どMな風俗業界1年生が学ぶ法律講座~デリヘルを起業する時に知っておくべき法律~

2016年06月08日

by新海 亨新海 亨編集部
houritu_top1_b

風俗で働く者にとっては、切っても切り離せない法律。どんな仕事であっても同じですが、正しい知識がないと思わぬところで摘発されてしまうなんてことがあります。

ここでは、どMな風俗業界1年生の“チン吉くん”が、どSな敏腕弁護士“ロウ子さん”からさまざまな法律知識を学ぶ、痛快ラブエロロマンスコメディ活劇をお送りいたします。

今回は、デリヘルを起業するときに知っておくべき、基礎的な法律をお送りいたします。

■登場人物

lowko

どS敏腕弁護士 ロウ子 

風俗業界の健全化と女性セックスワーカーの地位向上に熱意を捧げる敏腕弁護士。そのどSっぷりは、法曹界の重鎮たちが一目置くほど。常に尖がったハイヒールを履いていることで有名。とある理由から“チン吉”くんに風俗業界における法律知識を教えることになる

tinnkiti

どM風俗店舗スタッフ チン吉 

大学卒業後、一般企業に就職するも仕事がつまらなすぎるという理由で退社。『Fenixzine』から風俗業界に興味をもち、満を持して飛び込んだ生粋のどM。最近の悩みは髪型が亀頭みたいなこと。とある理由から“ロウ子”さんに法律知識を学ぶことになるが、そんなことより、本当はムチで叩いてもらいたい

デリヘルの定義って?

lowko
「チン吉くん、デリヘルの定義ってわかる?」
tinnkiti
「ピッザのヘルス版!」
lowko
「斬新な発想ね。ほぼ違うわ。本来はこうよ↓↓↓」
デリバリーヘルス(デリヘル)の定義
人の住居又は人が宿泊の用に供する施設において、異性の客の性的好奇心に応じてその客に接客する役務を提供する営業で、該当役務を行う者を、その客の依頼を受けて派遣することにより営むもの
lowko
「わかりやすく言うと男性の自宅、もしくは宿泊しているホテルや旅館に、男性の性的好奇心(女性の裸が見たい、触りたいといった欲求)に基づく依頼に応じて、女性を派遣し、性的なサービス(裸を見せる、自分の裸を触らせる、相手の身体を触るなど)をする営業のことね」
tinnkiti
「ふむふむ」
lowko
「このデリヘルには“店舗型”と“無店舗型”の2種類があるの」
店舗型ファッションヘルス 男性客が受付所(事務所)に来店して、女性を派遣してもらうデリヘル店。箱型ヘルスと同様の扱いで規制が厳しい
無店舗型ファッションヘルス 男性客が電話やHPなどから事務所に依頼をして、女性を派遣してもらうデリヘル店。届出を行えば容易に開業が可能
tinnkiti
「僕の働いているところは受付がないから、無店舗型ファッションヘルスってことですね!」

店舗型ファッションヘルスの新規参入は至極難しい

tinnkiti
「僕思うんですけど、受付所を作ったほうがお客さんと直接コミュニケーションがとれるし、絶対いいと思うんですけど」
lowko
「そうね。受付所を設けたいっていう開業者は多いわ。でも現在、全国各地の条例で、繁華街での店舗型性風俗店の営業を禁止しているの。既存の店舗は黙認というかたちで営業しているけど、いつ摘発されてもおかしくないのよ」
tinnkiti
「そうなんですかー! 無念ー。ウェブでお客さんを集められる方法を考えます!!」

デリヘルを開業する第1歩 届出制について

lowko
「もしチン吉くんが、デリヘル店を開業したいと思ったら、まずなにが必要かわかる?」
tinnkiti
「熱意と情熱です!!」
lowko
「そうね、大事ね。ほかは?」
tinnkiti
「ありあまるエロさ!」
lowko
「あなたは、おそらく経営者に向いてないわ。一番初めに必要なのは、『風営適正化法』の定めに従って、所轄の公安委員会に対し、営業の届け出を行わなくてはならないの」
tinnkiti
「そっちかーーー」
店舗型性風俗特殊営業
適正化法の位置付け 業種
第1号営業 ソープランド等
第2号営業 店舗型ファッションヘルス等
第3号営業 ストリップ劇場等
第4号営業 ラブホテル等
第5号営業 アダルトショップ等
第6号営業 出会い喫茶等
無店舗型性風俗特殊営業
第1号営業 派遣型ファッションヘルス等
第2号営業 アダルトビデオ等通信販売
lowko
「この表は、『風営適正化法』という法律の中で、性風俗営業をカテゴリー分けしたものよ。デリヘルの場合は、“無店舗型性風俗特殊営業”“第1号営業”にあたるわ」
lowko
「派遣型性サービスの開業を希望する人は、開業を希望する地域の所轄警察署(生活安全課)に、営業開始予定日の10日前までに、『無店舗型性風俗特殊営業の営業開始の届出』を提出しなければならないの」

デリヘル開業の届出費用は数千円!?

tinnkiti
「営業の届出を出せば、僕もオーナーになれるってことですか!?」
lowko
「現状の法律では、そうね」
tinnkiti
「でも僕昨日、M性感と熟女パブはしごしちゃってお金ないんですよ! 事務所とか借りたり資本金とかいるんじゃないんですか!? それに法律の知識もないしーーー!!」
lowko
「お金の使い方を考えたほうがいいわね。デリヘルを開業するにあたって届出にかかる費用は、収入証紙代の数千円よ。法律の知識がなくても届出の書類は誰でも作成できるわ」
lowko
「事務所がない場合は、自宅のアパートとかを事務所として届け出ることも可能よ」
tinnkiti
「おお! じゃあ僕にもできるじゃないですか!! ん……あれれ……」
tinnkiti
「財布に325円しかない……ロウ子さんお金貸してーーーーーー!」
lowko
「……」

みんなで楽しく風俗業界の法律を学びましょう。
次回は“売春防止法”についての法律講座です。

『どMな風俗業界1年生が学ぶ法律講座~本番ダメ、ゼッタイ。~』

お楽しみに!!

image355

デリヘル検定 (一般社団法人ホワイトハンズ主宰)

「デリヘル検定」とは、デリバリーヘルス(派遣型性サービス)で働く人のための検定です。この検定を受検することで、デリヘルで安全に働くために、最低限必要になる法律や歴史の知識を身につけることができます。これからデリヘルで働こうと思っている人、現在働いている人、これからデリヘルを開業しようと思っている人は、ぜひ、この検定に挑戦してみてください。
詳しくはこちら ⇒ デリヘル検定

監修:一般社団法人ホワイトハンズ代表 坂爪真吾 / 徳田玲亜 弁護士

執筆者プロフィール

新海 亨

新海 亨編集部記事一覧

元大手ハウスメーカー営業マン。お金と引きかえに自由とやりがいを手放す生活から決別するため転職を決意。ある風俗サイトに感銘を受け、デザイナーとして仕事を始めるも、いつのまにか編集員に。最近はハマっている一眼レフカメラの仲間を求め奔走中。座右の銘は“STAY GOLD!!” 東京都出身。

このエントリーをはてなブックマークに追加