先輩たちの等身大メッセージ
VOICE

ジンセイの紆余曲折を経て、なぜ彼らは風俗業界で働く選択をしたのか。
風俗業界への転職を選択した彼らのジンセイ再生の秘訣に迫ります。

デリヘル東京グループ【一般職(内勤・スタッフ)】藤久保寿幸さんのインタビュー記事

デリヘル東京グループ

2017年入社

藤久保寿幸 (39歳)

一般職(内勤・スタッフ)

前職:塾講師⇒施工管理

2018.8.20

「東京に行きなさい」子供たちに語り、いつしか自分も東京に。感謝の気持ちを忘れず、最高の40代にしてみせる

この記事のポイント!

  • アルバイトで入ったこの業界。“見返り”がやっぱりおもしろい
  • 正社員になる条件。「アルバイトの子にも、インセンティブを」
  • “何が大事なのか”を忘れないで。最後に勝てばいい

塾の生徒たちに語っていた東京。自分はここにいていいのか?

鹿児島でずっと育ちました。20歳の学生時代から、地元の大手の塾で仕事をしていたんです。33歳まで勤めたのかな? 13年。わりに長いですよね(笑)。

教室長的な役割で結果を出せていたし、25、6歳のときにはけっこうな役職に就いていました。自分に自信もあって、今思うとそれが仇になっていたような気もします。最後は上に疎まれるような形になって、嫌気がさして辞めてしまいました。

そのときに“上京”という言葉が頭を過ぎったんです。子供たちに日ごろから言っていたんですね。「夢があるなら東京行けよ」って。それは結局地元の大学に行った自分の夢を、子供たちに託していたのかもしれません。

「それでいいのかな。このまま東京に行きたい気持ちを燻ぶらせたままで、地元にいていいのかな」

そう思ったときには、もう東京行きの飛行機に乗っていた気がします。

アルバイトで入ったこの業界。“見返り”がやっぱりおもしろい

上京後、職はいくつか変わりました。接客や営業という面では自信がありましたから、いつも良いところまで行くんですけど、なかなか自分にピッタリ来なくて。

ここに来る直前には、工事の施工管理の仕事をしていたんです。そう、数字が関係ない世界(笑)。僕にしてはめずらしいことですけど、あえて数字を意識しない仕事に就いてみたんです。

ところがこれが全然おもしろくない(笑)。僕は目標や数字がないと、がんばれない人間なんですね。あらためてそれを再認識しました。

それで、昨年の11月かな。ここをアルバイトで受けてみたんですよ。施工管理をしながら、Wワークで働けないか、聞いてみたんです。

僕の経歴も見てくださったのか、「かまわないよ」というお返事でした。僕も驚いたんですけど、すごく柔軟性のある会社で。

それからはまあ、なかなかハードなスケジュールですよ(笑)。工事は夜が多いので、施工管理の仕事を朝まで行って、そのまま徹夜でここに来てオペレーターをなんていうこともありました。

やっているうちに、やっぱり楽しいんですよね。がんばったらがんばった分だけ数字に結びついて、評価もいただけるという部分が。それにアルバイトの身でも、この“見返り”という部分で、業界の仕事が他より抜きん出ているのは、肌で感じ取れました。

楽しそうに仕事をしているのって、たぶん他にも伝わるんでしょうね(笑)。社長から「正社員にならないか」って声を掛けていただいたんです。ほんとうは願ったりかなったりだったんですけど、なんと僕、1つだけ条件を出してしまったんです。

正社員になる条件。「アルバイトの子にも、インセンティブを」

条件は「アルバイトにもインセンティブを付けてあげてください」ということでした。この7月まで、インセンティブは社員だけだったんですけど、“やる気”という面で「バイトにもインセンティブがあったら良いのにな」って、ずっと思っていたんですね。

確かに僕は社員になっちゃうんで、関係ないと言えばないんです。そうですね、「自分が社員になる条件が不利になるかも」って、ゼッタイそんな提案はしないっていう人もいるんでしょう。

でも僕は11月~7月まで働くなかで、僕より年下のこの先輩たちが、一生懸命働くのを見てきました。なかなか優秀ですし、何よりマジメな子ばかりなんです。

親切に教えてくれたこともすごく感謝していたし、「社員みたいにインセンティブが付いたら、もっとがんばってくれるんじゃないかな」と思ったんです。なかには僕みたいに「社員になってがんばろう」という子も、出てきてくれるかもしれない。

そうなんですよ。塾で教室長をやった僕だからってわけじゃないんですけど、きっと会社全体の利益に繋がると思ったんです。だから、思い切って提案してみました。

会社の答えですか? あっさり「良いね!」でした。ほんとうはドキドキしていたんですけど(笑)、社長はじめ、皆さんがわかってくれました。今はここまで言った手前、彼らを引っぱって行くぐらいの気持ちでいますよ。自分追い込むのも好きなんです。がんばれるじゃないですか。

40歳~50歳までの10年を、今まででいちばん稼げる10年に

今の役割は、お客様の受付をするオペレーターを、取りまとめるような感じですかね。ウチは組織がすごく効率的にできていて、適材適所なんですよ。まず僕のできるところからはじめて、スペシャリストに育て上げようとしてくれています。

もちろんこれから僕は、全体を見れるようになって、店長になって、できるならもっと先まで上っていくつもりでいます。来年40歳になるんですけど、正社員になると決めたときに、40歳~50歳までの10年間を、これまででいちばん稼ぐ10年間にするって決めたんです。インセンティブだってガンガン取っていきますよ(笑)。

“何が大事なのか”を忘れないで。最後に勝てばいい

今僕は、感謝っていう言葉を大切にしています。

僕ぐらいで新しい職にチャレンジするのって、確かに勇気はいりますよ。でも、それでも僕のようにチャレンジする方がいたら、腐らず前を向いてほしいんです。

そりゃ自分より10も20も若い子に指示だしされることもあります。上司なんだから頭を下げなきゃいけないこともありますよ。だからって、そのときにふて腐れた態度取ったり、カッとなったり、つまらないことでウジウジしたら、何にも実にならないで終わりますよ。

そこで例えば「年下のくせに」って言って、何になりますか。そこで勝ってどうします? インセンティブでも付きますか?

もっと大きなところで勝ちましょうよ。自信があるんだったら、そこで腐ることないんです。コツコツがんばれば、必ず報われます。これだけ見返りの大きい仕事ないんだから。

そしてそのときにね、きっと感謝が見えてくるんです。ありがたいっていう気持ちが。その年下の子は、もしかしたら、あえてあなたに強く言ってくれたのかもしれません。“おじさん扱い”しないで、できると信じて言ってくれたのかもしれないでしょう。

何ごともね、受け取り方一つなんですよ。この歳になって、やっと僕にもそれがわかったのかもしれない。どんな歳の子に対しても、誰にに対しても、どんな出来事にも感謝の気持ちを忘れずに……。

そうすれば、この東京できっと夢を掴める。僕はそれを信じているんです。

取材後記

松坂 治良

執筆者

松坂 治良

会社にお邪魔したとき、藤久保さんがいちばんはじめにして下さったことは、僕の頬を伝う汗を見て、サッと側の自動販売機でお茶を買ってくださることでした。どこにいても良い営業成績を上げる方だというのは、お話を聞いていてよくわかりました。相手に今何が必要かということや、全体の進むべき道が見える方なのでしょう。

「若いころは自信が仇になった」と語る藤久保さん。出るところと引くところを覚えた今、仕事ぶりをきちんと評価してくれる会社に巡り合えて、やる気に満ち溢れているという感じでした。きっと、ステキな店長さんになってくださいね。

プロフィール

デリヘル東京グループ

藤久保寿幸

一般職(内勤・スタッフ)

(前職:塾講師⇒施工管理)

藤久保寿幸さんがハタラク会社はこちら

デリヘル東京グループ

デリバリーヘルス(デリヘル)

記事の藤久保寿幸さんがハタラク会社はこちら

2018年 デリヘル東京グループは内勤社員数100名以上入社を目指します!
企業名 デリヘル東京グループ
業種 デリバリーヘルス(デリヘル)
事業内容 ナイトレジャー産業の運営 【職種毎の仕事内容】 ◆一般職(内勤・スタッフ)⇒電話による受付応対 ◆送迎ドライバー⇒コンパニオンを派遣先へ送迎 ◆Webデザイナー⇒Webサイトにおける様々なデザイン作成 ◆Webプログラマー⇒プログラミングやアプリケーション開発 ◆総合職(店長・幹部候補)⇒店舗の運営・管理全般 ◆カメラマン⇒専属カメラマン