どMな風俗業界1年生が学ぶ法律講座~困った!! 風俗嬢がストーカー被害に~

2016年09月14日

by新海 亨新海 亨編集部
houritu_top8_b

風俗の世界では、色恋接客という言葉があります。これは、まるで恋人のように濃厚なサービスを行う接客方法のことです。凄腕キャストさんの多くが、この色恋接客をしてリピート率を上げているようです。

しかし、一歩間違えるとお客さんは、「もしかして俺のこと好きなんじゃねえか?」と勘違いをしてしまうなんてことが……。勘違いをするまではいいとして、その思想がより過激になり、ストーカーとなってしまう事例も。

今回は『ストーカー防止法』という法律をもとに、女性キャストさんのストーカー被害について学んでいきたいと思います。

■登場人物

lowko

どS敏腕弁護士 ロウ子 

風俗業界の健全化と女性セックスワーカーの地位向上に熱意を捧げる敏腕弁護士。そのどSっぷりは、法曹界の重鎮たちが一目置くほど。常に尖がったハイヒールを履いていることで有名。とある理由から“チン吉”くんに風俗業界における法律知識を教えることになる

tinnkiti

どM風俗店舗スタッフ チン吉 

大学卒業後、一般企業に就職するも仕事がつまらなすぎるという理由で退社。『Fenixzine』から風俗業界に興味をもち、満を持して飛び込んだ生粋のどM。最近の悩みは髪型が亀頭みたいなこと。とある理由から“ロウ子”さんに法律知識を学ぶことになるが、そんなことより、本当はムチで叩いてもらいたい

tinnkiti
「ちょっとご相談があるんですけど。今日はエロい相談ではありません」
lowko
「その言い方、いつもエロい相談を受けているみたいな誤解を招くからやめてくれる?」
tinnkiti
「てへっ!! 実はキャストの女の子がストーカー的な被害に遭っていて、相談を受けているんです。僕、ストーカーに間違われることはよくあるんですけど、相談を受けたことはなくて、どうしたらいいものかと……」
lowko
「それは大変! じゃあ、まず被害の状況を聞く前に、どんな行為がストーカーに当たるのか説明するわ」

ストーカーの8つの行為

ストーカー行為とは恋愛感情、そのほかの行為感情が満たされなかったことに対して怨恨の感情を充足する目的として、特定の相手や、その家族に行う行為です。行為としては以下の8つを指します。

1.つきまとい・待ち伏せ・押しかけ
進路に立ちふさがり、住居、学校などの付近において、見張りをしたり、押しかけること
2.監視していると告げる行為
行動を監視していると思わせるような事項を告げる。またはその知り得る状態におくこと
例)自転車のカゴなどに「〇〇で食事していましたね」のようなメモを置く
3.面会・交際の要求
面会、交際など義務のないことを要求すること。拒否しているにもかかわらず、交際や贈り物の受け取りを要求すること
4.乱暴な言動
相手に対して、大声で「死ね」「殺してやる」「バカヤロー」などの粗野な言葉を浴びせること。家の前で車のクラクションを鳴らすなど
5.無言電話や連続した電話・FAX・メール
電話をかけてなにも告げなかったり、拒まれたにもかかわらず短時間に何度も電話やFAX、メールを送信すること
6.汚物などの送付
汚物、動物の死体、そのほか著しく不快なものを送付する。または、それを知り得る状態におくこと。
例)汚物などを自宅や職場に送り付ける。
7.名誉を傷つける
名誉を傷つける事項を告げる。または、それを知り得る状態に置くこと
8.性的な羞恥心の侵害
性的な羞恥心を害する事項を告げる。わいせつな写真などを自宅に送り付けたり、電話や手紙で卑猥な言葉を告げて辱めようとすること。もしくはそれを知り得る状態に置くこと

キャストがストーカー被害に遭ったなら

lowko
「その女性は、どんなストーカー被害に遭っているの?」
tinnkiti
「仕事終わりに付いてきて、人前でいきなり「風俗嬢のくせに、なんで無視するんだ!」みたいなことを大声で言ったり、腕をつかんで引っ張ったりです。僕が割って入っったら、逃げていきましたけどね!」
lowko
「意外に男らしいのね、チン吉くん」
tinnkiti
「ぐふぇふぇ(笑)」
lowko
「それは、気持ち悪いわ。今回のケースでいくと、名誉棄損や暴行罪という犯罪行為に該当するから、警察で取り締まることができそうね。被害届を出せば、警察は動いてくれると思うわ」
lowko
「ただ待ち伏せして監視したり、迷惑メールを大量に送るみたいな明確に刑法上の犯罪と言えない場合、今回の『ストーカー規制法』っていう法律が適用されるの」

被害にあったらすぐに警察に相談

lowko
「今、警察ではストーカー被害に対する相談体制が整えられているわ。すぐに最寄りの警察署に相談してね」
ストーカー対策ステップ1
警察署長などから、ストーカーに対して「迷惑行為をやめなさい」と警告する
ストーカー対策ステップ2
警告を無視して、迷惑行為を続けた場合、公安委員会から「その行為をやめなさい」と禁止命令を出す
ストーカー対策ステップ3
禁止命令を無視して、迷惑行為を続けた場合、1年以下の懲役、または100万円以下の罰金が科される
その他のストーカー対策
被害をうけている女性が相手を告訴して、処罰を求めることができる。(告訴しないと検挙することはできない)この場合、6カ月以下の懲役、または、50万円以下の罰金が科される
tinnkiti
「ほうほう! 意外にも心強いですね。相談してみます!!」

警告実施後の段階で、相手方のうち、約90%が、その後のストーカー行為をやめています。警告後の相手方の動向については、警察は、定期的に被害者等との連絡を行うことにより、適切な対応に努めることとしています。
引用:一般社団法人ホワイトハンズ編『デリヘル六法』より

lowko
「このほかにも、警察ではストーカー被害を防止するための教示や、防犯ブザーの貸し出しなどを行っているわ。風俗店で働いている女性を守るために活用してあげてね」

みんなで楽しく風俗業界の法律を学びましょう。
■次の記事>>
『どMな風俗業界1年生が学ぶ法律講座~甘いコトバの暴力団にはかかわらない~』

デリヘル検定

デリヘル検定 (一般社団法人ホワイトハンズ主宰)

「デリヘル検定」とは、デリバリーヘルス(派遣型性サービス)で働く人のための検定です。この検定を受検することで、デリヘルで安全に働くために、最低限必要になる法律や歴史の知識を身につけることができます。これからデリヘルで働こうと思っている人、現在働いている人、これからデリヘルを開業しようと思っている人は、ぜひ、この検定に挑戦してみてください。
詳しくはこちら ⇒ デリヘル検定

監修:一般社団法人ホワイトハンズ代表 坂爪真吾 / 徳田玲亜 弁護士

■関連する記事
「SWASH、風俗店スタッフ向けの研修やってます!」~ストーカー対策編~

執筆者プロフィール

新海 亨

新海 亨編集部記事一覧

元大手ハウスメーカー営業マン。お金と引きかえに自由とやりがいを手放す生活から決別するため転職を決意。ある風俗サイトに感銘を受け、デザイナーとして仕事を始めるも、いつのまにか編集員に。最近はハマっている一眼レフカメラの仲間を求め奔走中。座右の銘は“STAY GOLD!!” 東京都出身。

このエントリーをはてなブックマークに追加