先輩たちの等身大メッセージ
VOICE

ジンセイの紆余曲折を経て、なぜ彼らは風俗業界で働く選択をしたのか。
風俗業界への転職を選択した彼らのジンセイ再生の秘訣に迫ります。

カワサキ EROTIC【一般職(内勤・スタッフ)】芹沢功一さんのインタビュー記事

カワサキ EROTIC

2019年入社

芹沢功一 (36歳)

一般職(内勤・スタッフ)

前職:風俗店スタッフ

2019.9.6

18歳で始めた風俗の仕事。同じ年数だけ働き、36歳の今、思うこと

この記事のポイント!

  • 色んな風俗を、“仕事”として体験。そして、今
  • 年収1,400万円。それでも、続けることはできなかった
  • ここはアナログ? でも、だからこそ

業界入りは、20歳になる前。初めは女の子に怒られていた

僕は高校を卒業してからすぐにホテヘルで働きました。

きっかけは地元の先輩がそこのお店で働いていて、「こういう感じの仕事をしているよ〜」っていう話を聞いたことです。

「ちょっと面白そうだな。稼げそうだな」と思って、入社しました。この業界に入る前って偏見とか怖いイメージを持っている人が多いと思うんですけど、僕は特に悪いことは思っていなかったんです。

初日については今でも覚えていますよ。当然なんですけど、右も左も分からない感じで、何がよくて何がダメなのかというのも全く分からなくて(笑)。

普通に女の子から怒られたりしていました。女の子のことも全然把握できていなかったし、扱い方や接し方なんかも、わかっていませんでしたから。

ホテヘルなので対面での接客が主だったんですけど、やっぱりお仕事が取れると嬉しかったですね。自分なりに女の子の良いところを伝えて、成約となった時はやりがいを感じました。

色んな風俗を、“仕事”として体験。そして、今

その後は様々な業種の風俗店を転々とした感じです。

自分の中で「次の主流になるんじゃないかな?」と思ったことがきっかけでデリヘル店に転職したり、「性感ヘルスって、働いたことも遊んだこともないけど、どんなところなんだろう?」と思って、そちらに転職したり……。

現在のところも、「店舗型のヘルスとかソープの経験がなかったな」と思ったのがきっかけで。求人サイトでいくつかのお店をリサーチしているうちに、巡り合いました。

年収1,400万円。それでも、続けることはできなかった

入店の決め手ですか? 前に勤めていたお店では、“稼ぐ”というところに、仕事のポイントを置いていました。実際に良い時で月収100万円、プラスでボーナスが年3回ほどあったので、年収で言うと1,400万円ぐらい稼いでいたんです。

だけどその分、休みが本当に少なかった。当時3か月に1店舗くらいのペースで新規出店していて、人材不足が常に続いていました。

店長や役職者ともなると、スタッフがいなければ自分がお店に出続けなければいけません。休みも1か月、2か月はほぼなくて……。それでちょっと、精神的に参っちゃったんですね。

そういうこともあって、ある程度休みがちゃんと用意されている方が、たぶん自分には合っているのかなと。休みがしっかりあって、働きに見合ったお給料もちゃんとという感じで探していたら、ここにご縁をいただいたんです。

今では基本的に、週に1日は休めます。有給もいただけるんで、週2日休むこともありますよ。勤務時間自体も、休憩を入れて10時間ぐらいですしね。

ワークライフバランスが上手く取れる環境なんで、働きやすいです。

ここはアナログ? でも、だからこそ

半年ほど経ちましたけど、初めてのこともたくさんあって面白いですね。デリヘルに比べてアナログ的な一面があって、それがすごくこの仕事の魅力だと思います。

例えば、デリヘルだったら電話番号を登録しちゃって、電話が掛かってきたら次回からそのお客様が誰かっていうのは、瞬時に分かりますよね。でもソープ、ここの場合は、電話なく来店ということもままあるので、そもそも電話の登録がないんです。会員番号と、お名前だけで。

それでも慣れてくると、お顔を拝見したり、電話でも声とお名前だけで、「あ。〇〇様、お久しぶりです。お電話ありがとうございます」なんて会話ができます。ご来店されても……、

「いらっしゃいませ!」
「さっき、電話で」
「はい。お待ちしておりました」
「覚えててくれるものなんだねえ」

いずれ電話番号やメールアドレスも登録という風にはなるんでしょうけど、今後もこうした、対面での“おもてなし”精神は、大切にしていきたいですよね。

独立なんて、簡単に言えない。そのワケは……

この業界に飛び込んでから18年が経ちましたけど、特に若い時は独立したいと考えていました。「これ自分でやった方が稼げんるんじゃないか?」って(笑)。

だけど、同じような考えの同僚とかもいっぱいて、結局成功したのは一握りです。ほとんどの知り合いが借金背負って失敗しているので、そういうのを見ると、慎重になります。36歳になりますけど、今独立というのはないですね。

様々な業種のお店を経験して、売上を作るためのノウハウなんかは、多く学ぶことができました。良い接客サービスは何かということ、女の子をどうやってお客様にお知らせするかという方法、目を引くような文言、画像などのクリエイティブな面、広告へのお金のかけ方……。数え上げるとキリがないです。

それでもさっきも言いましたけど、独立は簡単じゃないでんす。学びの先に実力を付けて、いつかは。今はまずここで店長になることを目標に、スタッフと女の子を盛り上げていきたいですね。

(インタビュー:徳山央樹)

取材後記

芦澤 光

執筆者

芦澤 光

高校を出てからずっとということは、芹沢さんは人生の半分を、この業界での仕事に費やしているんですね。仕事だけではなく、成功も失敗も、人も見てきたからこそ、独立に慎重になるというのも頷けます。だからこそ、いつの日か事業を立ち上げた時には、大成功されることでしょう。その日を心待ちにしています。

プロフィール

カワサキ EROTIC

芹沢功一

一般職(内勤・スタッフ)

(前職:風俗店スタッフ)

芹沢功一さんがハタラク会社はこちら

カワサキ EROTIC

ファッションヘルス(店舗型ヘルス)