風俗男性求人はFENIX JOB

先輩たちの等身大メッセージ
VOICE

ジンセイの紆余曲折を経て、なぜ彼らは風俗業界で働く選択をしたのか。
風俗業界への転職を選択した彼らのジンセイ再生の秘訣に迫ります。

株式会社CH【一般職(内勤・スタッフ)】関涼さんのインタビュー記事

株式会社CH

2019年入社

関涼 (27歳)

一般職(内勤・スタッフ)

前職:自衛隊

2019.11.21

「これウケそう!」がすぐ実行できる社風。自衛隊時代よりやり甲斐があります!

この記事のポイント!

  • 電話対応にも上手い・下手がある。大切なのは言い方
  • 「思いついたら、即実行。反響があれば、即評価」のシステム
  • やったもん勝ちの社風。だから、チャレンジしたくなる

自衛隊に4年間勤務。キッカケは「とりあえずやってみるか」

20歳の頃、自宅に自衛隊の広報官が来て、「自衛隊に入りませんか?」って誘われたんですよ。

当時、何もやっていなかったので「まあ、とりあえずやってみるか」って感じで、試験を受けたら無事合格(笑)。

それから24歳までの4年間、通信部に所属していました。

シゴキ? そんなのないですよ(笑)。確かに最初の3ヶ月はツラかったですけど、すぐ慣れましたし、人間関係も良好ですごくいい環境でした。

それに自衛隊って、国から補助が出るんで、家賃や保険料みたいな固定費はほぼゼロ。給料の額面全部が自由に使えるお金なんです。

自分に合っていたし、ずっと続けたい仕事だったんですけど、2年目に腰の骨を折ってしまって、激しい運動ができなくなってしまったんです。

本来であれば除隊なんですけど、上司が人事に掛け合ってくれて、それからは部隊の事務仕事のみに徹していました。

高収入を求めてこの業界へ。面接が盛り上がって、即内定

その後は、自衛隊の転職援護制度を利用して、一般企業の営業に転職。でも休日出勤は多いし、自衛隊と比べると手元に残るお金が少なくて、徐々に冷めていきましたね。

それで高収入の仕事を探すようになったんですよ。それこそ『FENIX JOB』も見ていました。

『株式会社CH』に応募したのは、一番最初に目がついたから(笑)。

私服で働けるのが魅力的だったし、面接の雰囲気もすごく良かったんです。統括本部長と店長に対応していただいたんですけど、僕の経歴に興味を持っていただいて、話がすごく盛り上がり、即内定をいただきました。

電話対応にも上手い・下手がある。大切なのは言い方

入社したのは、閑散期と呼ばれる2月でした。

それなのに電話がずっと鳴っていて、しかもその対応が高級店並みに丁寧だったんですよ。しかも、皆さん営業が上手い(笑)。

おかげで僕も電話対応力を鍛えられました。同じ女の子を勧めるにしても、言い方で成約率が変わってくるんですよ。

たとえば、Aちゃんを勧めたい時。「Aちゃんはこういう子で、こんな性格で~」ってストレートに勧めてもいいんですけど、Bちゃんを先に勧めておいて、「あ! お客様にとっておきの女の子いました! Aちゃんなんですけど~」って勧めた方が、お客様にとってはお得感がありますよね?

こういう駆け引きみたいなのが出来るようになると、成約率って上がっていくんです。

もちろんBちゃんだって同じように勧めます。女の子にとってもお客様にとっても、大事なのはマッチングですからね。

魅力あるパネル写真のために、連続的なコミュニケーションを

ウチって、スタッフの経験とか性格を見て、それに合った業務を任せるシステムなんです。

僕はキャストさんとの面接だったり、出勤の管理だったり、パネル写真の撮影をやっていて、いわゆる女の子担当って感じですかね。

大事にしているのは、キャストさんがお店に来たくなる“雰囲気作り”。

待機所の清掃はもちろん、会話にも気を遣っているつもりです。キャストさんごとの、“踏み込んでいいライン”を見分けることが重要かな。

あと、次に会った時に、また話せるようにする“キッカケ作り”なんかも意識しています。

たとえば、「そのパーカー、すごくいいじゃん!」って褒めるだけじゃなくて、「それだったらスニーカーとも相性良さそうだよね。持ってる? じゃあ、今度それ履いて出勤してよ」みたいな。

こんな感じで、連続的なコミュニケーションを意識して、仲良くなる。

キャストさんと仲良くなると、その子の魅力を更に知ることができます。パネル写真を撮影する時って、自分がその子の良さを理解できていないと、魅力を引き出せないんですよ。

「思いついたら、即実行。反響があれば、即評価」のシステム

この業界でもかなり珍しいと思うんですけど、ウチは残業禁止なんですよ。

もちろん残業がない分、時間内に仕事を終わらせないといけないんですけど、逆に言えば1日のノルマさえこなせば、あとは自由にしてていい。

僕はその時間をイベントの準備とか、新店の計画にあてています。

会社の考え的に「思いついたらとにかくやってみろ!」って感じなんですよ。なので「これウケそうだな」って思ったら、即行動に移せる。反響が大きかったら、もちろん給料に還元されます。

最近僕が仕掛けたものだと、ハロウィンイベントですね。9月くらいから準備をしていました(笑)。

暇な時間ができたら、女の子に「仮装した写真を撮りたいんだけど~」って声をかけて説得。撮影したら画像を加工。

これを女の子の人数分やって、10月末にパネル写真を同時に差し替えたんです。写真が変わるだけで一気に新鮮味が出るんですよ。

結果ですか? ありがたいことに非常に好評でした。手当てもいい感じの額がいただけましたよ(笑)。

やったもん勝ちの社風。だから、チャレンジしたくなる

ウチの自慢できるところですか?

社員が言うのもおかしいですけど(笑)、いい会社だと思うんですよ。キャストさんも紹介で来る方が非常に多いですし。

スタッフ的には、自主的に行動できる人は稼げる仕組みが整っているし、社会保険も完備しているところ。あとは寮が自慢ですね。個人寮で月4万円なのに3LDKなんですよ。なんでこんなに豪華なんでしょうね(笑)。

自衛隊もいい仕事だなって思っていたんですけど、個人的には今の仕事の方がやり甲斐を感じます。

とにかくやったもん勝ちなんで、どんどん新しいことにチャレンジしたくなるんですよ。

スタッフ間の風通しも非常にいいです。なので、この業界だからって怖がらず、気軽に面接に来ていただければと思います!

取材後記

徳山 央樹

執筆者

徳山 央樹

取材中、キャストさんが出勤されると、真っ先に声をかけにいく関さんの姿を拝見して「こういう人だから信用されるんだな」と感じました。関さんの今の野望を伺うと「店長になる」とのこと。鍛えた電話対応力、キャストさんに信頼される人間性、そして企画を立てて遂行する力……。すぐにも店長になってしまいそうな予感がプンプンします(笑)。

プロフィール

株式会社CH

関涼

一般職(内勤・スタッフ)

(前職:自衛隊)

関涼さんがハタラク会社はこちら

株式会社CH

デリバリーヘルス(デリヘル)