風俗男性求人はFENIX JOB

先輩たちの等身大メッセージ
VOICE

ジンセイの紆余曲折を経て、なぜ彼らは風俗業界で働く選択をしたのか。
風俗業界への転職を選択した彼らのジンセイ再生の秘訣に迫ります。

もしも優しいお姉さんが本気になったら…【総合職(店長・幹部候補)】飯田智樹さんのインタビュー記事

もしも優しいお姉さんが本気になったら…

2017年入社

飯田智樹 (25歳)

総合職(店長・幹部候補)

前職:パティシエ ⇒ 内装工

2019.9.24

わずか1年で店長に抜擢。なぜ、自分が? 貫いたのは、たった1つのことだった

この記事のポイント!

  • 入社の決め手はホームページ。入ってからのこだわりに繋がった
  • 色んなことを経験させてもらえる。レベルアップが嬉しくて、遂に
  • 職場の雰囲気がいい。仲間だから、“耳の痛いこと”も聞ける

パティシエから内装工に。でも、もっともっと稼ぎたくて……

ここに来る前は、内装工をしていました。

もともとはお菓子が好きでパティシエをしていたんですが、額面20万円と、お給料が安くて。「せめてもう少し稼ぎたい」と友人に相談したら、内装工事の会社をを紹介してくれたんです。

でも結局はそこも、1年ほどで辞めてしまいました。からだを動かすのは好きでしたし、パティシエ時代に比べれば給料も良かったんですけど、正直、もっと稼ぎたいという思いがあって……。

それに、地元は神奈川県の葉山町なんですが、当時は名古屋に住んでいました。幼いころから、一度は横浜に住みたいという思いもあったんですね。

実際横浜に移り、「次こそは高収入を」と思って飛び込んだのが、風俗業界でした。

入社の決め手はホームページ。入ってからのこだわりに繋がった

数あるお店の中からウチを選んだのは、ホームページがすごくキレイで、目を引いたんです。見ていて楽しくなるような色合いだったり、心を掴むようなワードが並べられていたり……。

当たり前ですけど、ホームページって、クリックした時最初に出てくる画面じゃないですか。要は一番手っ取り早く、お店の良さとかコンセプト、こんなところだよっていう雰囲気がアピールされているところですよね。更新もちゃんとされていて、「ここなら」と思えたんです。

だから入社してから、僕もそこはすごく気を遣いました。更新の頻度だとか、キャッチ―な文言だとか。

自分が興味を持つと、覚えるのは早いですよ。ここに来るまでは、パソコン自体ほとんど触れてこなかったんですが、今は普通に使えますから。

色んなことが経験できた。レベルアップが嬉しくて、遂に

パソコンのこともそうですけど、やったことのないことを色々経験させてもらえるので、すごくやりがいを感じられますね。

たぶん普通の会社だと各部署に分かれていて、事務とか営業とか、Web部門とかがあるんでしょうけど、ここではぜんぶを経験できます。

電話も受付も、得意不得意なくやらせていただけるんですね。また分からないことがあっても、聞けばすぐにその場で教えていただけます。

初めは間違いもありましたよ。でも、責められるということはあまりなかったですね。「何で間違ったか考えてね」という感じで、今思うと、ゆっくり育ててもらったなと感じます。

どんなことでも、続ければ上達するもんですね。そして上達すると次の可能性が広がって、今までは考えられなかったことまで、任せていただけるんです。

「おお! こんなこともできるようになったんだ!」

レベルアップが嬉しくて。今や店長ですからね(笑)。

職場の雰囲気がいい。仲間だから、“耳の痛いこと”も聞ける

職場の雰囲気は明るいですよ。いつもワイワイやっています。僕も「稼ぎたい」と言うわりにはあまり欲しいものもないので、お金はほぼスタッフとの食事代と飲み代に使っちゃってますね。みんなの仲が良いので、よく行くんですよ。

そのおかげなのか、みんながはっきり意見を言ってくれるのも助かります。遠慮して言えない職場よりも、多少耳が痛くても厳しく指摘してもらえる方が、わだかまりなく仕事ができますから。

今は主に面接とホームページを触るのが仕事なんですけど、スタッフの様子を見て、もちろん僕もお客様の応対をします。女の子のシフトも最後は自分が見ていますね。あれもこれもで業務に追われて、充実して1日が終わる感じです。

「できない」。このセリフだけは、一度も吐かなかった

よくよく考えると、未経験で入って、1年で店長にしていただけたんですよね。

実は、そんなに自分が他の人より秀でているとは思っていないんです。僕よりもっと接客が得意な方はいるし、シフトも女の子たちに助けられて、何とかかんとか上手く組めているという感じで……。

「ならどうして?」と自分でも思うんですが、1つ言えるのは、僕は業務に対して「できません」と言ったことだけは、1度もなかったんですね。任されるのが嬉しかったし、「やれば何とかなるんじゃないか」という思いは、常に持っていたので。

そうすると、周りが導いてくれるものなんですよ。「2つ返事で引き受けたんだから、みんなで盛り上げてやろう」って。

僕もいつも、女の子も含めて、みんなのおかげだと思っています。あんがい上に立つ人間は、少し頼りないぐらいがちょうど良いのかもしれませんね(笑)。

(インタビュー:徳山央樹)

取材後記

藤野 りさ

執筆者

藤野 りさ

色んな仕事をさせてもらえるから、可能性が広がっていく……。確かに、やってみなければ何が自分にできるのか、得意不得意さえ分からないですよね。挑戦できる機会や場所があることを、羨ましく感じるほどでした。

「店長になれたのはみんなのおかげ」と繰り返し語った飯田さん。職場の雰囲気が良いのは、きっとこの謙虚さの賜物なのだと思います。「もっともっと、自分に自信を持ってほしいな」。藤野はそんな風に感じました。

プロフィール

もしも優しいお姉さんが本気になったら…

飯田智樹

総合職(店長・幹部候補)

(前職:パティシエ ⇒ 内装工)

飯田智樹さんがハタラク会社はこちら

記事の飯田智樹さんがハタラク会社はこちら

当店は全国展開している大手グループ店です!*未経験者大歓迎*社会保険完備*運転免許不要
企業名 もしも優しいお姉さんが本気になったら…
業種 ファッションヘルス(店舗型ヘルス)
事業内容 当店は全国展開している大手グループ! 業種もデリヘル・店舗型ヘルス・ホテヘル・オナクラ・エステと全て運営させて頂いております。