脱・広告媒体! これからの時代は自社発信でファンをつくる! 『鶯谷デッドボール』後編

2020年01月17日

by新海 亨新海 亨編集長

前編ではYouTubeチャンネルなどの動画を中心に自社発信によるプロモーションを積極的に行い、女性求人で効果を上げた『鶯谷デッドボール』の施策を紹介しました。

後編ではデッドボールならでのTwitter活用術と、2020年2月にオープンさせる新ブランドのプロモーション及び戦略についてお話を伺ってきました!

総監督(@deadballdaihyo

デッドボールグループの創業者。“日本一レベルの低い”をお店のコンセプトとし、多くのメディアに取り上げられる。現在は鶯谷、池袋、西川口、五反田の4エリアに展開。趣味はゴルフとギャンブル。
過去の取材記事はコチラ

よっすぃー(@udbyossy

鶯谷デッドボールスタッフ。埼玉県出身。マルチプルクラックというお笑い芸人の顔も合わせもつ。最近は自身が定期的に更新するYouTubeチャンネルが好評。浦和レッズサポーター。
過去の取材記事はコチラ

アボット(@ikebukuro111

元キャスト。現在は引退しスタッフ業に専念している。フジテレビのドキュメンタリー番組で取り上げられ、一気にスターダムを駆け上がった。デッドボール、いや風俗業界全体のアイドル的な存在。

スタッフそれぞれ得意分野で発信するデッドボールのTwitter

新海:前編では主にYouTubeチャンネルの動画プロモーションを中心にお話伺いました。後編は連日「いいね!」が飛び交うデッドボールさんのTwitter戦略についてお伺いしたいと思っております
総監督:よっすぃーもアボちゃんもすごいTwitter人気あるよね。
よっすぃー:そうなんですよね。人気出ちゃうんですよね。……。ウソです。代表の方が全然すごいです(汗)。
結構うちは役割が決まっていて、私は“経営”とか“お店の運営”みたいなツイートが多くて、よっすぃーは“オモシロ系”アボットは“アイドル”的な感じでつぶやいてますね。
アボットさんやっぱりアイドルだったんですね!!
アボちゃん女の子からめっちゃ人気ありますからね! 私には理解できないけど(笑)。


(アボットさんに懐疑的な目を向ける総監督)

アボット:ありがたきー^^
狙ってやっている部分は多少ありますけど、基本的には本人が一番得意とするフィールドで発言してもらうのが一番だと思っています。
そうすることで、他の人ではリーチできないような人と繋がれたりするので。

SNSは諸刃の剣。大炎上はいつも隣り合わせにある

たくさんのキャストさんやお客さんと繋がれるというメリットと反面、SNSはリスクがありますよね……。
そうなんですよ。単語ひとつ間違えただけで大炎上する可能性がありますからね。叩きやすい業界だと思うので。
たしかに。
昔のデッドボールを知っている方はご存知だと思うんですけど、過激なワードをバンバン使って、今でいう炎上商法みたいな形で注目集めるやり方だったんですよ。
でも今はそういうことをしていると、私たちを知らない人たちが、知らないところで批判して、こっちが気付いたときに大炎上しているみたいな。
正直僕もデッドボールさん取材させていただく前は、すっごいコワい人が面白半分のノリで、やっているって勝手に思ってました(汗)。
でも、実際お会いしたらそんなことは全然なくて。めちゃくちゃ戦略的に経営をして、すごく女性のケアを徹底されているし、総監督もよっすぃーも他のスタッフの方も働く女性のこと常に考えてらっしゃいますよね。
そうですよね? アボットさん??
ありがたきー^^
そうなんです。今でもたまに「罰ゲームなんだけど、一番〇スな子どれ?」みたいな問い合わせありますけど、すごく警戒します。説明しても理解いただけない場合はお断りすることもありますね。


(本当にみんな仲が良いデッドボールグループの皆さん)

デッドボールのファンの方々と簡単にコミュニケーションがとれる反面、心無いアンチの人も簡単に絡んでこれるのが今の時代なので。
スタッフ一同、もちろん私も含めて、ひとつひとつの発言にはすごく注意しています。

デッドボールとは全く異なる新ブランドが2020年2月オープン予定

実は2020年の2月に池袋で新ブランドの店舗をOPENる予定なんですよ。
ええ! そうなんですか!?
デッドボールとは別のブランドで単価の高いお店を始めます。


新ブランド『いちごデリ』。バック率まで公開されているのは驚きです

どんなお店なんでしょうか?
その名も『いちごデリ』。最低価格を15,000円に設定して、女性へのバックは60~70%。高級店って言われるところにも負けない稼ぎのお店をつくろうと思っています。
なかなかな好条件ですね!? 今のデッドボールさんの価格帯を考えると高額な印象ですけど、なにか戦略はあるんですか?
そこもSNSを最大限活用します。発言力のあるインフルエンサーの女性を積極的に採用していきたいと思っています。
Twitterなどのフォロワーが多いキャストさんってことですか?
フォロワー数というよりかは、Twitterの『いいね』の数とかが指標になってくると思います。うまく自己発信をして、お客さんから人気のある女性です。そういう女性って結構活躍しているんですよね。
個人がメディアになれる時代ですもんね。
今って業界の中では『写メ日記』みたいなコンテンツが集客に有効だってなっていますけど、それって十分Twitterで発信できますよね。
広告媒体の投稿コンテンツはあくまでも“業界の中”に対するものだけど、TwitterなどのSNSは全世界に向けて発信できますから。
先ほどのお話同様にリスクはありますよね……。集客力や拡散力なども個人差がありますし。
もちろんです。これも発信する内容には細心の注意が必要ですし、どこまで集客につなげれば成果とみなすのか、などはすごく難しい部分です。
なので、今デッドボール在籍の方で実験的に試みを始めています。あくまでもやってみたいっていう女性限定ですけど。


(Twitterのファボ(いいね)の数で臨時ボーナスを得られる取り組みを試験的に行っている)

すっすごい。うまくいけば集客広告さえ最低限ですんでしまいますね。
でも、集客を女性の発信でまかなっていくってなると、店舗の存在意義が薄れていくような気がします。
お店の役割は女性の安全管理とマネージメントなどのフォローです。個人で発信できるからといって、自分でデリヘルができるかっていったら、それは難しいですから。
たしかに。めちゃくちゃ楽しみです!
楽しみにしていてください(笑)。

これからの時代にあったプロモーションを常に考えていく

新しい取り組みを続けられているデッドボールさんですが、これから目をつけているものってあるんですか?
一番注目しているのは5G(第5世代移動通信システム)対応になった世界ですね。高速の通信が可能になることで世の中は確実に変わっていくと思うんですよ。
たしかに動画も遅延なく見られるし、IoTが進んであらゆるものがネットにつながる世界になるようですもんね。じゃあYouTubeのコンテンツを充実させるんですか?
それはちょっと違いますね。5年後、10年後にYouTubeやTwitterが流行っているとは限らないじゃないですか。今はもちろん注力していきますけど、新しい技術がでてきたとき、それをいかに活用できるか、は常に考えています。

スタッフそれぞれが自分の好きな事や得意分野の中で役割をもって発信しているデッドボール。Twitterで多くのファンを獲得する理由は、そこにあるのかもしれません。

また、2020年2月には拡散力をもった女性を集めるという『いちごデリ』をオープン予定。得意のSNS戦略で業界に旋風を巻き起こして欲しいです。

総監督の常に新しい技術や施策を取り入れ、実行していく姿勢にはいつも刺激をいただいております。読者のみなさんにも伝われば何よりです。

今後のデッドボールの動向から目が離せません!

<<『デッドボールのプロモーション戦略』前半を読む

執筆者プロフィール

新海 亨

新海 亨編集長記事一覧

元大手ハウスメーカー営業マン。お金と引きかえに自由とやりがいを手放す生活から決別するため転職を決意。ある風俗サイトに感銘を受け、デザイナーとして仕事を始めるも、いつのまにか編集員に。最近はハマっている一眼レフカメラの仲間を求め奔走中。座右の銘は“STAY GOLD!!” 東京都出身。

このエントリーをはてなブックマークに追加

連携NPOのご紹介

  • Fenixzineの記事 「セックスワークサミット行ってみた!」~SWSを作る人たち(前編)~
  • Fenixzineの記事 どMな風俗業界1年生が学ぶ法律講座 ~デリヘルを起業する時に知っておくべき法律~

一般社団法人ホワイトハンズ様

  • Fenixzineの記事 「前職は風俗店スタッフ! なぜNPO代表は風俗と出会ったのか」 ~一般社団法人GrowAsPeople代表理事・角間惇一郎さん#1~

一般社団法人GrowAsPeople様