「戦略的にやる!」破天荒とは真逆の提案力こそ、成長の源泉 セントラルエージェント代表 浜辺 篤#2

2018年11月01日

by新海 亨新海 亨編集長

普段はなかなか会えないエラい人に、シゴト内容や、どうしてその人がえらくなれたのか、『Fenixzine』編集部が凸撃取材する「教えてエラい人」シリーズ第2弾!

前回、破天荒な行動で注目を集め、瞬く間に自身の会社を成長させていった浜辺さん。

しかし、浜辺さんが作った会社は、破天荒とは真逆の戦略的な組織でした。

連載2回目は独立を果たした会社のお話と、風俗業界の広告の課題、そして最後に読者に向けたメッセージを語って頂きました。

提案というサービスの価値を最大化するのが僕の会社

新海:前回のお話を伺うと、セントラルエージェントさんには物凄い猛者の営業さんがいらっしゃるイメージなのですが?
浜辺:いや、僕みたいな営業はひとりもいないですよ。みんなすごい真面目。
新海:そうなんですか? コーヒーのこぼし方とか会議で話し合ったりしないんですか!?
浜辺:するわけないでしょ(笑)。そういう営業は僕にしかできないし、人に教えようとしてもできるようになるわけない。


<写真:ツッコミをいれる浜辺さん>

浜辺:僕が新卒で仕事を始めた頃ってネットのインフラが整ってない時代だったから、そういう”人間味”みたいなもので仕事が取れたんですよ。

情報を得られるのが人伝えしかないから、こいつ面白いなって人間が好まれて仕事をとってたんですよね。

浜辺:もちろん今でもそういう側面はあるけど、スマホでなんでも調べられる時代だから、クライアントはすごく勉強してる。人間力だけで広告が売れる時代じゃなないですよ。
新海:たしかに風俗業界の広告って紙からwebに移行してデジタルマーケティングがすごく重要になってますもんね。
浜辺:そうなんですよ。でも、この業界はまだまだだと思うんです。結局、「広告を載せましょう。載せた結果、反響はこれくらいでした」くらいの提案しかしていない代理店が99%占めてる気がしますし、それに乗っかって広告を出している風俗店がほとんどなんですよね。
浜辺:とりあえず他のお店で評判のいい媒体に載せといて反響を待つみたいなのは、紙の時代に終わっています。

うちはそういう営業はしないようにしていますね。クライアントそれぞれに強みがあって、効果が出る媒体って違いますから。

新海:具体的にはどういう営業スタイルなんですか?
浜辺:基本的にはなんで?なんで?を繰り返していく営業です。「なんでここは反響がでてるんだろう?」「なにが違うんだろう?」って考えて、こういう風にやったら効果がでるんじゃないかってものをクライアントに提案していきます。

そのために、版元の媒体の方にお越しいただいて定期的に勉強会を行ったり、Googleアナリティクスの活用の仕方を学んでマーケティングの基礎知識をあげたりしていますね。

新海:すごい。まさにBtoBの法人営業ですね。
浜辺:ただ、この業界の広告営業って仕事量が半端じゃなく多いんですよ。媒体の数も多し、それぞれ管理画面の使い方も違う。新規営業をして、掲載をもらって、申し込みをして、広告も作ってってやってたら、提案を考える余裕がないんです。

なので、うちは掲載の申し込みから開始までの事務処理を行ったり、新規のTELアポを行ったりする専門部署をつくって営業の負担を減らしています。負担が減る分、営業は提案などの部分に集中できるので、仕事のクオリティは上がりますよね。

載せるだけの広告代理店より、効果を分析してくれてしっかりフィードバックをくれる代理店の方が当たり前ですけど、満足度は高い。その提案こそがうちのサービスだし、価値だと思います。そういうところが営業の強みですかね。


<写真:自社の営業を熱く語る浜辺さん>

新海:破天荒とは程遠く、すごく戦略的にやられてるんですね。実際、めっちゃ儲かってますか?
浜辺:売上でいけば会社全体で年間30億円くらいかな。僕自身もまだまだプレイングマネージャー的に営業出てますからね。月間9,000万円くらい売上ありますよ。もちろんトップ営業マンです!(笑)


<写真:高笑いする浜辺さん>

新海:すごいパワフルだなあ……。

「これがうちの強みです!」 コンセプトが明確な媒体こそがこの業界を盛り上げる

新海:話題を少し変えて、今は集客系の媒体も、求人系の媒体もすごくいっぱいありますよね。その中で浜辺さんが提案したくなるような媒体と、そうじゃない媒体ってあるんですか?
浜辺:そうですね。軸がない広告媒体っていうのは売りづらいですよね。「うちはこれが強みです!」ってものがない、あるのかもしれないけど僕らにわからない。そうなってくると営業として提案のしようがないので。

逆に、しっかりコンセプトをもってやっている媒体さんとか、プライドをもって自分たちの方向性は間違ってないって思っている媒体さんはすごく惹かれます。

浜辺:今、一番強い集客系の広告サイトっていったらシティヘブンなんですよ。

確かに今は全国ですごく反響がある媒体ですけど、もともとは地方でちょっと強かった媒体です。でも、コンテンツとかサイトの作りとかをみて、この媒体は絶対売れるなって思ったんです。

新海:今となっては風俗業界のインフラって言ってもいいくらいの媒体ですもんね。
浜辺:でも、今のシティヘブンを脅かすような媒体がでてきてほしいなと思ってます。そうすれば業界はもっと盛り上がると思いますし。僕らもクライアントに提案できる幅が広がりますから。
新海:僕らもコンテンツ作りには力を入れています。求人系の媒体としてがんばります!!
浜辺:クライアントに最大限効果をだしてもらえるように提案をしていくので、媒体側の人たちも一緒に業界を盛り上げていけたら最高ですよね。

どんな仕事も同じだと思います。広告代理店も、風俗店も、媒体も。自分たちのカラーを出して、他にはない付加価値をつくっていくことが大切だと思っています

とにかくブレるな! 結果を残してきたトップ営業マンから送るメッセージ

新海:これを読んでいる読者に向けてメッセージがあればいただきたいんですけれども。
浜辺ブレるな!! とだけ言いたいですね!
新海:シンプル! つっ、つまりどういうことなんでしょ!?
浜辺:僕はこの業界に入って30歳までに独立できなかったら、さっぱり辞めようと思っていたんです。そのために、営業で結果を残して、いろんなノウハウを学んできました。ブレずに目標に向かって進んだから、今の結果があると思っています。

自分なりにでいいと思うんですけど、何か決めて、そこに向かって走っていくことが大事ですよね。


<写真:熱く語る浜辺さん>

新海:投げ出さずに続けることが大事なんですね。言葉でいうと簡単ですけど、実行するのは難しいですよね……。
浜辺:僕も大手代理店に噛みついた時、批判的な意見はもちろんたくさんありました。だけど、自分がこれでいくんだ!って決めたものに自信をもっていたし、結果を出せると確信していました。

自分の会社で専門部署をたてて、提案営業を強化していったのも、このやり方が会社を成長すると思ったからです。

人からなんと言われようと、自分が信じたものからブレずに行動していくことが大事だと思いますね。

新海:かっこいいっす! 風俗店スタッフさんになにかメッセージとかありますか?
浜辺:スタッフさんでいったら、独立するとかじゃなくても、店長になるとか、給料を○○万円もらうとか。なんでもいいと思うんですけど、とにかくそこに向かってブレずに仕事をしていくことが結果を残す一番大切な部分だと思います。
新海:なるほど。最後にこれだけは聞きたいんですけど、もし今後、浜辺さんに喧嘩を売ってくるイキのいい若手が現れたらどうしますか?
浜辺:笑。全力で戦いますよ! 出る杭は潰す!(笑)。

お客さんの前でコーヒーをこぼし、競合の大手代理店に喧嘩を売り、その人間力でトップを走ってきた浜辺さんが作った会社は、予想に反して仕事の質を重視した、合理的でシステマチックな会社でした。

浜辺さんにとっての破天荒な行動というのは、あくまでも戦略の一部であり、自分や会社のプロモーションであるように感じます。

自分の目的を実現するために、他人の評価や世間の反応にブレず、行動を続けられるというのは憧れますね。

やっぱり、エラい人の考え方はすごかった!

前の記事>> 「負ける気持ちがわからない」業界イチ“破天荒”な代理店社長が成功できた理由 セントラルエージェント代表 浜辺 篤#1

浜辺 篤

1980年生まれ。東京都出身。株式会社セントラルエージェント代表(公式HP)。風俗業界の大手代理店で常にトップセールスとして活躍。新規立ち上げの代理店にヘッドハンティングされ、ノウハウを学んだ後、27歳の時に独立。業界の常識を覆すソリューション営業で、注目を集める若き経営者。

執筆者プロフィール

新海 亨

新海 亨編集長記事一覧

元大手ハウスメーカー営業マン。お金と引きかえに自由とやりがいを手放す生活から決別するため転職を決意。ある風俗サイトに感銘を受け、デザイナーとして仕事を始めるも、いつのまにか編集員に。最近はハマっている一眼レフカメラの仲間を求め奔走中。座右の銘は“STAY GOLD!!” 東京都出身。

このエントリーをはてなブックマークに追加

連携NPOのご紹介

  • Fenixzineの記事 「セックスワークサミット行ってみた!」~SWSを作る人たち(前編)~
  • Fenixzineの記事 どMな風俗業界1年生が学ぶ法律講座 ~デリヘルを起業する時に知っておくべき法律~

一般社団法人ホワイトハンズ様

  • Fenixzineの記事 「前職は風俗店スタッフ! なぜNPO代表は風俗と出会ったのか」 ~一般社団法人GrowAsPeople代表理事・角間惇一郎さん#1~

一般社団法人GrowAsPeople様