかきっと、独立の夢を。その時にはまた、取材させてくださいね。

プロフィール

Wing group

藤田直博

総合職(店長・幹部候補)

(前職:キャスト(ボーイズバー))

藤田直博さんがハタラク会社はこちら

Wing group

デリバリーヘルス(デリヘル)

記事の藤田直博さんがハタラク会社はこちら

「多様性」の魅力で、まもなく10年。私たち、これからです。【月収100万円だって目指せる】*完全週休2日*実働8時間
企業名 Wing group
業種 デリバリーヘルス(デリヘル)
事業内容 1.無店舗型性風俗特殊営業 2.インターネット、携帯電話等のネットワークを通しての会員制各種情報の提供 3.ウェブサイト、ウェブコンテンツ及びデジタルコンテンツの企画、制作、運営、管理、販売及び配信 4.結婚相談及び紹介所の経営 5.リラクゼーションサロン及びマッサージサロンの経営 6.前各号に関連する商品の販売 7.前各号に附帯又は関連する一切の業務