風俗男性求人はFENIX JOB

先輩たちの等身大メッセージ
VOICE

ジンセイの紆余曲折を経て、なぜ彼らは風俗業界で働く選択をしたのか。
風俗業界への転職を選択した彼らのジンセイ再生の秘訣に迫ります。

アリスカフェ【総合職(店長・幹部候補)】伊藤佑輝さんのインタビュー記事

アリスカフェ

2019年入社

伊藤佑輝 (30歳)

総合職(店長・幹部候補)

前職:警備員、飲食店員

2019.9.24

ある意味で、“脱”吉原なお店。色んなことができる。色んな経験が活きる

この記事のポイント!

  • 真剣に仕事をしている方は、どこの世界でも、カッコイイ
  • もともとは電話が苦手。だから、対面接客が楽しい
  • お客様が感じる敷居をフラットに。キャストも協力してくれた

色んな業界を垣間見た。でも、見ていない業界が、1つだけ

以前は警備員をしていました。

色んな職業の方に出会いましたよ。警備って、1つの現場だけじゃなくて、あちこちに派遣されるので。

イベント会場や建築現場、商業施設からお金持ちの家のお庭番というものまでありました。

おまけに副業で居酒屋のアルバイトもしていたので、本当にあらゆるジャンルの職業を垣間見てきたんです。

でも「もう知らない世界はないかも」と思った時に、風俗業界にだけは触れていないことに気づいたんですね。収入も良いと聞くし、じゃあ思い切って、その扉を開けてみようかなって……。

業界入りのきっかけは、そんな感じでした。

真剣に仕事をしている方は、どこの世界でも、カッコイイ

偏見? それはなかったですね。警備員や居酒屋店員として色んな職業を見て、様々な人を知って、「真剣に仕事をしている人の姿は、どの職業であれカッコイイ」というのは常々感じていましたから。

逆に言うと、転職の条件も特になかったんです。明らかに誇大広告を謳っているお店でなければ、どこでも良いぐらいの感じで探しました。

もともとは電話が苦手。だから、対面接客が楽しい

最初に勤めたのはデリヘルでした。車の手配をするとか、内勤外勤限らず、人のサポートをするのは、その頃からすごく得意でしたよ。“縁の下の力持ち”と言えばいいですかね。思えば小中高と、よく“副”委員長的なものをやっていたので、その名残があるのかもしれません(笑)。

ただ、当時は電話が苦手だったんで、受付は苦労しました。人と話すことは好きなんですが、電話越しだと表情が見えない分不安で。今の僕からは、想像もできないとは思うんですけど(笑)。

だからソープランドに転職するに当たって、お客様と対面でお話できるのは、すごく良いなと感じました。

相手が見えるって、僕の中では大きいんですよ。実際働いてみても、お客様がスタッフをご贔屓にしてくださって、そこからリピートに繋がるという場合もありますから。

お客様が感じる敷居をフラットに。キャストも協力してくれた

今は6月にオープンしたこのお店で、店長を任されているんですが、おかげさまですでに軌道に乗りはじめています。

とにかくまずお店の認知度を上げようと、オープン3日目でTwitterをやり始めたんですよ。他にも最近できたLINEのオープンチャットを使ったりして、お客様が気軽に問い合わせのできる環境作りを目指しました。

僕たちがこの業界に入るのと同じで、案外お客様の側も、吉原にいらっしゃるのに敷居が一段高いのかなと思ったんです。だからできるだけその敷居を低く、フラットにしたくて。「こんにちは」ぐらいのノリで、自然体で訪れることのできる場にできたら最高ですよね。

集客が増えたのは、看板のキャストさんが育ってきてくれたことも大きいですね。Twitterや写メ日記に熱心なキャストさんがいて、そこからお客様が増えて……。そのお客様がさらに知人にご紹介くださって、新たなリピーターが誕生するというようなことも起こりました。

スタッフとキャストさんとの関係はすごく良いですよ。例えば店名が『アリスカフェ』なので、表にカフェ風の手書きの看板を置いているんです。毎日そこに、まず僕が色んなことを書くんですが、さらにキャストさんがかわいく装飾したり、キャッチ―な文言を追加したりしてくれるんです。

こういった、ある意味で吉原らしくないところも人気に繋がっているのかなと。カフェと間違って、大学生の女の子が入ってきたこともあるんですけどね(笑)。

色んな経験が活きる場所。その上で、資格も年齢も、関係がない

最近はTwitterからのお客様とのご縁も多いんですよ。

初めて会うお客様からもお土産をいただいたり、「伊藤さんでしょ?」と声をかけていただいたり。

嬉しいですよね。ときにはいじられてもいるんですが(笑)、僕がやってきたことが、ムダにはなっていないってことですから。

僕以外にもこういうスタッフが増えてくると、お客様もさらにご来店しやすくなるのかなと思います。SNSでの発信力がある方が入社してくださると、ありがたいですよね。

逆に言うと、ここは接客以外での経験も、しっかり活かせる環境にあるということなんです。その上で資格も年齢も関係なくチャレンジできますし、成果はきちんと収入として返ってくる。すごくやりがいがありますよ。

実際僕も全くの未経験者でした。「どんな世界か見てみたい」という好奇心だけで開けた扉だったのに、今店長としてこんなに燃えています。まだまだこれからですよね。

(インタビュー:徳山央樹)

取材後記

藤野 りさ

執筆者

藤野 りさ

人と話すのが大好きという伊藤さん。インタビューからも、その“人懐っこさ”を強く感じました。常にお客様目線を忘れず、周りのスタッフやキャストさんのサポートにも気遣いを忘れない優しい人柄が、お店を支えているんでしょうね。まだオープンして3か月半。これから伸びていくお店の姿が、目に見えるようです。

プロフィール

アリスカフェ

伊藤佑輝

総合職(店長・幹部候補)

(前職:警備員、飲食店員)

伊藤佑輝さんがハタラク会社はこちら

記事の伊藤佑輝さんがハタラク会社はこちら