風俗男性求人はFENIX JOB

先輩たちの等身大メッセージ
VOICE

ジンセイの紆余曲折を経て、なぜ彼らは風俗業界で働く選択をしたのか。
風俗業界への転職を選択した彼らのジンセイ再生の秘訣に迫ります。

デリヘル東京グループ【一般職(内勤・スタッフ)】森田敦夫さんのインタビュー記事

デリヘル東京グループ

2018年入社

森田敦夫 (35歳)

一般職(内勤・スタッフ)

前職:不動産業

2019.8.1

“継続は力なり”。不動産業で培ったことを武器に、今日もコツコツを大切に

この記事のポイント!

  • きっかけは友人。決め手は“スタッフ”だった
  • キャストさんのマネジメントはたいへん。でも……
  • 全国ナンバー1のお店になるために

興味は無かった。けど、給料で選んだ前職

ここに来るまでは、不動産関係の会社で営業をしていました。新卒で入社なので、11年ぐらいは勤務したのかな?

正直、不動産に関してあまり興味はなかったんですよ。ただ、不動産営業って、お給料もインセンティブもかなり待遇が良くて。

お給料は良いときで月100万円ぐらいでした。そのときの自分って特別なスキルも何もなかったんですが、コツコツ頑張ってはいたんですね。

飛び込み営業などもしていたのですが、1人なので、正直ちゃんとやらなくてもいいわけじゃないですか(笑)。誰に見られているわけでもないので……。

そこを普通にというか、真面目に仕事に打ち込んで日々を過ごせば、その分結果に出る仕事だったんですよ。“ちゃんと毎日やる”というのが一番大事でした。

ただ最初に言いましたけど、興味もなくお給料だけで選んでいたので、業務に飽きてしまったんですよね。それで、若いスタートアップの会社に転職することにしたんです。

ところがこれが甘かった(笑)。同じ不動産業ではあったんですが、立ち上げたばかりの会社だったので、組織がしっかりしていなくて。前と違って、日々の業務さえうまくいかなくなってしまったんです。

モチベーションが落ちて、結局ここも退社してしまったんですよ。

きっかけは友人。決め手は“スタッフ”だった

そんな時に、デリヘルで働いている友人から誘いを受けたんです。「やってみたら?」って。

今までとは全く違う業種ですよね。でもそこが逆に、おもしろそうだなと思いました。

不思議とコワいイメージはなかったんですよ。そこはやっぱり、友人がこの業界にいたというのが大きいと思います。ワクワク感の方が勝っていたぐらいですから(笑)。

なかでも『デリヘル東京』の印象が良かったのは、いろいろ話を聞いていただいたのが大きかったですね。

もともとドライバー志望で幾つか面接を受けていたんですが、「車の持ち込みがなきゃダメだよ」みたいな感じで、そもそもの電話の段階で冷たくされることも多くて……。

でもここのスタッフは、すごく親身だったんです。

「30代でしょう? 将来考えたら、絶対内勤スタッフの方が良いよ」

待遇面のお話も丁寧に受けて、「ここまで言ってくださるなら」と、お世話になることに決めたんです。

キャストさんのマネジメントはたいへん。でも……

初日には、お店のWebサイトの更新作業をしたのを覚えています。この業界には、どこかイケイケというか派手というイメージがあったので、「結構地味な業務もあるんだな」と思いました(笑)。

逆に嬉しかったですよ。不動産業時代から、コツコツ真面目にということは得意だったので、すぐに慣れたぐらいです。

たいへんだったのはキャストさんのマネジメントですね。皆さんそうだと思いますけど……。

初めからチャンスをいただけるお店なんで、担当しているキャストさんは当時でも数十人いたんですけど、慣れないうちは気配りが行き届かなくて、ご迷惑もたくさんかけたと思います。

すごく新鮮でもありました。不動産という“モノ”を扱っていた僕が、キャストさんの“気持ち”に向き合うわけですから。今も試行錯誤の毎日ですけど、やりがいという意味では最高ですよね。

デリヘルには受付がない。“窓口”はどこかという自覚

驚いたのは、先輩スタッフの電話応対の丁寧さです。

正直、もっと“がさつ”だと思っていたんですよ。僕の中の風俗というのが、そういうイメージで……。

でも、一度お電話いただければわかると思いますけど(笑)、少なくともここは、それこそ一般企業の電話オペレーターより丁寧だと思います。教育という面でもマニュアルがあって、業務としてここをとても大切にしているんだなというのは、すぐにわかりました。

デリヘルって、対面の受付がないわけですよね。窓口はどこかって言ったら、電話に出る僕たちなわけです。そのことに気づいてからは、より丁寧に業務に当たるようになりました。

全国ナンバー1のお店になるために

おかげさまで、1年半経った今では、女の子の面接までやらせていただいています。正直、コレといった大きな失敗はないので、自分には向いている仕事なのかなと(笑)。

同僚にもすごく恵まれているので、ずっとここで働き続けられたらないいな、と思いますね。

今後の目標ですか? お店をもっと大きくしたいです。もっともっと、売上もお店に関わる人も多くしていって、誰もが知る、そして利用したくなるようなお店にしていきたいです。全国でナンバー1のお店を目指したいんですよ。

もちろん、簡単には実現できないですよね。まだまだ僕個人のパフォーマンスにだって納得はできていないですし、向いていると自分で思っているからこそ、まだまだできると思っているんです。

裏を返せば、“自分の成長が、お店の成長にも繋がる”、それをとても実感できる環境なんです。ありがたいですよね。

(インタビュー:徳山央樹)

取材後記

芦澤 光

執筆者

芦澤 光

前職では不動産の営業をしていたという森田さん。“継続は力なり”という言葉を、体現させている方という印象を受けました。全国No.1のお店への道もきっと、コツコツからですよね。森田さんのような人材がいらっしゃるお店なら、きっと目標を達成することができるでしょう。今後のご活躍を、楽しみにしています!

プロフィール

デリヘル東京グループ

森田敦夫

一般職(内勤・スタッフ)

(前職:不動産業)

森田敦夫さんがハタラク会社はこちら

デリヘル東京グループ

デリバリーヘルス(デリヘル)

記事の森田敦夫さんがハタラク会社はこちら

2019年 デリヘル東京グループは引き続き社員数100名以上の入社を目指します!
企業名 デリヘル東京グループ
業種 デリバリーヘルス(デリヘル)
事業内容 ナイトレジャー産業の運営 (・∀・)オペレータースタッフさん(・∀・) お客様を気持ちよくご案内するスタッフさんです。 お客様がどんな女の子を探しているかを 一緒に考え入客していきます。 デリヘル東京と言うお店が 最高な接客だなって思ってもらえるように接客をします。 キャストさんが仕事しやすい環境をつくる 大事な場所です。 ( ´∀`)キャストマネージャーさん(´∀` ) キャストさんの出勤だったり、お仕事の管理を 担当して頂きます。 キャストさんが頑張れるのは担当さん次第で 頑張りが変わるのでこちらも 大事な役割となります (´・ω・`)ドライバースタッフさん(´・ω・`) 運転が大丈夫か? 車の整備は行き通っているか? キャストさんを時間通りにお客様の元へご案内します 持ち込み有り・なしでも研修していただきます。 (´∀`ノノWebスタッフ・デザイナーさん(´∀`ノノ” 風俗サイトさんへの攻略 検索サイトさんの攻略 キャストさんのプロフィール確認 季節ごとのバナー制作 売り出していく内容のバナー制作 ( ´ー`)⊃配車スタッフ・更新スタッフさん⊂(´ー` ) お客様のご案内時間に間に合うよう交通指示 キャストさんのご案内・拾い等の指示 各サイトの日々のルーティングワーク ちゃんと更新されているかのチェック カメラマンさん*ノ∇ノ) カメラマンさんに関してですが 面接前に作品等をLINE・メールで 送って頂き、 そちらを見させて頂いてからの 面接になっております。 作品等がない場合は そのまま面接の運びになります。 男性・女性ともに大募集しています。 是非共に大きくしていましょう。